社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は4日の常任幹事会で、先に同党が決めた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を九州などに移設する案を容認する方針について「問題だ」と述べ、認められないとの考えを表明した。夏の参院選を控え、移設候補地を抱える地方組織の反発を考慮したとみられる。
 これに対し、同移設案をまとめた阿部知子政審会長は「(沖縄)県内移設しか検討されないまま終わっていいのか」と反論。普天間問題での党内対立が再燃した。 

診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)
教員の罰則強化、議論は容認=輿石氏(時事通信)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
AD