金星が重要座相から離脱後ドル円が下落。

次に、火星がかなり重要座相を形成し更に

下落。

 

1/8(月)から数えて土日挟んで今日で8日目。

3円程下落。

 

今日、火星の座相が切れ始め、明日離脱。

そして、短期の上昇開始。

 

チャートは現在110円台から111円前半

まで上昇。

 

2016年のデータだと明日NY市場深夜

から上昇している。3日で2円程上昇。

 

2018年のこの座相近辺の下限は110円台

だろうと推測している。

 

根拠は天王星の位置。

 

木星がまだ重要ポイントから遠いとき

円安のピークに達したが、そのとき

天王星が現在の位置にあった。

 

木星の円安環境が切れたとき下落し

始めたが、暴落とまでは行かなかった。

天王星は同じ様な位置にある。

 

天王星の公転周期は84年なので、

このような状況の経験はこれが最初で

最後。過去のデータはない。

 

現在の状況から推測。

 

シークレット13

AD