個人事業のためのホームページ制作 - 小さな会社の大きなブログデザイン戦略

小さな会社がブログやホームページで大きな成果をあげるために必要なノウハウをご紹介しております。あなたらしいデザインで、お問い合わせが来るサイトを作り上げましょう。また、個人事業のためのホームページ制作もおこなっております。


テーマ:
babymarsch様ウェブサイト

今ベビーマッサージ教室というのは人気があるのですね。私の周りでも資格を取得して教室を開きたいという話しを聞く機会が多く、気になっている人はたくさんいるようです。

子育てをしながら収入が得られるという点は、子持ちの主婦の方にはピッタリの職業かと。

制作のご依頼をいただいた大阪府吹田市のベビーマッサージ教室『Babymarsch』様も、実際に子育てをしながらベビーマッサージ教室を開くだけではなく、資格を取得したい方のサポートをしたり、さらには赤ちゃん専門のベビーフォトグラファーとして活動されております。

そのBabymarsch様のウェブサイトをリニューアルさせていただきましたので今回ご紹介します。


想定する訪問者は、子育てとビジネスの両立をしたい方


子育てという経験がない私ではありますが、クライアント様とのやりとりの中でイメージしたウェブサイトに訪問するであろう方というのは、子育てとビジネスの両立をしたい方。

働きたいけど子育て中で雇ってくれる企業がないという状況の人は多く、最近では徐々に対応してくれる企業も出てきてはいるものの、需要と供給のバランスがうまくいっていないのが現状のようです。

こういった状況であっても、子育てを逆に活かせるのがベビーマッサージ教室。その魅力を発信できる場としてウェブサイトを利用するスタイルをご提案させていただきました。

babymarsch様ウェブサイト

情報発信がメインとなりますので、デザインはシンプル、導線も他のページに移行しやすいよう分かりやすくし、情報にフォーカスが当たるようにしてあります。


クライアント様ご自身の事を知ってもらうためのウェブサイト


Babymarsch様の場合、『ベビーマッサージ教室の運営』『ベビーマッサージの資格取得の支援』『ベビーフォトグラファー』の3つのビジネスをおこなっております。

この3つをいきなりアピールしても、Babymarsch様の事を知らない人や、ベビーマッサージの魅力を知らない人には訴求することができません。

そのため、まずはBabymarsch様の事を知ってもらうために、ベビーマッサージの魅力を発信し、教室に来てもらう事を優先しました。実際にベビーマッサージ教室に通ってもらい、そこから資格取得したい方を増やす、ベビーフォトに依頼してもらう流れを作るのです。

元々、クライアント様のご要望としてはブログにて情報を発信する事をメインにしたい、というお考えでしたので、トップページではブログ記事がメインとなるように設計。

babymarsch様ウェブサイト

ベビーマッサージに興味をもっていただくための情報から、クライアント様の知識や経験をアピールできるようにし、自己ブランディングができる環境をご用意させていただきました。


実際の体験者の感想がフックになる


口コミサイトの需要は高く、別業界ではありますが、以下の飲食関連の口コミサイトは人気があります。



※食べログのアクセス数はこちら。


これは、ベビーマッサージ教室に関しても同じことが言えます。まだ経験した事がない人にとって体験した人の感想というのは、とても興味を惹くコンテンツとなります。

babymarsch様ウェブサイト

Babymarsch様のウェブサイトでも、お客様からの声というコンテンツをご用意。ここもブログ形式で更新できるようにしてあります。『お客様のご感想』『ベビマーシュ安瀬より(クライアント様からの返答文)』『フォト』の3つの入力項目を作り、管理画面にて更新しやすい環境を整えさせていただきました。

また、これはクライアント様のご要望なのですが、全ページの下部にお客様の声の記事一覧部分を設け、お客様の声をどのページでも閲覧可能にしてあります。

ただ、全ページに設置しているので、その日に何ページも閲覧している訪問者に同じ内容を掲載すると新鮮味がなくなってしまいますので、毎回記事はランダム表示にしてあります。表示される度に違う記事が表示するように設定させていただきました。

これで常に違う情報を提示できるようになります。


今回Babymarsch様のウェブサイトは、クライアント様とのやりとりの中で方針を決定し、クライアント様の自己ブランディングを目的とした設計にてご提案・制作させていただきました。

ウェブサイトは、訪問者を待つという受け身の状態になりがちなのですが、Babymarsch様の場合は、ブログがメインとなっているのでブログ記事の更新という攻めの状態を作ることができます。

どのような内容の記事を発信するかで結果が変わってくるのですが、その辺については、今後の反応を見ながら記事内容などをご提案していきたいと思います。

安瀬様、リニューアルのご依頼ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


◆ 今回制作させていただいたウェブサイトはこちら。



では、また書きます。


関連記事




いいね!(44)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)