団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

三重県松阪市の「ちょこっと松阪牛」(「三重あそび 第2弾」)がリリース!

 

すき焼きや鉄板焼き、焼肉など重厚な印象のある松阪牛をちょこっと食べるこの企画。

実は松阪を訪れるゲストの問い合わせNo.1だった「ちょこっと松阪牛を食べたいんですけど・・・」に応えたものだ。

 

予想を上回る市内27の店舗が「ちょこっと松阪牛」メニューを提供してくれた。

松阪牛コロッケ、松阪牛たいやき、松阪牛サンド、松阪牛 牛すじカレー、松阪牛バーガーなどなど、どれも抜群の美味しさを誇る。

 

 

ちなみに松阪市はメインビジュアルとパンフレットのデザインもトコナツで担当させてもらった。

 

メインビジュアルは松阪市内の江戸情緒あふれる雰囲気と明治以降の牛食の文化の融合、そしてそれを楽しむ貴婦人のイメージ。

新旧「クイーン松阪」の皆さんには松阪木綿のドレスを着てもらい、

優雅にピクニックを楽しむ貴婦人を演じてもらった。

 

ちなみに今回は松阪の観光スポットや公園で食べてほしいという意図もあり、マップ内にピクニックスポットも落としてみた。

 

プロデューサーに渡部祐介(トコナツ歩兵団)、カメラマンに野路康晴(トコナツ歩兵団)、デザインとイラストレーションに成冨ミヲリ(有限会社トライトーン)、という「フラ女将」(福島県いわき湯本温泉)以来のチーム編成。最小ユニットながらも、これまでの松阪にないテイストかつ女性を意識した可愛らしいデザインに仕上がっていると思う。

 

 

今回の「三重あそび 第2弾」全般に言えることだけれど、前回以上に各市町の潜在的欲求や各市町を訪れるゲストの要望を汲み取ることを意識した。

11市町とMieMuの12案件を一度に回すため、それでも時間は足りない。その中で、改善を繰り返しながら、より三重県を訪れるゲストが楽しんでもらえるものになってきていると思う。

 

11月末まで実施しているので、三重観光の際にはぜひ松阪に寄って、ちょこっと松阪牛を楽しんでほしい。

もちろんガッツリと松阪牛を楽しんでもらうのも、大いに楽しいものである!

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この夏、スパリゾートハワイアンズに登場する高低差&長さ 日本一のボディスライダー『BIG☆ALOHA』のオープンを記念した動画投稿キャンペーン『世界面白スベリスト選手権』をプロデュース!

 

 

1.twitterかInstagramの公式アカウントをフォロー

2.動画を撮影

3.ハッシュタグ「#スベリスト」をつけてシェア

 

ボディスライダーのフィニッシュの面白さに焦点を当て、日本一のBIG☆ALOHAを想定した面白動画を募集して表彰するというもの。

 

企画のポイントは「BIG☆ALOHAを体験していない人にいかに想像して楽しんでもらうか」

ただでさえスライダーは周囲に滑走中の様子が分かりにくい。

だからこそ、フィニッシュに注目して、なおかつスライダーに限定せずに募集することとした。

あとはスマホで撮影した動画をいかに簡単に投稿できるかということ。

 

部門は全部で5つ。

オープン前部門/滑り台部門/親バカ部門/スポーツその他部門/BIG☆ALOHA部門

部門のトップスベリストに、ハワイアンズ年間フリーパス、GOLDEN SUBERISTラッシュガード、BIG☆ALOHA滑走権 をプレゼント。

 

 

ぜひ面白動画を投稿してみてほしい!

 

ちなみに募集しているのは「ゴールデン スベリスト」!

スベってくれるのであれば、一芸でも構わないかも?

 

世界面白スベリスト選手権(http://hawaiians.sakura.ne.jp/suberist/

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トコナツ歩兵団である。

名前の通り、夏が近づくとリリースが増えていく。

 

今年も福島県いわき湯本温泉の「フラのまちオンステージ〜フラ女将とその仲間たち〜」を共同プロデュース&デザインをさせてもらっている。

 

今年はメイン・ショウタイム(夜8時〜8時30分)の前にオープニング・ショウタイム(夜5時〜8時)を公式に設置。フラ女将の恩師や女子高校生がフラを踊り、また地元エレキバンドや津軽三味線などの仲間が素敵なショウタイムを広げることとなった。

 

フラのまち宣言をし、まちを牽引する存在となりつつあるフラ女将が、さらに多くの仲間たちに支えられて、月に一度のステージに立つという図である。

 

またさらに今年は「フラのまちオンステージ」を拡大解釈し、1日中まちなかでフラが見られるイベント「フラのまちフェスティバル2017」を10月14日(土)に開催することが決まった!

 

彼女たちフラ女将に出演料が出るわけではない。

ステージに立つということは練習を重ねるわけで、それらは無論旅館業の女将をやりながら、である。

 

彼女たちの根幹にある想いは「このままでは、わが子、孫の代には、いわき湯本温泉がなくなってしまうのではないか・・・私たちが愛してやまないこのまちを後世まで残したい」という愛である。

 

いろいろなことがある。

ビジネスとして考えたら、決して割のいい仕事ではない。

でもそこには愛がある。

だからこそ、トコナツは彼女たちと共にフラのまち宣言を作り、フラ女将を作り、応援し続ける。

 

今年2回目(初回は荒天のため中止)のステージは今週末7月8日(土)である。

週末はいわき湯本温泉に遊びに行くというのはいかがだろうか。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日いよいよ「三重あそび 第2弾」が販売開始となった!

第1弾以上に、三重県の方々や楽天トラベルのスタッフたちと三重県内を駆けまわり、市町村の担当の方々と事業者の方たちとアツいトークと企画会議を繰り広げた結果である。

 

「三重あそび 第1弾」の結果を踏まえた今回の改善ポイントは2つ。

(1)なるべく直前まで予約できること

(2)通年や実施回数が多いこと

いずれも三重県を訪れるゲストにより予約しやすい環境づくりを目指している。

 

そのため「新コンテンツ創造」のみにこだわらず、「既存コンテンツ再構築」という2つの側面から観光プログラムづくりを行った。

 

1.桑名市「約1500℃の鉄!鋳物工場見学と鋳造体験-今話題のマンホール(ミニチュア)づくりも楽しめる!-」

マンホールたちが生み出される鋳物工場に潜入!約1500℃の燃える鉄が放つ光、音、緊張感。鋳物工場の見学のあとは、錫(すず)を使った鋳物クラフト体験。ミニマンホールづくりも!

 

2.いなべ市「わたしだけの伊勢茶づくり&蔵カフェ-お茶の香りとともに氷だし玉露やお茶バームクーヘンを-」

茶畑や茶工場の見学をしてお茶づくりを学んだあとは、自分だけの手揉み茶体験。その後は昭和初期に建てられた蔵で自作の煎茶や氷出しの玉露、お茶のバームクーヘンを試食できます!

 

3.四日市市「バス旅!陸から観る四日市工場夜景-イケメン双子芸人カツラギがご案内」

さん然と輝く四日市の夜景は最先端の技術が作り出すアート。陸からの鑑賞は巨大建造物が少ない四日市ならではのVIEWが楽しめます。イケメン双子芸人「カツラギ」がガイドします!

 

4.鈴鹿市「元全日本チャンピオンと行くF1日本GP観戦ツアー-レース解説や勝敗予想、鈴鹿のウラ話も聞けるかも-」

元・全日本チャンピオンドライバーでテレビ解説者・福山英朗さんが案内する観戦ツアー。パワースポット椿大社の椿会館で特別合宿!鈴鹿の名物や歴史に触れ、レース予想やウラ話も聞ける!

 

5.伊賀市「ニンジャミッション 60Minutes-隠れた忍者を探し出せ!-」

伊賀上野城のある上野公園や城下町エリアに忍んでいる9人の忍者を探そう。60分の制限時間は長そうで意外と短い。まち歩きの常識を覆す60分一本勝負に挑戦しよう!

 

6.松阪市「COMING SOON」※7月14日リリース予定 

 

7.伊勢市「しかばねの宴(うたげ)-あなたもゾンビ!みんなもゾンビ!-」

信長が築いた絢爛豪華な安土城を原寸大で再現した安土桃山城下街が期間限定でゾンビ特区に。コスプレ参加必須!ゾンビモブ、ゾンビあそび、血祭り酒場にフォトコンテストも!

 

8.鳥羽市「『白滝さん』滝行体験!-伊勢志摩エリアで唯一の滝行!?-」

「白滝さん」とは伊勢志摩地方で古くから信仰されてきた御山のこと。今静かなブームとなりつつある滝行を鳥羽で体験!着替えもセットなので、初めての滝行でも安心して参加できます!

 

9.志摩市「伊勢志摩サイクリング フルサポートツアー-Powered By Bianchi-」

国内唯一Bianchi公認ツアー。レンタサイクルやヘルメット、サイクルボトルに補給食、ドリンク、お土産をご用意。初心者の方には乗り方からサポート。サポートカーも伴走します!

 

10.南伊勢町「浮いている島の隣・海と星空のキャンプ場-ハートの入江、漁師体験にシーカヤックも」

大自然の中で、海と空と「浮島」を感じよう!コテージに泊まって満点の星空を楽しみ、翌日は漁師体験やシーカヤックを楽しむ。今話題の絶景・ハートの入江にも行けちゃいます!

 

11.紀北町「“魚まち”紀北の地魚をさばくキャンプ-食材調達は"地魚の水族館"長島ショッピーで-」

海が目の前というロケーションで、コテージ宿泊と調理体験がセットになったワイルドなプラン。地魚はまるで水族館のようなスーパーとして話題の長島ショッピーでお買い物!

 

12.三重県「夏休み自由研究-博物館ではたらく・セキツイ動物担当”田村”です-」

普段入れない博物館のバックヤードを見学したり、ホンモノの動物の骨で標本を作ってみたり、ウミガメの骨格標本と一緒に写真撮影したり。夏休みの自由研究にぴったりなプランです。

 

※内容等については、若干の変更がある場合もあります。

 

詳細については、このブログでもひとつひとつ紹介していきたいと思う。

 

体験ものから、バス旅、ゲーム、スポーツ、食旅、大型イベントまで。

まあこの広範囲で対応できるのは、トコナツしかいないでしょう(笑)。

 

ここからが本番。

夏休みに三重県を訪れるゲストに楽しんでもらってなんぼの世界。

 

販売は下記から。

・楽天トラベル「旅頃」ページ

http://travel.rakuten.co.jp/movement/mie/201703/

・観光連盟のWEBページ「観光三重」

https://www.kankomie.or.jp/special/visit/

 

2017夏の三重を、楽しんでほしい!

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京駅で「2017七夕グランスタ」フェア開催中である。

 

一昨年「2015七夕グランスタ・名所江戸百景 市中繁栄七夕祭 東京駅版」が笹3本

昨年「2016七夕グランスタ・星に願いを(協力 国立天文台)」が笹4本

今年「2017七夕グランスタ・笹回廊」で笹12本

せっかくだから笹でも、から始まった小さな小さな企画が、小さく小さくでも徐々に笹の本数を増やしている。

 

老若男女関わりなく、皆立ち止まっては願いごとを書いていく。

どんどんどんどん書いていく。(写真は6月26日時点)

 

 

昨年は期間中に1万人ぐらい。

今年は少し期間を延ばしたので2万人は行くのではないだろうか。

 

 

江戸期、七夕は一年でもっとも重要なお祭りの一つだったと言う。

太陽歴になったことで、現代の7月7日は梅雨真っ只中。

ほぼ雨天である。

仮に晴天であっても星が見えない大都会。

それでも人々は星に願いを託す。

 

僕らは面白企画創造集団だから、いろんな手を使って、世の中の人たちになんとか興味をもってもらおうと様々な企画を施す。

けれども、策を施さなくても、笹と短冊があるだけで道行く人々は足を止めて、短冊に願いを書いていく。(もちろん何にも策を施さないというわけではなく、今回は笹の無限回廊的な仕掛けを作ってみたりしている)

 

 

それはDNAに刻み込まれた文化なのかもしれない。

お寺があって御朱印を集めるのと同じように。

 

現代日本の商業戦線における「七夕」の力は、クリスマスやバレンタイン、ハロウィンに比べればないに等しい。もしかしたらイースターにだって負けちゃうかもしれない。

 

けれども商戦とは関係ない「七夕」の持つ根源的なパワーを、人々が何かに願いを託すという力を、僕は毎年見せつけられてきている気がしてならない。

 

いくつかのショップが七夕フェア用に限定アイテムを作っているのでそちらも要チェック。

七夕の商品、レアで素敵です!!!

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このところ三重県にいることが多い。

何しに行っているのかと言えば、「三重あそび」の第二弾を4月から作り始めている。

 

第一弾の成功と失敗をしっかりと踏まえて、観光プログラムを作るというより、三重県を訪れるゲストが楽しいものを作ろうとしている。

宿泊主体のもの、体験もの、スポーツもの、飲食もの、テーマパークのイベント、まちをゲームの舞台と見立てたもの、ジャンルなど全く関係ない。

 

ただ、これでいい。

各市町村が困っていること、手助けしてほしいことを、フォローしていく。トコナツは作る、楽天は売る。「観光プログラム」という定義が不明な何かに縛られるのではなく、自由にエンターテインメントを作っていく感じ。

これだけの幅のあるジャンルを横断できるのは、トコナツぐらいしかいないのではないかと本当に思う笑

 

さてそんな最中、島田金谷IC周辺賑わい施設を一緒に作っている建築や空間デザインが主体のトコナツのメンバーたちに「三重にいるならAQUA×IGNIS(アクアイグニス)ぐらい行くべきだ」と言われ、四日市の仕事ついでにアクアイグニス 片岡温泉に行ってきた。

 

 

近鉄四日市から湯の山線に揺られて30分ほど。

湯の山駅から歩いて7-8分と聞いていたもののタクシーはなく、道は真っ暗である。そんななかをトボトボと歩き、果たして合っているのだろうかと不安に思い始めたところで、畑のなかに忽然と姿を現した。

入り口がどこか分からないが、歩いているうちに到着。

 

 

片岡温泉の入り口である。

正直に言おう。見事である。

ほのかに硫黄臭漂う温泉が素晴らしい。

それにプラスしてデザインと金額の絶妙な設定具合が見事なのだ。

 

 

有名シェフやアーティスト、デザイナーたちを共演させて素敵な空間と食を作り出していながらも、高すぎない。

今回はひとりだったので宿泊棟に泊まったが、温泉に入り放題で朝食がついて1万円少々。夕食も都市部で飲みに行くことを考えたら、満足いくメニューと金額。平日でも四日市市から30分ほど時間をかけてここまで来る人がいるのも頷ける。

離れの4棟のみのオーガニック棟も1名36,200円〜とこの空間作りにしては決して高くない。これぐらいの空間と食を用意したら、都市部であれば遥かに高い料金となるだろう。

 

 

安くはない。だがものすごく高くもない。

この絶妙感がいいのだ!

 正直に言えば、食わず嫌いだったなと。

有名シェフを前線に出した売り方やビジュアルがあまり好きではなかったというのもある。

アクアイグニスをいいと言ってしまってはトコナツとして真っ当すぎる、かもしれない苦笑

オシャレ、すぎるのかもしれない苦笑

ただ、いいものはいい。

 

 

 

これまでも何度も思い知らされてきたことだけれど、百聞は一見に如かず。

 

新名神高速道路の大型工事が隣地で行なわれているのは残念な限りだが、近くにICができれば湯の山温泉全体もまた多くのゲストで賑わうであろうから、難しいところだ。

 

だが次も是非訪れたい場所である。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岐阜県岐阜市でのGメンMTGのあとは、土岐市へ。

3年目を迎えた「若手陶芸家集団ミノヤキセンパイ」、今年度2回目のMTGとなる。

 

今年の最初のテーマを何にするか、その次のテーマを何にするか。

そして大きな区切りを迎える3年目を終え、

2018年4年目を迎えるミノヤキセンパイは果たしてどこに向かうのか。

 

いつもは「テラスゲート土岐 まちゆい」でMTGを行うが、

この日はある意味「場の力も借りたい」と思い、

美濃焼会のまさにセンパイ 加藤保幸氏が営む玄保庵(げんぽあん)をお借りしての MTGとなった。

 

ちなみに玄保庵を営む保幸(やすゆき)さんは74歳を超える美濃焼会の重鎮のひとりでありながら、アツいエネルギーをその全身から放出しつつ、その一方で年齢が下の連中にもある意味対等に接してくれる稀有な存在、という気がしている。

 

土岐市の職員の方から紹介されたのが2014年。

僕のような陶芸を全く知らなかった素人に対しても丁寧に接してくれ、これまでにも幾度となくアツい議論をさせてきていただいている、僕にとっても人生のセンパイである。

 

ちなみに玄保庵は古民家を改装したギャラリーでありつつ、素敵なカフェでもある。

僕はちょこちょことこのお店をお邪魔しては、奥様の作られる優しいランチを食べて抹茶ラテを飲み、そのまま一角を借りて仕事などしてしまったりしているのである。

 

チームで動いていると、いろんなことがある。

性格も違えば、考え方も違う。作品だってもちろん違う。

それでも、皆が一緒になることによってしかできないことがある。

チームでしかできないことを探して、実行して、それが美濃焼のためになる。

そんな未来を創っていくのがミノヤキセンパイなのではないだろうか。

というわけでアツい夜はまだまだ続く。

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この6月9日で僕の個人会社である株式会社マイロックチョコレーツは4年目に突入することができた。

トコナツ歩兵団というフワッとしたチームに信頼と期待を寄せてくれる皆さんと、それから僕の戯言を形にしてくれるトコナツ歩兵団の皆に改めて感謝である。

 

これからもますます日本中で面白企画を創造していきたい!

 

さて、4年目に突入する中で僕にとって非常に嬉しいプロジェクトが舞い込んだ。

岐阜県42市町村の観光課職員による「観光おもてなし隊・G(ギフ)メン」の再構築というプロジェクトである。

 

第1回ワークショップの模様

 

G(ギフ)メンはもともと楽天在籍の最終年だった2013年に、チームで岐阜県「清流の国ぎふめぐる旅キャンペーン」のプロポーザルを受託したことに端を発する。

 

当時から「日本のまちづくりや観光地にもっとも欠けているものは、コンテンツ創造力である」と言っていただけに、四季折々の楽天上でのWEBやパンフレット展開では面白みに欠けると思っていた。そして当時の岐阜県の観光課の皆さんも同じように考えていた。

 

そこで何か面白い取り組みはできないかというMTGの中で生まれたのが、全42市町村の観光課と密接な連携を図ることで発信力の向上を目指した、イケメン観光公務員・G(ギフ)メンであった。

 

結成当時のイケメン観光案内人・G(ギフ)メン

 

地に足をつけた地上戦展開としての42市町村連携、そしてそれらをPOPに世の中に伝えるイケメンというキーワードでくくったG(ギフ)メンは、当時の岐阜県の観光課の方々がわずか2週間あまりで全市町村に直接お願いをしに行ってくれたおかげもあり無事に結成でき、そして名古屋の栄で行われたキックオフイベントには多くのメディア関係者が集まり、大成功のスタートを切れたのである。

 

あれから丸4年がたち、今や岐阜県や42市町村にとっては当たり前となったG(ギフ)メン。リレー形式でのラジオ出演、新聞連載、ブログなど当時では想像もできないほど、枠組みとしてしっかりとしたものになっている。

 

でもその一方で、メディアや各市町村からすると新鮮味が薄れ、話題性が落ちてきたのも事実であったらしい。

そこで再び僕に声がかかったというのが事の経緯である。

 

2013年の立ち上げから2014年の秋までプロデュースをしていたG(ギフ)メン。

当時のメンバーは2名しかおらず、すっかりフレッシュで、かつ女性も多く参加している2017年のG(ギフ)メンをどうしていくのか。

 

当時はある意味強制力をもって皆を引っ張らせて頂いたが、2017年には2017年のやり方があるはずである。

 

それらを模索しつつ、2017年のG(ギフ)メンと一緒に、新しい岐阜県の観光の形を作っていければ面白いと思う!

 

一度手を離れたプロジェクトに、再び関われる幸せを思う!

今後の岐阜県とG(ギフ)メンが楽しみなのである!

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京駅の銀の鈴広場で3代目 銀の鈴(1985-2007)の10年ぶりの一般公開が始まった!

トコナツでは3代目の展示プランと施工、冊子デザインを行っている。

 

ちなみに現在は4代目(写真左)。

3代目(写真右)は無骨ながら素朴な可愛らしさがある。

 

「お待合せはこの場所で」

携帯電話が普及していなかった頃、

東京駅での待ち合わせというと銀の鈴広場、という方も多かったはず。

 

待合わせ場所にはたくさんのドラマがある。

出会い、別れ、上京、帰省などなど。

3代目の展示を見ながら当時の記憶を思い出してみるのもたまにはいいかもしれない。

 

かくいう僕も、小学生の頃おばたちに連れられて長野にスキーに行く際、

幾度かこの場所で待ち合わせをした記憶がある。

多分2代目から3代目にかけて、ということになる。

 

グランスタでは3代目の展示に合わせて「銀の鈴フェア」を実施中。

「銀の鈴」を模した限定スイーツや雑貨がなかなかかわいい!

 

3代目 銀の鈴の展示と銀の鈴フェアは6月1日〜18日まで。

近くまでお越しの際は、ちらりと寄ってみては。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トコナツ企画による日本初の緑茶カプセルトイ「ガ茶々」(from「島田市緑茶化計画SHOP & TEA」)がこの度、富士山静岡空港3Fに設置された!

 

 

もともと「ガ茶々」は2017年3月に好評を博した渋谷ロフトでのイベント「島田市緑茶化計画SHOP & TEA」で販売開始となった「SHIMADA GREEN Ci-TEA JAPAN」(トコナツ歩兵団が島田市と島田市茶業振興協会の3支部の青年部とJAおおいがわと共同開発)のスピンオフ企画として誕生したもの。

 

 

 

日本で一番緑茶を愛する街(Ci-TEA)、島田市から発信される新しいお茶ライフの提案。

「ガ茶々」はティーバッグ1個と缶バッチ1個入りで200円。

ティーバッグは浅蒸し×火香弱、浅蒸し×火香強、深蒸し×火香弱、深蒸し×火香強の4種類。

トコナツデザインの缶バッチは全25種類。

 

国内外旅行者の玄関口である空港でのPR大作戦!

今後もあちこちに設置される予定。

 

富士山静岡空港を利用される方はぜひチェックしてみて!

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。