団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

昨年の「フラのまち宣言」を経て、
「フラ女将パンフレット」をリリースした「フラ女将」が好調のようである。
幾多の問い合わせも頂いている。

2年かかった笑いと涙の足場固めが終わり、
ようやくスタートラインに立ったこのプロジェクト。
フラ女将カレーも初回分を売り切ったとのこと。

これから更に多くの人、モノコトを巻き込みながら、
いわき湯本温泉復興に向けて、
ひとつひとつ女将さんや湯本の人たちのペースで進めば、と思う。

そんな最中、それらを後押ししてくれる
これまたPOPなNEWSが飛び込んだ!

「アロハ議会、始まる!」

いわき湯本温泉ほか、なにかとお世話になっている福島県いわき市の議会である。

会期中、議会と市執行部の全員がアロハシャツを着て出席するという。
議場は椰子の木やハイビスカス、ハワイアンキルトで飾られるなど南国ムードたっぷり。
毎回、ハワイアンのBGMも流すという。

明るさだけではやっていけない震災以降の様々なものを内包しつつも、
それでも明るいいわき市の方たちに、
僕は相変わらず拍手と協力を惜しまずにはいられない。



人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、視察のため久し振りに滋賀県へ。

 

近江八幡まで来たのだから、車を10分も走らせれば、という距離で
安土城に行かないわけにはいかない。
初めての安土城跡へ。

歴史上、ほんの3年ほど出現したこの城が、
後の高層天守閣のモデルとなった。

でもその跡は石垣がわずかに残るのみ、というのが僕の勝手な認識だった。
遠目にはただの山にしか見えない。
崩れ果てた石垣を見ながら、山頂までの30分ほどのハイキング、
そう思って車を下りた。

お金を払うべく受付に行くと、
「本日信長公の命日のため、拝観料無料」との立て札。


その日、6月2日。

本能寺の変は6月2日。
新暦ではあるものの、思わず合掌。

 


そして突然目の前に現れたのは大手門から続く巨大な石垣。
その姿に思わず圧倒される。
なんでも昭和初期まで土に埋もれていたため、保存状態が極めて良かったのだそうだ。

山頂まで石垣が続く。

印象としては僕が想像していたよりも遥かに大きい。

 

そして天守閣跡へ。

琵琶湖が見渡せる小高い山の上、ここがかつて日本の中心だった。

(埋め立てのため、現在の湖岸はやや離れているものの、

かつては琵琶湖と接していたという)

景色の雄大さ以外、それを想起させるものは今はもうない。

でも、とても、とても、とても気持ちのいい空間。

 

帰り際、当時から現存する仁王門と三重塔を見る。

それはまるで歴史から置き捨てられたように、

整備されることもなくひっそりと、ただ朽ちるのを待っているように思えた。

 

まったく余計な意見だけれど、

滋賀県や近江八幡市は余計な観光PRなんかせずに、

この安土城の調査・整備をしてあげるだけで

どれほど多くの観光客が来るようになるか、と思わずにはいられない。

安土城がどれほどの資源なのか、もう一度よく考えてほしい。

 

とはいえ、最低限の復元(というか整備)が為された今のままが

もっとも美しいのかもしれないけれど。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県いわき市いわき湯本温泉の魅力を発信する「フラ女将」をプロデュースさせて頂いた。

「フラ女将」とは、いわき湯本温泉・湯の華会でフラを踊る女将さんたちの総称として新たに命名されたもの。

 いわき湯本温泉は東日本大震災の影響で観光客数が激減。その後思うように回復しない中、女将たちが立ち上がったのは2014年のこと。
 当初何をやればいいか分からなかった女将さんたちと、少しづつ無理なく、お茶を飲み、お菓子を食べながら、勉強会や議論を重ねてきた。

 昨年ようやくまちづくりの基本方針となる「フラのまち宣言」を行い、更にまたそこから色んなことを話し合って、彼女たちは今年おもてなしの最前線に立って訪れるすべての皆さまに元気と笑顔を届ける「フラ女将」となった。

 普段はそれぞれの旅館で心からのおもてなしをし、ある時はまちに出てお客様と語らい、またある時は「着物deフラ」(着物でフラを踊る)を踊るなど、「フラのまち」いわき湯本温泉の魅力を人々に伝える為、様々な活動を行っていく「フラ女将」を是非応援してほしい。

 また同時にフラ女将プロデュースによる「フラ女将カレー」(税別600円)、

「太平桜酒造 絆 フラ女将ラベル」(税別540円)を発売。

各旅館などで販売。こちらはお土産に是非!

 東日本大震災で様々なものを失い、今でも多くのことと戦っている女将さんたちやいわき市の方々は、とにかく明るくて、強い。
 本当に明るくて、強い。
 僕は彼女たちに多くのことを学び、何度か逆に勇気づけられた。
 これからも彼女たちと一緒にいろんな取り組みを、少しずつ、でも着実にやっていきたいと思う。

 それから最後に、熊本地震で被害に遭われた方々の、
一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、昨年11月に発表した静岡県島田市の「島田市緑茶化計画」であるが、
いよいよこの4月から本格始動!

まずは世界最長の木造歩道橋・蓬莱橋の緑茶化をプロデュース!
緑色に染めてみた!



ちなみに橋の上から見るとこんな幻想的な風景も見ることができる。

この企画、カナダLumenpulse社のLED製品の国内販売を開始する
株式会社ルーメンジャパンによる機材提供及び設置という全面協力によって実現したもの。

年配の方はともかく、一般的には忘れられている大井川にかかる蓬莱橋。
江戸時代「越すに越されぬ大井川」と唄われた大河に初めて橋がかけられたのは明治初期。
最後の将軍・徳川慶喜公を護衛してきた幕臣たちがこの地でお茶作りを始め、
彼らからの嘆願に応える形で作られた、
全長897.4m(やくなし)というとてつもなく長い橋。


昼間見ると対岸が見えないその長さがよく分かる。

無論、予算的、技術的な障壁からできる範囲で、となるので
橋全てとはいかず左岸からのみのライトアップではあるものの、
見事に浮かび上がっている!

また色は新茶を思わせる緑を軸に、大井川の青と、木の素材を強調する電球色という変化を加えている。

まずは近隣市町村の人たちが訪れてくれると嬉しい!

【概要】
日時:2016年4月1日(金)~5月31日(火)午後7~9時
場所:島田市南町地先 蓬莱橋(JR島田駅から徒歩15分)
主催:島田市
プロデュース:トコナツ歩兵団
協力:株式会社ルーメンジャパン

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あたたかな春。

というわけで、
ららぽーと富士見にて
「トコナツ歩兵団のお花見キャンプsupported by LOGOS」開催中!



本日3日目、3月29日(火)は
トコナツ歩兵団がプロデュースする
若手陶芸家集団「ミノヤキセンパイ」による「陶芸を体験しよう!」
ろくろ体験も、絵付け体験も、ミノヤキセンパイは相変わらずの人気。




一度はろくろをやってみたかったという人が多いので、
子どものみならず大人の利用が多いのも特徴です!

そして明日30日(水)と明後日31日(木)は
ふたたび平成のスナフキンこと、アウトドアクリエイター伊藤智幸による
「森の表札を作ろう!」




木の札や枝、木の実、マジックなどを使いながら、
表札づくりを行います。

子ども用プログラムと思われがちですが、
実は大人よりも子どもの方が発想力や創造力は豊か。

子どもに負けないように、是非大人も楽しんでみてください!


東武東上線にて車内吊り広告も掲出中!

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて春の長雨、年度末。

 

トコナツ歩兵団の様々なプロジェクトも

この3月に向けてやってきたものが多く、

ここで幾つかのリリースが相次ぐわけです。

 

そんな中、トコナツ歩兵団名義のイベント告知。

 

3月27日(日)~30日(木)

ららぽーと富士見にて下記イベントを開催!

「トコナツ歩兵団のお花見キャンプsupported by LOGOS」

(埼玉県富士見市、最寄り駅:東武東上線鶴瀬駅からバス5分ほど)

これは屋内イベント広場に高さ5mの桜を立てて、

その周りに設営されたLOGOSのキャンプ場で、

ものづくりを楽しんじゃおうというイベント。

 

27日(日)、30日(水)、31日(木)

トコナツ歩兵団・アウトドアクリエイター伊藤智幸による

「森の表札をつくろう!!」

28日(月)、29日(火)

トコナツ歩兵団プロデュース・若手陶芸家集団「ミノヤキセンパイ」(岐阜県土岐市)

「陶芸を体験しよう!!」(ろくろ体験/絵付け体験)

 

森の木や枝や木の実で作る表札(持ち帰り可)、

そして土をこねて作る器(持ち帰り不可)、

陶器に色を付けて焼き上げるペンダント(持ち帰り可)、

いずれも自然の題材を使ってのものづくり体験。

 

お近くの方は是非、遊びに来てみてください!

 


人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/

(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

¥1,296
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
諸事情によりしばらく取扱いがストップしていた
拙著「夏空ブランコ」のamazonでの取扱いが再開された!

「夏空ブランコ」の原型を書いたのが20代の後半。
当時の僕はアトラクションプランナーとして活動しつつも、
予算やスケジュールという枠に縛られることのない
「物語を創造すること」に
僕は果てしなく魅力を感じていて、
毎晩物語を紡ぐことでストレスを発散していた。
(もちろん売れれば様々な制約があるのだろうけれど)

その他の物語と同様、世に出る予定のなかったこの物語は
様々な出会いや支えを得て、2013年に陽の目を浴びることになる。
1年半かけて物語をリライトし、
タイトルもエンディングも変わって新しい姿となった。

思い入れのある処女小説。
ひとりでも多くの人に届いてほしいと願う。

あの楽しい日々からもう3年。
そろそろ次の物語を紡ぎたいと思う今日この頃である。


人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

¥1,296
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月も既に終わろうとしている。

年度が変わろうとしているこの時期、
新しく入ってくる仕事、続きが決まろうとしている仕事、
そして現在進行形の仕事が混じり合う。

それらに感謝と、遊び心を添え、
時にインフルエンザに侵されつつも、
時に激しい二日酔いに襲われつつも、
トコナツ歩兵団は今日も行く、
というのはブログを更新していない自分自身への言い訳に過ぎないか。(苦笑)

昨年から携わっている若手陶芸家集団「ミノヤキセンパイ」が
心地よく進み続けている。

中日新聞、岐阜新聞、日経新聞
「2nd(セカンド)」4月号
NHKとBS-NHKの全国NEWS
中部国際空港セントレア出展
代々木体育館rooms32出展などと続き、
今後もイベント出展やメディア露出が相次ぐ。
そして次第にあちこちから様々な話を頂くようになってくる。

最初は自分自身の作品を言葉にすることすら覚束なかった彼らに、
少しづつ芽生える自信と自覚。
新しい知識と経験と出会いが、
彼らの作品にまた新しい力を及ぼす。

彼らは自分自身をなんとかしたいと思い、この船に乗ったのだ。
その偉大な挑戦心に僕は敬意を表し、新たな課題を突きつけていく。

陶芸という世界は当たり前だけれど生易しいものではない。
作家を志すも食べていけず、挫折していく人も少なくない。
作家として、作品と真摯にひたむきに向き合うことは当たり前だ。
でもアーティストである以上、内面にのみ向かうべきではない。
大衆をどう意識するのか、どう世の中や社会と混じり合うかが、
アーティストだ。例え陶芸作家だとしても。


ミノヤキセンパイの1人でも多くのメンバーが
社会との関わりの中でそのアーティスト人生を全うしてもらいたい。
日本という枠組みではなく、地球という枠組みで作品を発表していってもらいたい。

というわけで来月には新作を発表予定。
それに伴うイベント出展もいくつか。

楽しみにしていてほしい。


人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

¥1,296
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京駅グランスタのバレンタインにBetty Boop™登場!
「TOKYO STATION Valentine's Day with Betty Boop™」

今年のテーマは「いつもよりゴージャスに、いつもよりキュートに」


世界中で愛されるセクシーでキュートなベティーちゃんが真っ赤なドレスを着て、グランスタ・銀の鈴広場に登場!


東京駅丸の内駅舎がデザインされた真っ赤なハートのギフトボックスと、敷き詰められた真っ赤なバラと共にみなさんをお出迎えします。

さらに期間中に、グランスタ、グランスタダイニング、及びセントラルストリートにてバレンタインスイーツや、バレンタインギフトを購入された方にはベティーちゃんのメッセージカードをプレゼント。(配布期間:2月1日(月)~2月14日(日)限定2,000枚)

バレンタインは東京駅グランスタへ!

期間:2016年2月1日(月)~2月14日(日)
場所:JR東日本東京駅構内地下1階 エキナカ商業施設「グランスタ」内
主催:株式会社鉄道会館
特別協力:コピーライツアジア株式会社
プロデュース:トコナツ歩兵団
制作:株式会社スコープ


人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

¥1,296
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、秩父へ。

先輩であり友人でもある仲間が企画した西武鉄道「秩父ハローキティトレイン」を見に。秩父ってすごい遠いイメージがあるのだけれど、池袋から特急で1時間半。週末の日帰りにはいい距離。

さてその企画はというと、オープニングイベントも含めて見事な立ち上がり!会社を移って最初の大仕事でプレッシャーもあったろうに、結果としては見事な立ち回りに友人としても嬉しく。

そんなわけでオープニングイベント終了後にその友人と共に駅近くの蕎麦屋「名物 秩父そば 立花」(たちばな)へ。駐車場の交通整理のおじちゃんに聞いたところ、ここを薦められたという次第。

こういうのはやはりネットの口コミより地元住民の声。古民家というファサードから期待感高まる!くるみそばを食べに行ったのだけれど、思わず名物のひとつという「男の肉そば」(つけ)を注文。こういうのは大概タイトル負けするものだけれど、これがキチンと予想を裏切ってくれる肉に覆われたガツンとした見た目、そしてこってりとしたつけ汁に冷えた身体は大満足!

もはやそばののどごしを楽しむものではない!しかしそば好きの僕としても特に気にならない。(ここはすごく重要なことなのだ!)そしてこういう分かりやすい特徴が僕は大好きなわけで。ちなみにこのお店の1番人気は「美人つけそば」なるもの。キティトレインで秩父に行く女性にはこちらの方がいいかも。いずれにせよ、大満足の秩父ランチ。

先日食べたわらじトンカツも含めて、秩父の食、なかなかやるなと。


人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/
★団長のインタビューが掲出されました!
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/
★ひと夏のキセキの物語、小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

¥1,296
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。