・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
兄・妹。
すんごい絆な韓国ドラマ。
そのあたりの妹について、ちょい書きたい。
わたしが好きな妹は
室長の妹・ミンジ(シン・ミナ)
「美しき日々」ですね。なにが好き、って顔がすき。

妹=ウンソ(秋の童話)を揚げるひとが多いだろうけど。
いい妹は、これまたヤだ。断然、ひねくれたキャラ贔屓なもので。

続きは、また夜にでも。

・・・ってちょっと時間なし。今日は一本も観てないし。
とりあえず、自分メモ。

永遠の妹=ウンソ少女時代・永遠の片想いのテヒョンの妹=ムン・グニョン
わたしは苦手=美しき日々チェ・ジウの妹 キム・セナ=イ・ジョンヒョン

あと脇役考に、「いいひとで終わるひと」を考えてます。
このいいひとで終わるひと、がいるからこそ、悲運なドラマもなんだか救われるんじゃなかろうか。結局、みているほうは無償の愛をわけてもらいたいの。いま、「愛の群像」を観ている途中なのですが、ギルジン、がコレですね。

妹は明日、まとめよぅ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スカパの動画サイトで
このラブコメいつか楽園でをみつける。
第一回は無料お試し、なのだ。

韓ドラの各ファンサイトでこのドラマの噂は知っていた。
どうやらclub med系のリゾートを世界各地まわるんだな、と。
いいなー未来は明るい。
主役がチャ・テヒョン。
「猟奇的な彼女」のあのカレだ。
憎めない。見た目二枚目のビョンホンも好きだけど
テヒョンもやはり気になるのだ。

第一回は、サホロ。
札幌近辺のスキー場が舞台。
ここでテヒョン演じるホテルオーナーの息子と
日本人になりすましたソン・ユリが出逢ってしまう。
ああ、リアル人生の「出会い」ってそのときには
「第一回」って気づくこと少ないのよね。
ドラマのメリハリが羨ましい。

機内食から、スキー列車、ホテル(ちょい寂れてそうだけど
スキー場、パーティ(これもちょいセンスが・・
リゾート満喫。ああ、こういうドラマを観て韓国のヒトビトは
海外リゾートへの夢を持ち、パンフレットを握りしめてるかも。

それは、かつての日本のように。
ちょうどわたしが10代後半当時のあこがれのようなもの。
見つつ、懐かしく思いつつ当時のことをチラリと
どうしても重ねたくなる。

韓ドラの型押しのひとつ「海外留学」がある。
ドラマの切り札のひとつ。
日本のドラマもそういうのが多かった。
恋が混乱してくると、「アメリカに留学するの」と旅立つ。

ここ数年お日本のドラマは見てないからわからないけど
いまのご時世じゃ
「アメリカ」を未来に据えないような気がする。
韓ドラをみて”いい時代”の追想するのも悪くはないと
思いたい。

話を戻してこのラブコメ
彼らはリゾートを渡り歩き、本当の”楽園”を見つけるんだろか。
それは、自分の手でみつけないとね。
”ある”ものじゃなくて、探すもの
というのは・・・・年季がたてばわかる。

2回目からは¥315×残り17話=うーむ。考えてしまぅ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今夜NHK-BS2で獲物の分け前が放映される。

以前にも中途半端な夕方に放送されていて
ちらりと観たのだが、これまた混沌ゆがみ愛。
好きなカテゴリーなんだなあ。
バイクの皮スーツ、ファスナーおろせば
胸がプルンプルンってこの映画だったような。

ロジェ・バディム監督。
「獲物」ではJ・フォンダが主演
光る美人女優と浮き名を流しつつ
その時の彼女を主演に置く、というテクを持つ監督。
男冥利に尽きるね。ったく。

わたしは、バディム監督とブリジッドバルドー絡みが大好き。
ドンファンは、ジェーンバーキンも出ていて
お得感大。インテリアも奇妙で楽しい。

こちらはDVD所有。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ネットショッピングでDVD買いまくり、
有料配信のレシートメールがたまりまくり。
いくら使ったのか電卓叩くようなマネはせず。
使ってから考えるのはネガティブ。きりり。
配信支払い用にwebmoneyを3回購入したっけなあ。

ま、いいや。


韓ドラマの魅力のひとつは脇役じゃないだろうか。
顔と服装を見ただけで、あははん、と思う。
ただそこに「ワンパターンだ」という怒りはない。
とことん、こちらの思うつぼのまま、ヒールを突き進んでほしい。
それのみ。

主役はいい性格・清楚な感じ。
わたしは脇役の、ひねた性格・ワルな衣装に惹きつけられる。
「冬のソナタ」のオ・チェリン最高。
ハナにつく美人だし、髪のバレッタコレクションをしたいくらいだし
なんたって、平気な顔して主役を罠に陥れる。

「冬ソナ」の当初、記憶がどうのこうの、
好きなひとの心が理想の家、どうのこうのより
チェリンの女王っぷりにかなり心を鷲づかみされていた。
きゃー、チェリーン!!

パっと見、なんとか涼子節・松田聖子節・松たか子節(←これはわたしの節
など多々ありーの。
もちろん、演じているパクソルミの魅力もあるだろうが
吹き替えをやってたヒトのチカラもかなりあるんじゃなかろうか。

ちなみに、この吹き替えさん。
イ・ビョンホの「純愛中毒」でこれまた
ビョンホにつきまとう恋人役の声をやっていらっさった。

チェリン贔屓のセリフはこれ
「なんでわたしじゃ、だめなの?」
ミニョンがユジンに傾いていることがわかって。
あんたオンナだよ、チェリン。わたしがぎゅっとしてやろう。

彼女、後半あんま登場しなくなっちゃうんだけど
性格たぶん 緩くなってたね。

ま、韓ドラは、前半と後半でかなり流れが変わるから
掻き回すだけ掻き回して
サッサとカメラから消えちゃう脇さんも多い。

そこんとこ、日本だとつっこまれるのを恐れて
丁寧に作りすぎて、逆にぼやけた印象になってしまうのかも。


好きな脇役は
「美しき日々」のナレ。イ・ユジン。長身・美人・めっちゃいい性格の脇役
「子猫をお願い」「ランラン18歳」「威風堂々な彼女」
に出てくる永遠の双子女子高生・イ・ウンシルとイ・ウンジュが
だーーーいすき。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アテネオリンピックと息子らの夏休みが終わり
わたしは・・・韓ドラ・韓映画にはまる。
ずっぽり、と。
いったね。

その前から韓映画や「冬のソナタ」は観ていた。
9月第一週だけで、amazonに注文したDVDは6枚か。
そのうち5枚は、韓もの。
いろいろ詳しい知人がいるわたしはチアワセ。
そしてガガガガガっと、一気に観る。

取り寄せモノとは別に
友人からドラマ「美しき日々」
録画分を渡されていて

当初は、おつきあいで観てたんですわ。
①なんでこんなに平気でキザなの?
②なんでこんなにいつも話を聞かない子なの?
③なんでこんなにちゃんと話さない人なの?
④なんでこんな髪型なの?

魅力を感じられなかった。
でも早く返さないと。感想のひとつでも言わないと。

義務感の全24話。
・・・・そのうち 9話でヤマ 16話でもうひとヤマ
しらぬうちに、ミンチョル室長ことイ・ビョンホンが
気になって、気になって、気になって。
観ていた時は、「好き」とは自覚していなかった。
まったく。自覚したくなかったのかもしれない。

ディスクを友人に返して、そこで気がつく。
愛って、そこに無いときに気づくのよね。

わたしは、室長が好きだったんだ!と。
オンナ40になっても、恋する瞬間はそんなものです。

地上波は10月2日から。
そこで思いっきり、室長を目で愛そう。
目が血走るくらい見つめてやろう。

①イ・ビョンホン
②イ・ジョンヒョン
③チェ・ジウ
④リュ・シウォン
第一印象はこんなカンジー。

「ぼくの好意は断れないよ」
だの
「(あなたは)わたしを捨てられないわ」
なんつー絵空事のようなセリフがクセになるんですわ。

その室長・イ・ビョンホンに狂いはじめ
咄嗟に衛星劇場の加入申し込みをしたワタクシ。

いまは美しい彼女を週2話づつ楽しんでおります。
主演はイ・ビョンホンと、「八月のクリスマス」のシム・ウナ。
美しすぎるんだよ、あんたたち。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このドラマを観たくて
オプション仕様の「衛星劇場」を咄嗟に申し込んだ9月。

美しい彼女
イ・ビョンホン。シム・ウナ。
97年のドラマらしい。ただいま6話終了。

簡単なあらすじとして
孤児院で育ったボクサー(イさん)が
留学帰りのお金持ち美人(シムさん)と出会い
5話で結婚しました。

んなカンジ。
↑端折りすぎ。
うーん、あっさりと結婚しちゃったな。

まず、孤児院が韓流型押しその1。
出生の謎シリーズです。
その美人さん・ソニョンは、実は双子の子持ち。
夫は新婚当時に亡くなっております。
それも交通事故じゃなかったっけ。
そこも型押し2。

出逢ってからの見事な偶然度が、型押し3。
ボクサー・ジュンホがソニョンに恋して
つきまといはじめ
発覚する事実が、ソニョンのおうちの隣の食堂の
女主人は自分を捨てたであろう実母かもしれぬ、という展開。
狭い場所での偶然、これこそが韓ドラの醍醐味のひとつ。

あと、心優しき脇役も 型押し4かな。
このドラマで無償の愛を捧げる ソニョンの父の部下。
最後まで「いいひと」なんだろうな。パターン的に。
そして、ソニョンの同僚のおネエ言葉のカレもユニーク。

全16話が放映されるのですが
本国ではどうだったんだろう。
なんだか、美人がボクサーに惚れる瞬間というのが
手薄な印象。あれ?いつの間にこんなに夢中になってるの?

チャンピオンになったら、ソニョンパパも
あっさり結婚を認めてはしゃいじゃうし。
なんだか、5話ってヘンな編集じゃなかろか。

前半部分 ボクシングの試合で血だらけ。ダーク。
対戦相手は病院行きだし。不穏な空気。
うってかわって後半は、
はしゃぎすぎの自宅披露宴。
あたらしいパーティのカタチを紹介したようなもので、
もしやスポンサーにそのテの業者がかかわっているんじゃなかろうか。
とこっちの国で邪推。
パパ部屋にこしらえたプールには、びつくり。

そんな5話から6話は、新婚旅行。もち子連れ。
ソニョンの双子ちゃん、小憎らしいほどオトナっぽくて
ほんとうのオトナをふりまわす。
男の子は「美しき日々」のソンジェの子供時代の子だ、たぶん。
6話も、ぶんぶんふりまわし、哀しい表情のジュンホ。

ああ、その影ある顔ー。
いい!いい!


あ。
もうひとつ。韓ドラ名物型押し5。
強烈キャラの女傑。

たとえば「冬のソナタ」のカン・ミヒ。
「美しき日々」のヤン・ミミ。
さんざん主人公の運命を掻き回す女性たち。
この「美しい彼女」ドラマでは、
やり手のプロモーター。
しかも、中のひとはカン・ミヒと同じ。
くわー。

6話では、新婚のジュンホを誘惑しちゃうのだ。
ありがちなガウン姿で。
今後の悪行を期待します。

テーマ曲は、なんとも哀愁漂うメロで
どしても「あしたのジョー」とだぶらせてしまいます。
テロップに今話題のソン・スンホンの名前があるんだけど
どこかに出てきてたっけ・・・。

脳挫傷だとか、悪に手を染めちゃうとことか
中盤がまた見逃せないわ。
わたしは、ビョンホンが好きだから観てるんだけど

たまに爆笑問題の太田さんに見えてしまうことがあるのは内緒。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夏子と申します。ナツコとも書いたりします。
よく「・・・の続き」の「・・・」はなんですか?
と質問があります。「・・・」は思わせぶりなだけです。

とはいえ、HPやら本家blogを持っていて
その「続き」という説はかなり近いです。
そこでは今までネタバレをしないように書いてきたのですが
あとで読み返すと、まったく中身がない雑記に成り下がっておりました。
そこでネタバレも、長い文章も書いてみよっかなあー
とアメーバでショバをお借りしてます。


◆本家愚痴blogは、http://air.ap.teacup.com/mizugiwa/


2006年4月までの過去は http://blogs.dion.ne.jp/7_2_5/

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「キャンディ」

エヴァ・オーリン主演。
かわいい。
カラダもいい。
そして声もいい。

この作品がDVDになる、というネット店のDMを観たのは
昨年暮れか。
ジャケ惚れ。で、彼女を押し倒す豪華なキャストに
何も迷わずショッピングカートへ。

ほんと大好き。
なんか気づくといつも 服がびしょぬれのキャンディなのよね。
絵に描いたような純真。カラダはむっちー。
たぶん、オレが男だったらすんごくエロい目で見たと思う。

とりあえずワタシはオンナなので
「かわいいいいいいい」と画面のこちらでリモコンをぎゅっと抱きしめる。
ちと、アヤシイか。

キャンディ エヴァオーリン
伝道師 マーロンブランド
教授 リチャードバートン
エッチな庭師 リンゴスター
エロ軍隊のひと ウォルターマッソー
カリスマ医師 ジェームスコバーン
医院長 ジョンヒューストン
せむし男 シャルルアズナブール

こんな豪華メンたちに 押し倒されるキャンディ。
特に嬉しかったのは、ウォルターマッソー。
真摯な軍人さんなのだが、やけにかわいー。

彼女が連発する「why?」
whyという言葉には素直ななぜ?と好奇心が含まれてるんだな。
行く先々での巻き込まれ具合が
コレゾ映画的で、心から愛する1本。
エッチ塩梅もちょうどヨシ。

邪気なく、意識なく、追いかけられるのが天職、とでもいおうか。
正直、羨ましいっすよ。
こんなに ハナにつかないキャラというのも珍しい。
エヴァオーリン。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
さっそく昨日届いた
DVD「スキャンダル」

外箱(紙製のケース)から
本体を取り出すのに30分かかりました。
あの仕様はキツすぎ。
おばちゃまたちは、ケースから無事にヨン氏を救出できるんだろうか。
ちょっと心配。

その30分の時間のロスで
観ている途中にダ(配偶者)が帰宅。
えーん!!

その世界に浸れなかったではないか!

ほんと、あのケース。美麗でしっかりして
外面文学書・中身は春画映画
を狙っているのかもしれぬが
ちょっと質にこだわりすぎなのではなかろか。

クレームの嵐だろうな、amuseさん。


綺麗なお衣装、背景、そんな屏風の前の
渦巻く嫉妬たち。そのあたり とても好物なんだけど
この物語でこんなに薄っ”ぺ”らに感じちゃうのはなぜ?
"ぺ”のファンではないので、ちと攻撃的になってしまいますが
全体的に「それほどでも」という演技のような。
「冬ソナ」のチュンサンは好きだけど、ミニョンは好きでも嫌いでも・・。
なワタクシ。
確かに クールガイが好みなのですが
このウォンにはなんの情けも感じられず。

落とされたときに、もっとこう振り乱して七転八倒をしてほしい。
いや、外見はソレで 内面の煮えたぎる愛のごった煮が
あの冷たい目から感じられなかったのよ。

とはいえ、まだ1度しか観てないので
ワタシの見落としもあるだろう。

なので、もう一度チャレンジするつもり。
脱ぎっぷりばかりに目がいっちゃってさ。
動きもなんというか中途半端。←恥を忍びつつダメダシ。
そこが限界なんだろうか。とりあえず15禁?18禁?
でもその奥の愛を感じたかったのよぉ。

イ・ミシクは期待してました。
つい先日「情事」を観て、惚れた歴まだ2週間。
今回も、彼女の肌が観られるかと楽しみにしていたが

おあずけなのーーー?
さすがに、最後落ちぶれた姿がとても美しかった。
装飾じゃないね、彼女は。

チョン・ドヨンは気になる。
2日前に9年ほど前のペ氏との共演もの
「6つの」なんとかという60分モノを配信でみて
わたしの印象は
トレンディドラマの山口智子だった。

化けるなぁ。すごい。
その化けかたは、もしかして大竹しのぶっぽいのかもしれぬ。
今後、過去のいろんなキャラを観てみたい。
楽しみ。

以下、まだ吠える。つづく。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめまして。
はじめました。
夏子と申します。

CD山脈
つん読の搭
DVDビルの谷間で
昼寝をしつつ、繋ぎっぱなし。です。

ジャンルを潰していくことと思われ。
どうなることやら。

すべてネタバレあり。
潔くっ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。