・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
BiDan (ビダン) 2006年 06月号 [雑誌]

瑛太がかわいくてしかたがない。

恋ではない。愛でもない。

慈しみ。

かわいい、かわいい、かわいい。

んもーあの耳が良い。

21歳の甥も耳が大きくて立っているのだが

瑛太をみていると、愛すべき甥にカブり非常にラブ。

ラブだ、ばかやろー。


といいつつ、最近の大塚愛のアレとかは

観る気はない。「サプリ」も観てない。

ドラマ「ウォーターボーイズ」の

くせっ毛の短髪でまだまだ垢抜けない瑛太が良い。

かわいすぎるぜ、ばかやろー。


ポニーキャニオン
ウォーターボーイズ DVD-BOX

主演が山田くんのときのドラマ版1ね。

ドラマ2を観るのは、夏休みの夕方の日課だった。

気持ちだけ夏休みを引きずるワタシと子は

「1」を借りて 「田中くん!!!」と!!テレビの前で

マークを飛ばしまくっている。

田中くん=瑛太演じる 生徒会長優等生。


もうあの爽やかさにアてられる。

たまらん。


「オレンジデイズ」はなぜかダンナがとってもお気に入りで

放映当時、ちらりと観ていたがノーマーク。

瑛太が気になったのは、映画版「電車男」のヒッキーで。

もちろん「サマータイムマシン・ブルース」の

甲本くん役もハマってるんだけど。


理想の瑛太役は、女の子に誤解を与えて

「ごめん」という俯くキャラだな。ったく。


青い「ウォーターボーイズ」では

花村さん(香椎さん)に完璧な片想いをしている役。

あの風貌で、きっとリアルに経験のない片想いの役って

難しかったんじゃなかろうか、と

テレビのこちらのオバサンはリモコンを握りながら

大きなお世話。


ポニーキャニオン
ウォーターボーイズ 2005夏

田中くんの2年後の挫折編だっけ。

去年 途中まで観た記憶しかない・・・。

ごめん田中くん。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ポニーキャニオン
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

何を今更。先々週の「UDON」が消化されなくて

あえてコレを観てみました。


っつーか、本音はSTMB面々ヲッチですね。

STMB=サマータイムマシンブルース

未来人も曽我ッパもギンギン連れてきた石松くんも

出てる、ということで。

もともと「踊る」の最初と続くらいは好きだった。

スピンオフ系までは食指が動かず。


ムロくん、いっぱいセリフあるじゃんかよ。

未来人は1カットながらも、さすがの存在感マッシュルーム。

曽我くん=永野くんは永遠の運転手俳優ですね。

UDONではタクシー運転手。

コレでは地下鉄運転手。

STMBでは、パイロットw。


「交渉人 真下正義」

これって観客動員すごかったんだっけ。

え?どこが。なぜに。

うーん 「TUBE」を先に見ているわたしには

司令室シーンや職員のキャラをそちらと比べちゃったり。

なんだかそんなことを考えつつ集中できず。


指揮者の西村雅彦がどうにもヘンだし。

やはり寺島進さんの一人舞台ってとこでしょうか。

あ、あと爆破処理班の松重豊さんのしかめっ面が見事で

ユースケサンタマリアの輪郭はボケボケに。

全員が脇役映画、と開き直って作っているのか

それは間違った見方なのか。

興行成績よくてUDONになっちゃったのか。

なんだか余計に後味悪し、という具合ですみません。


フジ映画はいいんだけれども

もう無駄にアナウンサーをキャスティングしないでいただきたい。

「映画」というメディアに失礼のよーな気がする。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 ←クリックするとグエムルと再会w マル秘映像



これからバイ貝をみたら

この映画を思い出すこと100%w


゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ネタバレばればれ 観たひとだけ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。


観る前からいろんな比喩を含んでいる作品だ

というのは察していた。

でも、観ている最中はあの家族にのめり込んで

そんなことを忘れていた。

ぬめぬめと、じわじわと、観たあとから

アレはアレで。コレはコレか。と効いてくる。


ソン・ガンホの娘へのこまかい溺愛ぶり。

そういや、あのヒョンソちゃんが帰ってくるとき

彼女が背負ったデイパックの底をそっと持ち上げるパパぶり。

彼女の肩の負担にならぬように。

たぶん、いますぐカバンを下ろさせ、パパ自身が持つ勢いでもある。

これはよくわかるなー。

わたしも、子供の荷物が重そうなとき無意識にそうしている。

監督の計算なのか、カンドゥパパ(ソン・ガンホ)の計算なのか。


怪物の陣地wに連れてこられた幼い男の子ふたり。

その前はヒョンソちゃん、「次は、最新のケータイを持っているひとで」

とせっぱ詰まった願いをしてたのに

男児ふたりが餌食に。


彼らは、親も家もなく、食べるためにカンドゥ一家の店を荒らす。

その後、怪物に襲われてヒョンソちゃんの下水道まで

連れられてしまう。上の子が死んでヒョンソはチビちゃんを元気づけようと。

「食べたいものを1から10まで言って」

順番に食べたいものをあげていく男児。

ああ、それって近くの国の象徴なのかしら。と。


最後は、ヒョンソが母のようにカレを抱いて

怪物に呑み込まれてしまうんだけど

その男児だけ生き残るのよね。

ちょっとその展開に驚きつつ、あそこでヒョンソも生きていたら

デキすぎでもあって・・・。なんだか解せるような解せないような。

怪物のクチから出てくるふたりは、

ちょうど産道から出てくる赤子のようだった。ヌルリと。

できればふたりで生きていてほしいいい!!

ヒョンソちゃんの包容力が輝いてました。

そのヒョンソは何の象徴だったのか。自国なのか、

自国民の魂なのか、そのあたりはまったくわかりませんが

韓国で大ヒットしたのは、そこをくすぐられたからなのかもな

とチラリと考えたりしております。犠牲。


アメリカの独断で産まれた「怪物」

いつもはグダグダな家族が巻き込まれ

闘う家族となる。


警察たちは、怪物を追い込むこともせず

ウィルス保有疑惑のその家族を執拗に追う。

懸賞金もかけて。

そこらあたりのチグハグな部分が監督のシニカル目線なのでしょうか。

一致団結するとてつもない家族パワーに

共感を得ているだけじゃないんだろうなあ。


怪物自体も なんか不気味。

ホルムアルデヒドを川へ流せ、と命令するアメリカ軍は

ぜったい不気味。キケンなウィルスが蔓延する

という情報も不気味。


家族の敵は、ヌメヌメな怪物ではあるのだけど

映画は「間違った情報・認識」の蔓延を突く。

チグハグではなく、芯を貫いているのは「助けたい」気持ち。

結局 生き残った男児と生活するカンドゥ。

おなかいっぱいご飯を食べさせるシーン。

冬の夜、怪物のニュースにも気を留めずにスイッチオフ。

「情報」に関してノーという姿勢か。


なんだかヌメヌメもありつつも、包容力、な映画でした。


観て1時間後の感想はこちら◆◆

http://ameblo.jp/natsuko/entry-10016781898.html





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

  ←グエムル マル秘映像クリック



満足。満足。ネタバレありあり。


撃つ。射る。投げる。殴る。


大がかりな化学兵器で闘うのではなく

家族を助けるための、4人の武器がソレで。

ミニマムvs怪物

おもしろかった。観ている途中たぶんワタシのアタマの上

「親父!かっこいいぜえええ」という吹き出しが出ていたと思う。

10列目以降のお客様には迷惑だったと思う。

いや、4列目くらいのお客様のアタマからも

「興奮!!」の吹き出しが出ていたように思う。


ピョン・ヒボン+ソン・ガンホ+パク・ヘイル+ペ・ドゥナの家族が

怪物と立ち向かう映画。という情報だけで妄想すれば

どうにもおバカコメディしか思い浮かばないのですが

きっちりした「愛」の映画でした。

怪物映画、とくくるのはとんでもない。

怪物は出てくるのだけれど、その風貌についてどーでもいいし

いろんな矛盾やどうしてケータイで返信しないのさ?など

どーでもよくなる、孫娘姪を思う気持ちなシナリオ。


実は、ワーワーキャーキャーパニック映画

というものは、ほとんどスルーしておりまして

特に聖林の大作は観たくもないのです。

元々ドンパチ・ドッカーン系は嫌いなのに

お勤めした洋画会社がまったくソレに強くて

心の底で「なんでこんな映画に客が入るのかしら?」と

観客数調査を電話で受けつつ思っていた10数年前。


小学生あたりの頃に観た「ポセイドンアドベンチャー」と

「タワーリングインフェルノ」があまりにも強烈で感動し

大がかりパニックものは、あれが最高峰だとなんだか

決めつけている部分もあって。

という長い自分語りは不要ながらも

他のこのテの映画と比べられなくて残念。


「グエムル」面白かった。


ちゃんと布石を置いていて、最後には回収されるし。

一番最初、店を横切った女の子は、

ソン・ガンホが間違えて手をひっぱった女の子だしね。

次男パク・ヘイルが学生デモの経験があったことも

あとで生きている。

長男ガンホが実はアタマが良い、ということも

アメリカの機密を読みとることにもなっているし。

あ~、ペ・ドゥナの一撃には鳥肌立ちまくり。


それにしても、この3人のおとうさんピョン・ヒボン

かっこよすぎ。

普段はトボけた親父役で観るのですが

一世一代のハードボイルドなシーンあり。

いやあ、惚れます。


それ以上によかったのが、ガンホの娘ちゃん。

黒く汚れた顔で、白目が美しく

「野性の証明」の頼子ちゃんの瞳を思い出した。

男の子もよかったなあ。


ライフル・弓・火炎瓶・標識vs怪物。

でもその武器の分母には「愛」があるからー。


クチコミキャンペーンでメディアプレイヤーで本編を

30分観ることができたのですが

やはり劇場で アレをみると息を飲む。

というか、わたしの場合30分予習しておいて正解だった。

いきなりアレだと、んがごご とちょっと恐怖に陥り体質なので。

レンタルで観る予定のひとももしやいるかもしれないけれど

グエムルは、劇場でヌメヌメしていただきたい。

いや、ビチョビチョ。うーん、ウネウネ。クネクネ。

ヌルヌルか。



その後の感想◇◇

http://ameblo.jp/natsuko/entry-10016792997.html



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

グエムル ~漢江の怪物

のキャンペーンにのっかってブログに

グエムルマル秘映像のサイトを貼っているのですが


ようやくクチコミ30クリックを超え、

ご褒美に30分MPで観ることができました。

これまたいいところでプツンと切れているわけで。


 ←クリックすると 怪物マル秘映像

http://service.crossmarc.jp/xm50/View.aspx?t=2&v=b3ElgE84i4D1jRuUeOtfRF738uCPtZhdKZrP6A1PDYpeZ5qojEFIWkW7cTsikfYzqXhuEjbnkWDALbVINk5QlD6Ku17mdiBs&ocid=174



ごほうびの30分。

なかなか痒い場所で切れているので

背中がリアルに痒くなっております。


60クリック超えたら、でかいご褒美として

2名が韓国旅行が当たるんですわ。

今のとこ、達成5名だけ。

なんという確率なわけ?チャーンス。

締め切りが今月末。

地道に貼っておきます。



まだ参加募集しているらしいので

生・漢江を観たい方は、これからでもどうぞ。↓

http://www.walkerplus.com/viral/special/movie/guemuru/



そういや、夜の漢江の街灯が綺麗だったなー。

橋もひとつひとつ違った個性でライトアップされていて。


グエムル。は悲惨な姿の漢江のようで。

近々、劇場で観ます。

いやあ、それにしてもパニック大作って

ほとんど観たことがない。どう楽しめばよいのやら。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ついに美容院への勤務が決まったクムスン。

というところから25話。

最初副院長wのヨリさま(ウンジュ=イ・セウン)は

クムスンの合格を反対していたのに

あっさりク・ジェヒ先生が「いいんじゃないの?」と言ったから

無事合格。これも運命。


子供を義母さんにお願いして、念願の美容師へ

と思ったのもほんとうにつかの間。

義母さんが足の靱帯を伸ばしてしまって

全治一ヶ月。

結局は、またおばあちゃんが住むおばさんの家で

子供を預かってもらうことに~。

義母さんは義父さんから

「ほんとはホっとしてるんだろ?」なんて言われてたけど

心の底では、かわいい孫を預かりたいと思っていた

と信じたいなあ。


ま、そんなゴタゴタ最中に、長兄シワンは

るんるん(死語)デート。

次兄はモデルの仕事をしたいがために

宣伝用の写真撮影。それぞれってカンジ。


ハン尚宮さま=ヨンオク=ヤン・ミギョン=上品マダム

は、病気が悪化しているらしく

なにやら珍しく取り乱して・・。

夫の前だけで取り乱せるなんて

ほんと愛情深い夫婦だなあ、とヨダレ。

院長のつくえの中には「クムスン」の連絡先。

ヨンオクが以前産んだ子供がクムスンだ、ってことは

知っていたのか。


ヨンオクが入院している病院に

ジェヒも勤務しているわけで、

そこに青汁売りとして出入りして事故まで起こしたのが

クムスンで。

半径数百メートルの中で出会わないヨンオクとクムスン。

以前、道路で紙コップ拾っていたのを偶然ヨンオクは

目撃したわけですが、まったく通りすがりなだけで。


ちょっとは考えた行動をとるようになったクムスンだけど

26話の最後は、医師ジェヒに向って

「なんであなたはいつも偉そうなの?」と口走っちゃう。

あはは、クムスンだー。

天然素直で聞いちゃうクムスン・・・。


次回からは美容院偏ってとこなのでしょうか。

うーん、それにしても病弱なハン尚宮さまも

美しい。わがまま言っちゃうハン尚宮さまも

魅力的だ。

なんだか衛星劇場でヤン・ミギョンさまの

サイン色紙+セレクトラブソングCDの

プレゼントもあるようなので、あとでチェックします。


それにしても赤ちゃんフィソン役の子がかああいいい。

なんてタイミングのよい うなずきをするんだ。この子は!

この子の5年後に期待。




がんばれクムスン感想163話まで
http://ameblo.jp/natsuko/theme-10003372309.html
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
サントラ
UDON オリジナルサウンドトラック
麺通団
恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻

UDONを観て一週間。

これから観る予定のひとは、以下読まないように。


UDONを観る前のわが家は

「香川へ行こう。サマータイムマシンブルースのロケ地と

うどんを食べにね~!」と

四国の観光るるぶを買う勢いだった。

麺通団の本もね~、という勢いだった。

観てから一週間、もう誰も麺のことには触れない。

「ついで、かなあ」

と うどんはついでとなってしまった。

具体的には何も決まっていないのだが。


中学生と小学生はソコソコ楽しんだUDON。

わたしは期待を持ちすぎていたのだ。

今年の春に「サマータイムマシンブルース」を観て

なんだか期待していたのだ。

UDONを観つつ、「STMB」は奇跡だったのだ。

あれは、脚本の上田誠とヨーロッパ企画のワザだったのだ

とつおく実感。

アレを観たから「UDON」も観たわけで

アレを観てなかったら、このガックリ感もないわけで。

なんだか黒板純くんになっているわけで。


威張って書く。UDON こうして欲しかった。

・方言 ユースケサンタマリアは方言で全編喋るべき

・うどんを打つとき、髪は束ねてほしい 小西真奈美

・長い 途中でダレた

・トータスの歌 いらん

・キャプテンUDONのアニメ いらん


エンディング、壮大な「カルメン」の音楽なのだけれど

パっと音が止まってエンドロールも終わった時に、こちらとしては

拍手喝采をしたいわけですよ。

たぶん監督もソレを望んでいたはずだと思う。

でも、劇場はシラけておりました。どう反応すればよいのやら。

そのチグハグさ。

海外での上映だとウケるかもしれない。

というか、海外を意識しすぎた演出なのかな。

ナレーションもアニメも。


たしかに、パパが笑ったカットは涙がでましたが

涙を求めてUDONを観に行ったわけじゃないからね。

涙がでたら即感動、じゃないっすよ。

こちらを巻き込むなにか、があれば

「オアシス湯の建物を観に 香川まで行こうか」

となるわけです。

*オアシス湯=STMBに出てくる銭湯


期待してなかったら、ソコソコ笑えるだろうUDON。

当初の目的 ずっこけ3人組

与座嘉秋・川岡大次郎・ムロツヨシを堪能できたので

まあヨシなのですけどね。

ほんと、この3人は永遠の大学生で

できれば8年以上留年していただきたい。


「踊る~」で派生したキャラ主演映画がぶくぶく生まれるので

ついでで、ズッコケ三人組=Z3の

脱力主演映画を是非に観たい。


もしかしてUDONがDVD化されたときに

それなりにZ3の特集がおまけについてくる予感も

なきにしもあらず。


ポニーキャニオン
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
竹書房
波乱万丈 ~Missキムの10億作り~ DVD-BOX

おもしろい。夢中になってます。

なんだか感想を書くのももったないような。

おもしろいとアラスジを書くのが面倒になる。

そもそも、粗筋を書くのが苦手なんだけど。


ああ、人間関係のシガラミ。

ムヨル(チ・ジニ)の実家の土地を手に入れたいウギョン。

それは、ウンジェの元婚約者へ天文台を建ててあげたいため。

ウンジェ=ミスキム(キム・ヒョンジュ)は、

お金をためて、元カレの夢を叶えてあげようとするが

彼女につきまとうのが、チンピラ・チェ社長。

チンピラは、ムヨルの家の取り立て屋だったり。


このドラマで和むのは、ムヨルのママだ。

ありがちな韓国ママの意地悪さはまったくなく

屈託なくボケる。取り立て屋が庭で騒げば

「大道芸の練習なのかしら?」とお茶の差し入れ。

まったく生活感がないマダムで、ほんわかする。


6話は、前半の佳境かなあ。

花屋をはじめたウンジェ。ホテルの婚約式の仕事が舞い込み

共同経営のムヨルと盛り上がる。

でもその結婚式の主役たちは、自分をふった婚約者と

自分の上司になった女のカップル。

それを知ったときのウンジェのうろたえぶりが、感動した。

腰が抜ける状態、しかも婚約式の華々しいその場で。


しっかし、翌日、その元婚約者ヨンフン(ラブ~)は

心を残しているかのように、ウンジェと住むはずだった家の

近所に来ちゃうんだなあ。未練たらたらなのか。

それとも謝罪のため?

それに揺れるウンジェをみて、ただの同居人という名目の

ヨムルが、なんだかウンジェへの気持ちを変えていくようで。


自転車に乗りつつ、ウンジェがヨムルの背中に凭れるシーン

よだれ出てしまった。0.1ミリづつ背中に近づいて。

ああ、良いわ、大きな背中。自転車のスピード、背中。

それでよだれが出ないわけないです。めっちゃ好きな設定。

別の意味で、眠っていたウンジェもヨムルのセーターに

よだれつけてましたけど。


花屋の営業妨害が続いてどうなるんだろ。

早く続きがみつわわいい。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3
竹書房
波乱万丈 ~Missキムの10億作り~ DVD-BOX

以前2話まで見てました。

新作が旧作扱いになるのを待ってた。

な、「波瀾万丈」

実はGyaOで動画配信されてたのねー。

うは。もっと早く気づくべきだった。

だから、レンタル店でもいつも在庫があったのか。

ちなみに今週は9話~12話まで。

追いつかなくては!ラブコメ好きならば、満足。


金持ち女に婚約者を奪われたmissキム・ウンジェ。

カレを取り戻すために、カレの夢である天文台を手にいれるために

お金が欲しい。

父が投獄され、家の権利を獲られぬようにお金が必要な元ボンボンのムヨル。

このムヨル=ミン・ジョンホ=チ・ジニなのだけど

大家のおばさんは、チョンチェゴサングンさまで。

おほほ、というカンジ。

ウンジェとムヨルがヒョンなことから共同生活。

それもお金を節約するため。

元ボンボンなムヨルが無駄に水やらガスを使うたび

ウンジェのアタマの中で、小銭が落ちていく。

節約さんはいつもそう考えているんだな。


共同生活とはいえ、大家さんや同僚たちには

「夫と妻」ということになっていて

そこらあたりのズレ加減がわたしは好き。

脚本家ダイアモンド+ビリーワイルダーが好きそうな設定。


4話ではフラワーショップを開くまでに。1億ウォンで。

それってすごいなあ。

日々、無職続きのわたしには良い刺激に。

起業かー。それが10億ウォンになるっつーのね。


「チャングム」では、包容力のジョンホ様=チ・ジニが

このドラマでは歪んだコメディ顔を見せております。

そこも魅力。はじけすぎ。


それにしても、ヨンフン好きダー。

ウンジェを結婚式当日にふった男。

「ダンサーの純情」のカレ。天体オタクで

「天文台を作ってあげる」と金持ち女に言い寄られて

フラフラしちゃった情けない男なのだけれどもね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。