英語を短期間で無駄なく習得 奥村美里のブログ

英語を短期間で無駄なく習得できます。英語コーチング、コーチング、英語家庭教師、五歳児英語をキーワードに自信を持って英語を話せるようにします。
TOEIC 英検 海外駐在 ビジネス英語 英語 交渉 旅行英会話 海外旅行英語。東京・神奈川・全国・海外対応



NEW !
テーマ:
五歳児英語を学んでいる受講生の方から嬉しい報告が相次いでいます。

TOEICスコアは高くても
英語を話すことにはまったく自信がなかった
受講生の方からは

「今からイギリス人の工場見学に通訳として(!)
同行してきます」

という報告をもらったり、

「英語プレゼンを自信をもって引き受けて
ちゃんとできました。

もし5歳児英語をやっていなかったら、
他の人にお願いしたかもしれません。

自分の言葉でPPTを作り、
セリフを書いて練習して本番を迎えて。

ご報告が遅れましたが、
本当にありがとうございました!」


というご報告であったり。


五歳児英語ってすごく簡単な単語で
話せるようになるので

「ビジネスには使えないんじゃないか」

と思う方もいるのですが
そんなことないんです。


五歳児英語で

通訳もできるし
ビジネスプレゼンもできるし
英語面接も乗り切ってます。


中には五歳児英語を学んで
駐在や海外で働いている方も複数いらっしゃいます。


このメソッドがどんどん世の中に広がればいいなぁ
って本当に思います。



最短2週間で英語が話せるようになる勉強法を無料メールセミナーで公開中!
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
172万8千円
151万2千円
105万8千円
 93万円
 86万4千円

これ↑、何の金額かというと英語コーチ養成講座 3期の受講生がたった6週間で売り上げた金額。

しかも、この金額、
ほとんどみんな「副業」での金額(驚)

ちなみにこの講座、
まだ3か月目なのですが
すでに全体の74%の方が
有償クライアントさんを獲得。


残りの2割の方も
もう一歩なので頑張ってほしい。








ところで、私は

コーチは
クライアントさん本人以上に
その人の成功を信じるべきである

と思っています。

だって

コーチが
「この人には無理なんじゃない?」
って思っていたら
クライアントは絶対に力を発揮できないから。


人は、期待されたり、
「できるよ!」と何度もいわれると

「そうかもしれない」

って思う。

もちろんそれだけじゃなくて

コーチはクライアントが
成果を出すために
戦略を研究したり、
サポートしたり。


とくに
最初のクライアントさんは
本当に、がむしゃらになって
成功のサポートをする必要があると思う。

コーチは支援業なので
誰にでも向く仕事ではないと思う。

でも、自分以外の人の成功を
心から応援して喜べ、
そしてその方から感謝される。

こんな素晴らしい仕事って
他にはないんじゃないか、
とも思う。

なので3期の受講生のみんなは

今回、6週間で初めてクライアントに
なってくれた方を幸せにするべく
がむしゃらに頑張ってほしい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
give it a shot  やってみる、試してみる


Nobody knows if the project will be successful, but let's give it a shot!
そのプロジェクトが成功するかは誰にもわからないが、やってみよう!


英語 英語コーチング 英語コンサルティング


最短2週間で英語が話せるようになる勉強法を無料メールセミナーで公開中!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は英語コーチ養成講座の日曜日クラスでした。

6週間のクライアント獲得チャレンジの結果、
すでに約7割の方が有償クライアントさんを獲得。


副業なのに数十万円から200万円近く
の売り上げといった方も複数いらっしゃいました。


これから英語コーチとして
確実にクライアントさんに成果を出してもらうべく
指導していきたいと思います。



ちなみに、
英語コーチ養成講座の受講生全員に
とって今回のような、

「6週間で英語コーチングクライアントを獲得する」

っていうのは未知の体験でした。


こういう、

「やったことないことをやってみる」


これをコーチング用語で

「快適領域をでる = get out of your comfort zone」

といいます。



あなたが普段付き合っている人や
いつもいる場所、いつもやっている仕事、
また、過去に経験があることなど
安心できる状態のこと…


これを

「快適領域」(comfort zone)

と呼びます。


逆にそのパターンから外れる状態や
新しい経験を積んでいく。

つまり、

「えーマジで?これやるの?
ドキドキするなぁ…

ちょっとやだなあ」

ってことをやることを

「快適領域を出る」といいます。


で、ふつう、
人は快適領域を出るのを嫌がります。

だって、何が起こるかわからないし、
人からどう思われるかわからないし。


なるべくならば、
古いパターンのまま、暮らしたい。


でも快適領域にいる限り、

成長はほぼしないです。


だって、
行動が変わらなければ結果は変わらないから。

今までのパターンが
今のあなたを作ったからです。


なので、
新しい行動をとればとるほど
人は成長します。



だから
もしあなたが

「変わりたい」
「成長したい」

と思うのであれば

「今までとは違うこと」

「今までやったことないこと」

「ちょっと怖いなあ」

と思うことを進んでやってみることを
オススメします。


それが新しいあなたを作っていくことに
なるからです。


いいね!した人  |  リブログ(0)