近況報告

テーマ:

ちょこっとだけお久し振りです照れ

 

実は只今心機一転 引越しをしようと動いています。

ちょうど更新が切れるのも近いし、体調を考えて新しい環境で過してみるのも良いかなぁという期待を込めて。

日々忙しく新しい新居探しをしています。

 

やはり一番ネックになっているのが猫ミモザ。

猫って家に住まうと言いますよね。

あまりにも環境が変わるとノイローゼをおこしたら心配だし。

それに加え元々ペット可物件って少ないのですよね。

人間だけではなく、ペットにも優しい住まい探しをしています。

 

引越しってなにかとエネルギーを消耗しますよね~。

物件を探しているだけでやや疲れてしまったあせる

体調に無理のないように、折り合いをつけつつ頑張ります!

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

先日、導かれるようにある神社に行ってきました。

日本七社の一つ冠稲荷神社です。

場所的に遠いので「いつかいけたら良いなぁ」なんて思っていました。

稲荷という名前から分かるように白狐を祭っています。

縁結びの神様みたいなのですが…それ以外に健康成就もあるみいです。

パワースポットしても有名で、ボケの木が特にシンボル的な役割を担っているそうです。

私たちが訪れた時にはまだ咲き始めで、殆ど花は咲いていませんでした。

満開になったら素敵だろうなぁチュー

 

偶然そちら方面に行く機会があり、もしかして近いんじゃない?なんて調べたら本当に直ぐで。

こういうのも不思議なご縁ですよね。

まさか「いつか」と思っていたものが、こんなに直ぐに現実になるなんて。

おかげで良いパワー補給が出来ました。

また行きたいなぁ。

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

こんな感じで日々を過しております。

しばらくは引越しの準備等でバタバタすると思います。

こちらの更新もにぶーくなるかも。

 

それを踏まえたうえで、変わらずに見守っていただけたら幸いです。

新しいビジョンが光さすものでありますようにクローバー

AD

「以心伝心」のメカニズムってどうなってるんでしょうね?

 

例えば…

視覚

 ×映す:ただ視界に様々な情報を得る

 ○見る:例えば…相手の表情やしぐさをピックアップ

 

聴覚

 ×聞く:ただ耳に様々な情報を得る

 ○聴く:例えば…相手の歌声に耳を傾ける

 

こんな風に様々な情報の中から必要な部分に重点を当て

切り取り、整理し、活用している。

「以心伝心」が出来るか?はそのキャッチする能力

整理・分析能力が上手く合わさって初めて成せる業。

 

 

もう一歩進んで考えると…

人は無意識に潜在意識下でも情報のやりとりをする。
(あるいはエネルギーの交信と言いかえてもOK)

考え方の一つに「インナーチャイルド同士の交流」もあります。

 

例えば…初対面で会った人との会話。

通常は理性が働き、緊張しながらも相手の様子をうかがいながら会話をする。(建前)

「何を話せばいいんだろう?」「相手はどう感じているだろう?」と不安を抱えたまま。

けれども潜在意識は感じたままを受け取っています。

「う~ん、ちょっとこの人苦手かも」なんて思ってしまうかも。(本音)

表面的には顔に出さなくても、何となく苦手意識が相手に伝わってぎこちない会話になってしまった。

こんな経験はありませんか?

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

前回の話の中で私はある賭けをしていました。
もしも表面的に喧嘩をしていても、潜在意識が働いてやり取りがあるならば、

どんなに接触を絶っても相手から何らかの意思表示の行動があるはず、と。

本当にご縁があるなら目に見えない力が働くのでは?と。

 

結果は皆さんがご存知の通りです。

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

この世の中で一番恐ろしいものは何だと思いますか?
私は…「生きている人間の悪意」だと思います。
悪霊は祓えばいなくなるけれど、

生き霊は祓っても払っても何度でも気が済むまでやってくる。

しつこいよねw

 

 

想像してください。
例えば…悪意がだったとする。
イラッとしたり・嫌悪を感じた瞬間、その針を相手に向かって飛ばす。

(飛ばした方に自覚がある・なしに係わらず)

飛ばされた方は潜在意識下で「痛い!」と感じる。

飛ばした方は潜在意識下で「罪」を感じる。

こうやって悪意はお互いに交換・蓄積されてしまうのです。

 

当然 こんなの溜めたくないですよね。

だったらどうすればいいか?

抜いて回収すれば良い。
傷つけたことに対して「ごめんね。」と謝れば良い。
ただそれだけなのです。

簡単でしょう?

 

 

 

良い意味でも・悪い意味でも

実は「以心伝心」は自覚していないところで現在進行形。

どうか覚えておいてくださいね。





 

AD

人は被害者意識は持ちやすいけれど、

加害者意識に対しては鈍くなりがちですよね。

そりゃね、誰だって悪者にはなりたくないですものね、当然かな。

 

だからこそ、あえてそこに意識を向け、

自分自身が無意識に誰かを傷つけていないか?

きちんと立ち止まる事が重要なのではないかと思います。

 

例えば…

家族間で、このくらいなら言っても平気かな?と言い過ぎる。

夫婦間で、これをしても許してもらえるだろう?という甘え。

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

実は、先日こんな事がありました。

家族の体調を気遣ってあれこれ質問していたのに、

それに対して無視をされました。

自分にとって都合が悪いことを訊かれたから答えなかったようです。

さすがにこちらの思いをないがしろにされて、

とても腹が立ったし、悲しみでいっぱいになりました。

 

はい、切れました!

「もうどうでもいい。好きに生きれば良い。

 私も好きに生きます!」と宣言して、

その後は全てなかった事の様に振舞いました。

(あなたどちら様?みたいな感じ)

 

やりすぎかなぁとも思ったのですが、

自分の間違いに気付き、反省して欲しかった。

「人を傷つけた」と自覚して欲しかった。

同時に、この方法が正しいのか?と

ずっと自分自身に問いかけ続けました。

最悪、このまま関係が終わってもしかたないかと覚悟しながら。

 

数日が経ち、家族から謝罪の言葉をもらいました。

間違いに気付いてさえもらえれば良かったので、

直ぐに仲直りはしましたが…

敢えて私が切れたことも伝えました。

(場合によってはこうやって悪者になるのも必要ですよね。)

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ただ被害者意識を持つのではなく、

立ち止まり、自分自身も加害者になっていなかったか?

その正義は本当に振りかざして良いものなのか?

問いかけてみる。

 

そんな癖がついたら…

もっと冷静に物事を判断し、他者に優しくなれる気がします。

こういうのがアンガーマネジメントに繋がるんですかね?

 

ただし、加害者意識を間違った方向に向け、

自分を責めるために使わないで下さいね。

 

AD