古時計の館ーTAKOのブログ

主に18歳から20歳代の頃、詰まる所1990年代。そのころ、時計収集に凝ってました。現役、アンティークなどなど。今では、もうその頃現役の時計も皆古時計です。最近はほとんど時計を買っていません。欲しいのもありますが、高くて買えません。

NEW !
テーマ:

今日の一本

 

 

ドイツ空軍が戦後、ドイツが経済成長してより強固なスペックで作ったパイロットクロノグラフ。

 

ですので、ドイツ軍のパイロットクロノではWWII  ~  NATO  時代を通じて最も大きい44mmサイズです。

頑健さもその後のより上かも知れません。

WWIIの時のグラスヒュッテのが今は高騰してますが、戦後のはまだ手に入る?

でしょうか。

 

 

BUNDのマークなど幾らでも偽造できますが、この時計自体がミリタリー用なので、余り心配無いです。クロノはドイツ軍伝統のフライバッククロノグラフです。

 

このBUNDのタイプはSINN, HEUERなどで作られ155タイプです。外装、中身も同じで、説は色々あります。設計がSinn創始者で生産はホイヤーだったとか、それぞれ作り、最終調整はSinnさんがやったとか。

 

一番有力なのは、やはり企業規模と生産性からホイヤーが生産、Sinnが調整、設計もSinnではと言われてますが、ハテ。

 

 

 

車を買い替えで、結局家人の意見で、スバルWRX S4にしました。

 

 

 

スタッドレスなのでインチダウンして17インチにしています。

凍結路面が多い宮城方式です。

 

恐らく結婚してから、家人が決定したのは初めてという車。

 

 

今回の買い替えでは、当初は僕は当初ゴルフRを考えてました。
今回は娘もAT免許をとり免許持ちが4人になったので、小型車、かつ4WDが良いということからです。
が、乗り換えるからにはBRレガシーワゴン以上には動力性能が欲しくもなります。僕の場合は、実際1〜2人乗りで家族バラバラに使いますので、大型の車は必要ありません。
ワゴンに拘っていた天体写真趣味も暫くしてませんので、セダンかハッチバックにしようとしました。今は箱車(日本版変則ミニバン)、と小型SUVが人気なのとハイブリットブームで案外ありません。
ただ、ゴルフもGTIまでは未だ許せる価格ですがRは高すぎかなとは感じてました。
 
 
WRX S4をスポーツ系乗用車 と考えると比較対象は、
 
1) 同じスバル レヴォーグ 2.0 ターボ
 
2) VW ゴルフ R
3) BMW M240 クーペ (iもありますが)FRは致命的だが
4) ルノー スポール 273 フランスは避けたい 
同じ形の安いのをレンタカーで乗りましたが新車だと楽しかった。
5) 本田 シビック タイプR メイド イン イングランド
6) レクサス IS350  珍しい日本の小型スポーツセダン FRはやはり避けたい。
 
 
ISはハイブリッドを押すトヨタの為、ハイブリッドメインになりつつありますが、350は(燃費を無視すれば) 良い車だと思いますよ。FRだけなのが、苦しいです。
 
といった感じで、余り日本車には似た車は無いです。シビックもイギリス製だし。
関東に居た頃なら、選択肢は未だありましたが雪国にFFはともかくFRは厳しいしFF車は大抵4WDがあります。
 
 
家人決定の割にパワーがあるので心配しましたがモードを普通のIモードにしておけばマイルドな車です。ターボが低速から効くのでトルクがあり昔のターボ車みたいないきなり加速という感じはありません。低速から加速は良いです。逆にゴルフRのターボは古臭く急にドーンと来ます。
 
 今の車としては。燃費は街中では最悪です。高速では14kmはいきます。2世代前のBP3L レガシーよりは高速はましで街中もまし。
BRワゴンとは同じエンジンながらセッティングの為か、街、高速共に悪いです。
 
 
水平対向はそもそも燃費悪いですが、現行レガシーB4より遥かに悪いですね。
 
メーターが280kmはちょっとジョークでしょうか。
 
心配していたCVTは進化しており、違和感はほとんど無いレベルです。
CVTは回転が上がるのと加速が一瞬ずれますが、スポーツモードではまず判りません。10年前の普通のATよりダイレクトな感触はあり、技術の進歩は凄いです。
 
車体は剛性の塊みたいな車ですが、ビル足にしたので乗り心地は車体剛性の割には良いとしか、言えません。(苦笑)
決して助手席なら良くは無いでしょう。
僕はスポーツカーは若い頃に少し買ったのですが古い設計ばかりなので、こういう剛性はまるでスポーツバイクみたいです。
 
STIとSS CBR1000RRの公道での闘いを馬鹿みたいにやっているのが乗ってますがロシアでしょうかね。80年代の日本みたいだな。
 
 
1-100kmが5sのWRXと2sのCBRじゃ格が違いすぎます。 CBRに対するにはフェラーリの488の2.5sが丁度でしょう。
 
凄い車ですね。
本気でCBRに加速で競うなら812かな
ちょっと不細工ですが800psは伊達じゃない。
 
 
雪道にも突撃しましたが、剛性、AWD, トラクションコントロール、ブレーキコントロールもあり、かなりの速度でも安心して突っ込めます。(そんな事する歳でもありませんけど)
STIでボブスレーコースを走っちゃったビデオがスバル公式に乗ってましたが、

 

 
スバルもアホですね。公式HPにトヨタなら載せませんね。

 

こういう走り方が出来るのは、判る気がします。車体がまったくどの方向でも捩じれない。そのため、余り怖く無くこういう所を突っ走れる。車はバイクと違い剛性が高い方が直線もカーブも楽ですね。
 
しかし、そのために公道でヒラヒラと舞う様なロードスターのカーブの楽しさは無いです。ロードスターって長い歴史で未だにヒラヒラなのはマツダクオリティーと言うより、わざとだと思うんですね。RX-7は硬いですから。 
 
セダンとして大人が4人乗るには快適な程広く、幅があるので助手席とも離れレガシーワゴンよりも広い感じです。 
後部の椅子も良いですし運転席のポジションはBRワゴンよりもストレートにアクセル、ブレーキにアクセス出来るので腰にも良さそう。
 
 
一応革シートということになってますが、今のスバルの革シートは真ん中はヌバックみたいな人工皮革でサイドだけ革。前はスバルの革シートはまあまあ良い革ですが逆に35万プラスとか高かったのですが、今は安く滑らない代わりに中途半端です。 
僕は革シートが好きなのは単に布より汚れないからで、この人工皮革はヌバックみたいなだけに汚れそうです。
 
セダンとしてはトランクは470Lのスペックにして形が悪く実質は狭いです。 
ゴルフ2人では難しいかな。というレベル。
 
WRXは以前はインプレッサベースでしたが今は専用ボディーです。
 
昔のB4レガシーセダンの代わりにS4を使えるか?
 
は疑問です。まずトランクが小さいのと剛性が強すぎ、遮音材を減らし軽量化しているので、普通の中型セダンB4 の静粛さは無いのとやはり運転者以外の乗り心地は良くは無いです。今のB4は大き過ぎなのでインプレッサG4が適度なセダンなのが今のスバルですね。 
 
S4をファミリーセダンとしてお勧めできないのは、遮音の低さで今のインプレッサ以下です。子供が小さいなら辞めた方が良いかと。
以前、まだ車に夢が有った頃、結婚してもちょっとスポーティーを求め、家族との妥協ラインはスカイラインでした。
しかし、S4はスカイラインの乗り心地、静けさも無く、兎も角家族で乗る時騙して買っても奥さんが後、嫌がるでしょう。我が家ももう勝手にそれぞれ乗るから関係ないですが。運転手のみが楽しいAT車です。
 
iSightは3になりかなり便利らしいのですが追随クルーズしか試していません。
これは高速でも便利ですが、案外街中で40kmに設定すると、スムーズな自動運転みたいで楽チンです。
 
 
iSightとかドライブレコーダーなどが、最初から運転時まで五月蝿い。ので、切る人も居るみたいだけどiSightは便利ですからね。
 
マニュアルも厚いので読む気無くすんですよ。 衝突回避などはディーラーの試乗車でやりましたがiSight2までよりスムーズです。
 
AT限定としては(燃費を除けば)案外当たりの車だった感じがします。 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。