主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎、二郎亜流店、二郎インスパイア店で食べたラーメンの事を書いていくつもりです。

ラーメン二郎で未訪問店は代々木・町田・札幌です。
代々木・町田はもう不可能なので、札幌だけはそのうち行きたいと考えています。
NEW !
テーマ:
ラーメン二郎荻窪店に行きました。


ちょっと前の金曜日の夜のことです。





少し風邪気味で喉が痛かったりしたのですが、ニンニクたっぷりのスタミナ食で元気を取り戻そうとやって来ました。


後で聞いて知ったのですが、喉が痛い時はニンニクなどの刺激物は良くないみたいです(諸説あるのかも知れませんが)。勘違いしていました。はい。





到着は21時45分くらいでしたが、並びは15名くらいいて、並んでいる最中に閉店時間である22時を迎えました。


荻窪店は22時までに並んだ人まで食べられる方式をとっている(早じまいなし)ので、とても安心して訪問できるお店になっています。


この日も僕の後に5人くらい並んで終了と。





並びの前の人が食券を買いに行くのに続いて僕も食券を買いに1度店内へ。


荻窪店では次回ロットに含まれる時に助手さんがお店から出てきて、並んでいるお客さんに対し麺の量を聞く場合があります。


その際に「小」や「大」、「麺少なめ」や「麺固め」などの麺量のリクエストや後から調節の出来ないマイナスのリクエスト(油少なめとか味薄めとか)をしたい場合には、あらかじめこのタイミングで申告しておく必要があります。


ちなみに僕は荻窪店ではマイナス方向のリクエストをしたことがないので、お店にリクエストが通じるかどうかは良く分かっていません。


僕の記事を参考にして実際にお店に訪問される方はほぼいないと思っていますが、僕の記事は適当に思った事を書いているだけなので、あまり訪問時のご参考にはなさらないでください(?)


さて、僕が購入する食券は紺色の一番スタンダードな小ラーメンのソレです。


食券は旧荻窪店からのモノもあるので、片面だけメタリックなラインが入っていたりします。


旧荻窪店の食券は1本ラインは豚入り、2本ラインは豚ダブルと本当に分かりづらい食券でした。


裏面を上にしてカウンターに提示すると当時の助手さんに「この置き方じゃあわかりません!」って言われたりなんかして。





ちなみにこの写真がだいぶ古いのですが旧荻窪店の券売機。スマートフォンの写真フォルダに残っていました。


目隠しされているのは「つけ麺」と「ぶたのつまみ」だったかな……。


色んな意味で味がある好きなお店でした。


そんなこんなで席が空いて、22時をはるかに回った時間に着席となりました。





開店1年を迎えていますが、店内はまだまだキレイな状態を保っています。


店主さんがキレイ好きなのか開店時からいる女性助手さんのお陰なのか。多分両方なんじゃないかな。と。


席についてしばらくBGMのJWAVEを聴きながらボーッとしていると、トッピングを聞かれその後にラーメンが配膳されました。





小ラーメン\700+ニンニク少し+野菜です。


豚の存在感がスゴいなぁ。





野菜の山の稜線に崖のように貼り付いている2枚の豚は、荻窪店で経験した過去最大サイズかも。


ある程度の歯応えがある肩ロースは荻窪店独特のモノで、スープに浸してから食べるととても旨いんです。





豚に隠れて見えていませんでしたが、野菜もキャベツの含有率が50%ぐらいあって、いつもと食感が違いました。


キャベツたっぷりのお好み焼き(生地薄めでキャベツが蒸し焼きにされた感じの……広島焼き?)を食べている感覚に近いような。





ニンニクは刻みの細かいのがリクエスト通り少しだけ。





スープは乳化はしていますが、醤油の効き方は若干控えめでした。


まぁ、薄いと感じる場合には卓上にある醤油ボトルで調節すれば良いだけだったり。


キャベツ中心の野菜に1周ほど醤油を回しがけて、レンゲでスープをかけつつモシャモシャと食べていきます。


そしてある程度野菜を食べ進めたところで天地返しを。





ピンとコシのあるイメージの荻窪店の麺が顔を出しました。





スープとニンニクが絡まった麺がとても旨い。


麺量は二郎標準から考えても荻窪店は多い部類であると思っていて、それに加えて茹で加減は固め傾向に振られていて、食べごたえのある豚とキャベツでなかなか苦しくなりながら完食となりました。


ロットの順番で言うと真ん中くらいのスピードで食べ終わった僕は、カウンターに丼を上げつつご馳走さまでした。と店主さんと助手さんに告げてお店を出ました。





すでに電気が消されている看板を見上げながら、これから訪れる週末に何をしようか(休日出勤の合間にどこに食べに行こうか)考えたりして、また来た道を引き返して行ったのでした。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。