主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎、二郎亜流店、二郎インスパイア店で食べたラーメンの事を書いていくつもりです。

ラーメン二郎で未訪問店は代々木・町田・札幌です。
代々木・町田はもう不可能なので、札幌だけはそのうち行きたいと考えています。

テーマ:
ラーメン二郎栃木街道店に行きました。


平日の夜のことです。




10月の末くらいのことで、到着時にはそこそこ外に待っているお客さんがいました。


あまり回転が良く無いのは理解しているので、スマートフォンを音楽プレイヤー代わりにして退屈な待ち時間を紛らしたり。


これからどんどん寒くなるので防寒をしっかりしないと外待ちはツラいなぁ。




やがて店内に入って券売機の前まで。


つけ麺が終了したのとほぼ同時に復活した「かつおくん(魚粉)」が今回の目当てです。


小ラーメンとかつおくんの食券を握りしめて中待ちのイスで待機。


並び初めてから約1時間くらいかかってからカウンターにつくことが出来ました。




人気店に付き物ですが、待ち時間長かったなぁ。


厨房の中には店主さんと女性助手さん。


店主さんは茹で上がった麺にトッピングを施してから女性助手さんにラーメンをトス。そこに女性助手さんがかつお魚粉をワーッと振りかけて完成です。




小ラーメン¥700+ニンニク+脂+かつおくん¥100です。


かつおくんのインパクトがなかなかです。




ニンニクはここにあるのですが、魚粉がかけられているから視認しにくいですね。


野菜は増量をお願いしませんでしたが、元から結構な量が盛り付けられているので十分。


よっぽどお腹が減った時以外は増量しないで良いような気がしてきました。




スープは比較的乳化が進んでいてそこにトッピングした脂と魚粉が混ざり合ってとても旨い。


二郎の本流からは離れて行ってる味わいですが、旨いモノは旨いなぁ。と。




豚もコレだけ入っていて、柔らかさも味の染み込み具合なども含めて総合的なクオリティはなかなかのレベルでした。




早い時点で天地返しを行いました。




麺は若干細めに感じられて、茹で加減は少し柔らかめ。


食感はムチムチしていて脂と魚粉が溶け込んだスープが絡んで、麺を口に運ぶ手が止まりません。


このラーメンが「二郎のど真ん中ストレートか?」と言われれば決してそんな事は無くて、「ストライクゾーンに入る変化球」なのでしょうが、たまにはこういったメニューも良いよな。なんて思ったりします。


量的にはちょうど良くて、とても満足して完食となりました。




TAROなど様々な引き出しがまだまだありそうな栃木街道店。「汁なし」なんてあったとしたら是非とも食べてみたいです。




帰りのサービスエリアでお土産をちょっと覗いてみましたが、2週に1回くらい栃木県に来ているのにプラスしてそもそも誰にお土産買うんだろうか。と思いましたね。はい。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。