7回奈良術中神経モニター講習会

~知って得する術中神経機能モニタリングの秘訣とコツ~

 

日時:平成2963日(土曜日)

   午前10時~午後1210分:ワークショップ

   午後1250分~1730分:講習会

 

場所:AP大阪駅前梅田1丁目

   大阪市北区梅田1丁目1212号,東京建物梅田ビル地下1F2F

 

URL:https://www.tc-forum.co.jp/kansai-area/ap-osakaekimae/oe-base/ 

 

費用:1日 8000円(昼食付き:予約制)、午後のみ 5000

定員:120名 

 

 ワークショップ:満員御礼!!大盛況により定員に達しましたので受付を終了させて頂きました。

講習会においては、まだ、少しの空席があります。そろって申し込みください。

 

<プログラム1> 

初心者のための神経モニタリング(装着法、刺激法、適応、波形の読み方)

10:00-11:00        運動誘発電位 (30)・視覚誘発電位(30)

 奈良県立医科大学附属病院中央臨床検査部 高谷恒範、山本さよみ

 

11:10-12:10        体性感覚誘発電位(30)・聴性脳幹反応(30)

 天理よろづ相談所病院 小林昌弘, 花尻康人

 

# 参加者の方々からのコツのご意見交換もお願いします。

 

12:10-12:50   ―休憩―    (機器展示 :商品説明)

 

<プログラム2> 

神経モニタリングの基礎と秘訣

12:50  開会の辞

 

13:00-13:20

脊椎脊髄の解剖を知るとモニタリングがおもしろくなる!

奈良県立医科大学整形外科教室 田中 誠人

 

13:20-13:40

脳解剖を知るとモニタリングのコツがわかる!

奈良県立医科大学脳神経外科教室 松田 良介

 

13:40-14:00

手術室での神経モニタリング成功の秘訣は?

奈良県立医科大学中央臨床検査部 高谷 恒範

 

14:00-14:20 休憩

 

14:20-14:40

脊椎脊髄手術におけるフリーランEMGの考え方

奈良県立医科大学整形外科教室 重松 英樹

 

14:40-15:00   

顔面神経モニタリングの意義と実際

奈良県立医科大学脳神経外科教室 本山 靖

 

15:00-15:20

大血管手術での運動誘発電位モニター成功の秘訣は?

奈良県立医科大学麻酔科学教室 阿部 龍一

 

15:20-15:40    休憩

 

15:40-16:25     特別講演 Ⅰ

座長:奈良県立医科大学脳神経外科教室 本山 靖

演題:脳外科手術における神経モニタリングの秘訣とコツ!

演者:福島県立医科大学 脳神経外科教室 板倉

 

16:25-16:40   休憩

 

16:40-17:30         特別講演 Ⅱ

座長: 奈良県立医科大学麻酔科学教室 川口昌彦

演題: 術中脊椎モニタリングの実際と問題点

演者: 関西医大総合医療センター 整形外科  齋藤 貴徳

 

17:30                   閉会の辞

 

 

 

お問い合わせ先

奈良県立医科大学附属病院 中央臨床検査部内

担当: 高谷 恒範

Tel 0744-22-3051 (内線4240)

AD

「第24回奈良県医師会麻酔部会学術講演会」

日 時 : 平成29年3月18日(土曜日) 14:00~

場 所 : 奈良県医師会館

<一般演題>


ベルランド総合病院 堀内 俊孝 先生


市立東大阪医療センター 山村 祐司 先生


奈良県総合医療センター 小川 裕貴 先生

 

奈良県立医科大学附属病院  玉置 有美子 先生



<教育講演>

演 題 : 臨床疫学について

演 者 : 奈良県立医科大学麻酔科 学内講師  田中 優 先生



<特別講演>

演 題 : 新しい麻酔科専門医制度に対応するために
演 者 : 順天堂大学医学部附属順天堂医員 麻酔科・ペインクリニック講座

     主任教授 稲田 英一 先生

 

 

 

AD

第7回 奈良痛みを考える会のご案内

 

日時 : 平成29年3月4日(土)16:45~

 

場所 : 橿原ロイヤルホテル2階「明日香浄御原の間」

 

特別講演Ⅰ

演題 : 整形外科医が再認識して欲しい腎機能評価と鎮痛剤の選択

演者 : 独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院

勤労者骨・関節疾患治療研究センター センター長 今村 寿宏先生

 

特別講演Ⅱ

演題 : 術後痛と遷延性疼痛:メカニズムとSubacute pain service

演者 : 信州大学医学部 麻酔蘇生学教室 教授 川真田 樹人先生

 

 

 

 

 

 

AD