奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

NEW !
テーマ:



古民家ではない普通の新築の家です。

土台と大引の上に根太という部材を打ち付けています。

この上に床板を貼るのですが、最近あまりこの方法は

採用されません。

昔は全てと言っていいほどどの家もこのように床下は根太

を使っていました。

2階の床も同じく梁や胴差の上に根太を打ち付けて床板を

貼っていました。

丁寧な仕事となると梁を欠きこんで根太を落とし込んで作っ

ている家もあります。




この根太の上に床板を貼っていくのですが、今は土台や大引

の上に直接合板を貼って、その上に床板を貼るのが主流に

なっています。

そのほうがおそらく効率がいいのと床の剛性が取れるからです。

特に2階などは2階の床全体が一枚板のようになるので耐震上

有利です。

床板も2重になるのでしっかりとした感じがするのですが、合板

を使えばこそできる方法です。

なるべく新建材を使わずに造ろうとすると自然とこの方法になります。

2階の床の剛性は火打ちという斜材でカバーします。

この根太ですが、何でもない材料のようでこれが細いと20年、30年

経過すると床がフワフワしだします。

いきなり落ちることはありませんが、家を長持ちさせるには大事な

部材です。

写真は桧の6㎝角を使っています。



杉の床板を貼ったところです。

厚さは3cmあります。

直接根太に貼るにはこれくらいの厚さが必要になります。

12ミリの杉板(下貼り用)を貼ってから、15ミリの仕上げの床板を貼る

こともできます。

30ミリの材料は高くなるので材料費を節約するときはそれでもいいと

思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。