(その1の続きです)

 

 

小山凱旋野外ライブ。本当にこれほど一つ一つを鮮明に覚えているライブはない

くりちゃんとキーンくんの表情一つ一つがとても記憶に残っている。

ちょっといつもと違う浮かれぐあいすら見えて、すごく幸せを感じて

 

映像では小山も鹿屋もお客さんへと振られるカメラが多く、お客さんの表情もたくさんたくさん写ってた

ものすごく楽しそうでものすごく弾けてて。

 

とにかく人がたくさん捉えられた映像で。裏で支える圧倒的な数の、このライブを作り上げた様々な人たちのチカラ。

それを見て思い出していた。

ステージの上に立つ人、それを支える人、お客さん、踊LOCCA、ライブを作り上げるすべての「人のチカラ」をものすごく見えて強く感じるところがとても特別なライブだった

だから私はすごく幸せだと思った。ここにいることが。

 

鹿屋凱旋野外ライブ。私は行っていない。

この時、最高の後悔と最大の後悔について、ものすごく思った

最大の後悔は、きっと「行けばよかった」というもの

ああ、そんないいライブだったんだ、そんなセトリだったんだ、演出だったんだ、そんなことがあったんだ、じゃあやっぱり行けばよかった、と後にすごく思うことは最大の後悔なんだろう

だけどそれは頑張れば行けた、ということに尽きると思う。この頑張り度合い(というと語弊があるかもだけれど)は人それぞれで、気持ち一つだったかもしれないし、金銭面、仕事面、家庭面、体調面、ありとあらゆる様々な事情があるけれど、調整度合いによって行けた、という前提があって、行けばよかった、となると思う。それでは後悔するだろう

だけど、何をどうあがいても行くことができなかった、となれば、それはもう覚悟ができる

そうなればもう天候や体調やステージやあらゆるコンディションが最高でとんでもなくいいライブになることを!とそれだけを願う。心から。

ああもうとんでもなくいいライブだったんだね、想像の100倍以上だよ、最高だね、ああ、そこにいれなくて悔しいね!と、ライブ後に思わせてもらうことが、最高の後悔だと私は思う

だから私は、鹿屋のライブのライブ前もライブ中もライブ後も、ずっとずっとああ最高だね!行きたかったよ!と思っているけど、行けばよかったとはならない

そしてどんな事情があろうと「来たか」「来なかったか」なので、「行けなかった」ではなくて「行かなかった」となる覚悟をもって初めて最高の後悔となるんだと思う

 

私が小山ライブのことをとても特別に思うことのもう一つが、ライブそのものだけでなく、前日から通して短くとも2日間の時間を過ごした小山がとても楽しかったからだ

諸事情によってなかなか泊りではライブに行くことができない

でもやっぱりまっすぐライブ会場に行って終わってすぐトンボ帰りしてくるだけではあまりその土地に行った気がしていなかった

ムリクリ名物だけは食べたとしても笑

55ツアーまでは一人でダッシュで行ってダッシュで帰ってきていたことも多かったから

 

少しでもちゃんとその土地を歩いて、その土地の人と話をして、C&Kを通して知り合った友だちとその土地で語って

そうするとそこはもう思い入れのある知った土地になって、大切な共有する記憶と思いができて、なにかのおりにふと思い出し大切に思う土地になる

それがJIMOTOなんだと思う

 

自分が行っていない以前のライブDVDはただただ楽しく、自分が行ったライブDVDはそのライブが蘇って楽しく、自分がその土地をちゃんと歩くことができたライブDVDはその土地ごと思いを馳せることができて気持ちが丸ごと持っていかれる

 

友人もそう。C&Kでつながったたくさんの土地の友人たち。

まったく行ったことのない知らない土地はたくさんある。でも、その土地の名前を聞いたときに、以前とは全く違う感情で思うことのできる土地がたくさん生まれた

その土地の名前を聞けば思う友人がいて、行ってみたいと思う土地がそこかしこにあって

気持ちが通り過ぎない思い入れのある土地、誰かを思い出す土地、自分が辿ってきた郷土と同じように思えればそれはもうJIMOTOなんだと思う

 

C&Kが何十年という長いスパンで考えている、地元です。地元じゃなくても地元です。日本全国地元化計画。

都道府県よりももっと細かい市町村単位で。

今回、小山と鹿屋という点と点が線になってつながったように、日本全国がどんどんつながっていって、縁の円になっていく

自分たちの町にもね、いつかきっと訪れてくれるだろうし、同じようにつながっていく。

楽しみだね。思っただけでワクワクする!

 

さて、明後日は鹿児島!

地元化、しに行きますよーう!

 

 

 

 

なんだかその2においてはもうJIMOTO×JIMOTOの感想ではないのかもしれないが・・

それにしてもコロラドは個人的にすごくうれしかったなー・・

 

2017年8月26日 CLIEVYの地元、栃木県小山市で開催された小山凱旋野外ライブ

2017年10月14日 KEENの地元、鹿児島県鹿屋市で開催された鹿屋凱旋野外ライブ

2万5000人を動員した2つのライブがミックスした、C&K ライブDVD「JIMOTO×JIMOTO」が3月21日に発売になりました!

 

 

今までのC&KのライブDVDは頭から終わりまで敢えてのノーカット収録だったのが、今回は小山と鹿屋の2つのライブを大胆にミックスさせた映像となっていた

 

C&KのライブDVDではまったく初めてのもので、くりちゃんが言っていた、赤と白を混ぜても赤白にはならない、混ぜてピンク。1+1が別なものになる。そんなものをつくりたかった。と

第三のライブと位置付けられたライブDVD

 

そして織り交ぜられたドキュメンタリー映像

CLIEVYのドキュメンタリーは地元中の地元、小山で。

KEENのドキュメンタリーは地元中の地元、串良で。

それぞれをつくりあげてきた地元の縁の場所でだからこそ出てくる言葉があって、表情があって、思いがあって。

 

JIMOTO×JIMOTOの意味。混ざってつながる意味。つながって混ざる意味。

 

大胆にカットしてミックスしたライブ。入浴の手作りMVのときみたいな遊びも組み込まれていたり、CKTVの超スペシャル版みたいな感じも。

どの曲を使うか、は相当に悩んだのかもしれない

私にとってはかなりうれしいものがたくさん

行った小山での鮮明に覚えている一つひとつが入っていたり入っていなかったり

行かなかった鹿屋はもちろんすべてが魅入る一つひとつであって

今までと違って、ふたつのライブのフル映像ではないのだけれど、私は自然と第三のライブというのに納得していた

もちろん小山も鹿屋も小出し映像に期待はしているけれど笑、まさにライブはその日その時限りのもの

ライブが気持ちを伴って感覚として蘇るのはその日その時にそのライブの現場にいたから

ライブをライブとして観るのはその日その時にそのライブの現場にいなかったから

現場で生でその時間、空間を体感し共有したから感じたもの、記憶、映像とは違う角度で鮮明に残るもの

だから映像にない小山の一つ一つを覚えているし、映像にない鹿屋の一つ一つを知らない

それでいい

だから生のライブに全力で行くのだ

 

ドキュメンタリーでもふたりともやっぱり歌っているのが印象的。常に音楽。

栃木、小山と。鹿児島、鹿屋は串良と。別々の場所で育ってきたふたりが湘南キャンパスで出会って。

これもまた60億分の1の奇跡。

ふたりのお互いに対する絶対感が私は本当に大好きで。

くりちゃんがキーンくんにすら内緒でライブでサプライズを仕掛けるのはキーンくんが絶対にそれを受けてくれるのがわかっているからで

お互いがそれを楽しんでいるからで

ライブのヒリヒリ感が好きってよくふたりとも言ってるけど、山盛り自分たちで仕掛けてるもんなぁ!

ふたりだけの音、間合い、空気感、じゃれあい笑、お互いに向けられるニヤニヤ笑いとくしゃくしゃの笑顔。それをずっと見ていたい

 

ライブで曲中にたくさんくれる言葉も

あらゆるところに散りばめられるメッセージ

ふざけたなかのシリアスなメッセージ。その日その時だけに生まれるメッセージ。ちゃんと受け止められるようにいたいな

 

それにしても鹿屋市役所ダンサーズはすごかった!

大人の本気とはこれのことか!!人のチカラだけでつくる最高峰の演出を見たよ!!

鹿屋カンパチロウも!せんとくんを初めて見たときとおなじくらいの衝撃だよ、カンパチロウ!

せんとくんのダンスもキレッキレなのだが、カンパチロウといつかコラボしてもらえないかなーどんなつながりをつくれるだろうかー

 

アフターパーティの様子まで垣間見られたのがうれしかったな。アフターパーティまで含めてC&Kのライブなんだね。いつか混ざれるといいな

 

 
(そんなはずはないのだが、アメブロの文字数制限越えたと出てしまうのでその2に続きます・・)

はっ!

なになに?!

もしや?!

鹿女あをによしーーーー!!

 

うふ❤

 

ってことで、ほんとうにクオリティの高すぎること山のごとし、の山笑う雑貨店さん制作の鹿のカブリモノと森あめのさん制作の夢の巨大鹿せんべいで、遊んでみました。(完全アテレコ)

みなさまも思う存分パシャパシャ☆していただけましたでしょうかー?!

 

春うらら。日曜日はとてもいいお天気となり、桜も咲きだし、絶好のイベント日和となりました。

開始前からたくさんのお客様にお待ちいただき、開催時間中、終日ほんとうにたくさんのお客さまにお越しいただきました

KAKU SHIKA MARKETに遊びに来て下さった方々、ありがとうございました!

 

東京や横浜から遊びに来て下さった方々も。

たくさんの方とお話させていただき、とても楽しかったです!

ソラハナ堂のコたちも鹿先輩もほかのコたちも、ほんとうにたくさんお手に取ってもらい、連れ帰っていただくことができました。

どうぞくたくたになるまで可愛がってやってくださいね。

 

あなたのハッピィライフが、さらにちょこっとハッピィになる

そんなハッピィスパイスとなれますように

 

 

終日本当にバタバタとしてしまい、写真がまったく撮れていませんでした^^;

最近、自分のブースの写真すら撮りそびれております^^;

 

KAKU SHIKA MARKETのにぎやかな様子、ブースの様子など、たくさんの写真がならしかの休日Facebookページに上がっております。

ぜひ、ご覧くださいね!

 

 

鹿まみれの一大イベント!「ならしかの休日」は今年も奈良の鹿愛護月間の11月に開催予定です。

今年は5周年。楽しみですね~(^▽^)ノヤー♪

 

 

本日、ならしかの休日プロデュース、KAKUSHIKA MATKET 開催です!

てんやわんやしているうちに、お知らせがなかなかできておりませんでしたが、そうとうすごいことになっています!

雑貨隊、飲食隊、ともにかーなり魅力的なお店が集結ですよ!

こんなに出ましたっけ?!

あれもほしい!これもほしい!ヤバイです!食べきれないです!え?

 

自由にお写真撮りまくりポイントの目玉としては、先日ご案内しておりました巨大鹿せんべいパネルに加え、山笑う雑貨店さんが、なんと!鹿の被り物を!

これがまた!すっごいリアルかわいいタメイキものですわーさすがですわー

 

ならしかの休日Facebookページにて、怒涛のお店さま紹介がされています

ぜひ!ご覧ください

今すぐ行きたい!が満開です!

(この段階になると毎度、私もちゃんと写真いくつか撮っておけばよかったー自己紹介もうちょっと・・うんぬんかんぬん・・と思うのですよ・・)

 

ワークショップもありますよ~!

 

本日はとてもいい天気予報!

情報館の目の前の佐保川の桜も咲いてきているようですよー

春うらら。1日限りのマーケット。

ゆるりふらりと。どうぞ遊びにおいでませ~(^▽^)ノ

 

 

KAKU SHIKA MARKET

2018年3月25日(日)

10:00~16:00

奈良県立図書情報館 2Fエントランス (入場無料)

弥生の宴。ぶじ終了いたしました!

朝はかなりの雨が予想されましたが、開始時間前にはパラつく程度になり、傘の必要ない時間帯も多いお天気となってくれました。

おかげで遊びに来て下さる方も多く、ほどよくゆったりとした弥生の宴となりました。

 

お話させていただいた方々、ソラハナ堂のコたちを連れ帰ってくださった方々、ありがとうございました。

どうぞあなたのハッピィライフがさらにちょこっとハッピィになる

そんなハッピィスパイスとなれますように^^

 

 

昨日までの営業となるつむぎさんのマフィンも食べれてよかったなぁ

燻製コーヒーや和カレーやおでんも・・

イベントに出店すると、どれもこれも食べたくて。そして食べたいものはぜんぶ食べる。笑

手ぬぐいやもんぺもいいの見つけちゃったよう~うふ♡

ファッションショー見に行きたかった~

 

 

教授がお写真撮ってくれましたー

ポラロイドはボンヤリ写るところがとってもいいね!笑

今日からゆるやかに始まりました「小っちゃい春」展
午後からお邪魔しておりました
お話させていただいた方々、ありがとうございました
在廊しにいったのか、おしゃべりしにいったのか、笑

いつもわりと渋めな笑ソラハナ堂。
今回はふだんあまり使ったことのなかった明るい色や柄をふんだんに組み合わせて。
ちょっと新鮮です。笑
どうぞお手にとってご覧くださいね^^ 


明日、3月15日より、森のいろさんにて「小っちゃい春」展、はじまります*

 

今日は搬入に行ってきました

続々と作家たちが集って、森のいろの空間がすっかり春色に

ちっちゃなトキメキがいっぱいです

 

明日は午後よりお邪魔している予定です

春の陽気になりそうですよ

ゆるりふらりと。 どうぞ遊びにおいでませ~(^▽^)ノ

 


 

 

小っちゃい春

色と、せいかつ雑貨「森のいろ」さんにて

3月15日~24日の木・金・土曜日(6日間)

11:00-17:00

さて。KAKU KAKU SHIKA JIKA の展示がいよいよ明日からスタートします!

今日は、ディスプレイのお手伝いに行ってきましたよー

 

ばーん!天井から鹿せんべいも揺れております!!

 

写真家Naturaltime+mさんの奈良の美しい自然の中で生きる鹿たちの姿の数々!

 

ゆるーいタッチ&鋭い視点の森あめのさんの鹿にまつわるあれこれパネルてんこ盛り!

ひとり読んでて思わず吹き出し、いつの間にか後ろにいたあめのさんに満足されました。笑

 

鹿の本、立ち読みコーナーもあります~!

 

あらゆるジャンルの鹿モチーフ雑貨の展示も!

こちらは最終日の3月25日(日)のKAKU SHIKA MARKETにて販売しますよー!

 

めっさかわいい♡

 

 

 

 

 

 

朝は9時から夜は20時までとゆっくりご覧いただけます。

最終日のKAKU SHIKA MARKETの日はスペースの都合上、ディスプレイが変わり、一部ご覧になれないパネル等がある可能性もあります。

ぜひ、会期中にゆっくりとこの鹿空間をお楽しみいただき、また最終日は賑やかなKAKU SHIKA MARKETへとふたたび足をお運びいただければうれしいです^^

なお、先日お知らせしておりました巨大鹿せんべいと写真を撮ろう!の鹿せんべいパネルはKAKU SHIKA MARKETの日のみの企画とのことです。お楽しみに♪^^

 

 

KAKU KAKU SHIKA JIKA -書描鹿々-

2018年3月13日(火)~3月25日(日) ※19日(月)休館

9:00~20:00

奈良県立図書情報館 2Fエントランス (入場無料)

奈良の鹿にまつわるパネル展示+鹿の写真展

 
 

KAKU SHIKA MARKET

2018年3月25日(日)

10:00~16:00

奈良県立図書情報館 2Fエントランス (入場無料)

鹿モチーフ雑貨+フードマーケット!

 

 

 

 

 

 

あちこち楽しい♡

撮影OKパネルが可愛くて、パネルを撮ってしまったり♡笑