1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, September 08, 2016 10:23:23

ウォータージャンプFISレース 2016-17

テーマ:スポーツ

スイスとカナダにてウォータージャンプの大会がありました。


ブログを見てくれている方は毎年カナダでのウォータージャンプの大会に参戦しているのはご存じかもしれません。

 

今年は新天地を求めてスイスにも遠征し大会に参戦してきました。

ホントはいややったんですよ。スイス。

 

なんでかって、僕、ウォータージャンプ嫌いなんですよ。

 

練習が嫌いとかじゃなくて、ブラシを滑るのが嫌いなんです。

かなーり昔、3回転の練習中アプローチのブラシで転けまくる人がおって、その時の映像が脳裏に焼き付いてるんです。もう10年近く前になるのに。。。

 

もちろん70キロほどでブラシを滑ってくるんですから飛び出す前に転けたらそりゃ大けがですよ。

 

まっすぐ滑るだけやんて思うかもしれんけど、まっすぐやからこそ左右均等にバランスをとりながらポジションを会わせないとエッジがブラシを食って危ないんです。

 

まー、これは雪上も同じ事なんですけどね。

 

僕は見てなかったけど、今年もロシアの選手がそれで前十字切ったみたいやし。。


カナダは基本的に毎年くるし、ジャンプサイトの感じが解ってるし怖さもだいぶなくなってきたんですけど、苦手なブラシを初めての地でしかも短期間の遠征。

 

じっくり会わせる時間もないから2日目から3回転。

 

これがこの遠征の狙いでもあるんやけど。。。

でもやっぱ食わず嫌いはあかんね!めっちゃ跳びやすかった。

 

ランディングに入ってくる感じも雪上に似ててめっちゃいい練習ができました。

 

この大会には日本以外にスイス、カナダ、中国、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、イギリス、オーストリア、オーストラリア(女子のみ)が参戦。

ワールドカップで顔を合わせる奴らばかりです。

 

予選はdFFFで123点オーバーでトップ通過。フォームを厳しく見られるウォータージャンプの大会にしては悪い点数じゃない。実際この点数が最終的にこの日の最高得点でした。

 

決勝1はFdFF(フル ダブルフル フル)で7位、決勝2は予選と同じdFFF(ダブルフル フル フル)5位でスーパーファイナルまで勝ち進み、最後の決勝3は3回転5回捻りのdFFdF(ダブルフル フル ダブルフル)で勝負にでました。

 

しかし、スタートから空中に意識が行き過ぎテイクオフを失敗。

最終的に6位でフィニッシュ。

ワールドカップフォーマットでは予選で12人勝ち残り、決勝1が12人、決勝2で6人で決勝2本目を跳んで順位が付きます。

しかし、オリンピックフォーマットでは予選で12人が勝ち残り、決勝1が12人、決勝2で8人、決勝3で4人が演技します。

 

ワールドカップより1本ジャンプが多くなる。

 

そーいった意味で今回の大会は3本目まで勝ち残れたことが大きな収穫と言える。

 

 

今回遠征を共にしたJAPAN TEAM(向かって右から碓氷選手、綿貫コーチ、南選手、オイラ)と中国育成コーチのNina Li

 

 

初代エアリアルオリンピック金メダリストのソニー。

 

 

AUSTRALIA TEAM 日本大好きサム(右)と今季から現役復帰のリディア(左)

 

 

スイスとカナダの合間に18時間だけ成田に寄り道

 

 

そして、カナダの大会。
 

こちらも予選は3位といいポジションに付けましたが、決勝1でテイクオフか後ろに倒れてしまい撃沈。10位でフィニッシュ。

 

日本を離れてから移動を含め2週間ばかしで2ヶ国で2試合とかなりハードでしたが得た物も多く充実した大会となりました。

現在はそのままカナダに残りあと2週間ほど滞在です。

課題を明確に充実した遠征にしたいと思います。

 

 

2年連続で応援に駆けつけてくれたバルボーファミリー

 

 

トリプルの一番上からジェナ子

 

 

お気に入りのサングラス。SWANSのDFシリーズ

 

 

この遠征の一部に田原直哉サポーターズクラブによるみなさまからの会費を使用させていただいております。

皆様のご支援、心より感謝いたします。


田原 直哉

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。