NEW !
テーマ:

おはようございます 奈緒美です☆

 

本日も当ブログにお立ち寄りくださいまして

心より感謝申し上げます☆

 

 

毎日の日課の散歩をしていますと

 

突然

 

自分の感情ではない感情や

自分の思考とは思えぬ思考に

 

 

襲われる時がございます

 

 

そのたびに

 

 

まだまだ

修行が足りない

 

と思って自らを律しておりました

 

 

 

 

とは言え

 

昔の私は知識も何もありませんので

 

 

昔からあるこの感覚は何なのか?

 

 

私が薄汚れているのか?

 

 

 

と思っておりました

 

 

 

自らが悪しき思考に襲われるたびに

 

 

律しよう

誠実であろう

清らかに

 

 

と自らを責めて責めて

犠牲的な行動へと導いておりました

 

 

これこそが

 

 

ミラーニューロンのなせる技だったのですね

 

 

 

私はこのような体質ですので

 

他者の感情には人一倍敏感です

 

 

なので

 

 

その人とリンクするしないに関係なく

 

色々なものが聞こえたり

色々なものが感じたり

 

 

もうボロボロでした

 

 

 

ですが

 

 

最近

 

読ませていただいた本にはとても興味深い事が描かれていました

 

 

ミラーニューロンは

ものまね細胞と呼ばれていて

自分が実際体験していなくても

 

 

見たもの

聞いたもの

 

 

などがいかにも自分が体験したかのように感情が動く

 

 

というもの

 

 

例えば

 

 

泣いている人がいればこちらも悲しくなり

嬉しい人がいればこちらも嬉しくなる

緊張している人のそばによれば緊張してくる

 

 

 

ような感じです

 

 

 

このような仕事をしていますので

 

ミラーニューロンの事は知っていますし

必要とあれば使う事もしております

 

 

 

 

ですが

 

 

興味深いのはここからです

 

 

人間には

 

 

支配する事で自らに依存させる

 

支配者がいて

(私はコントローラーと呼んでいます)

 

 

その支配者は時に

 

ミラーニューロンを使って相手を支配している

 

 

というもの

 

 

 

これは秘密○○のような怪しい事は言っていません 笑

 

 

簡単に言うと

 

 

ある親子がいます

 

 

お母さんはとても子供を愛しています

お母さんはその愛する子供の事がとても心配で

 

 

 

何かドジをしないか?

何か人様に迷惑をかけないか?

 

 

 

 

を毎日心配しています

 

 

 

 

子供の姿を見れば

 

○○ちゃんこうしなさい

○○ちゃんこれはだめよ

○○って本当にこうなんだから

 

 

と愛する我が子を

 

 

○○な子供

 

 

と決めつけているとします

 

 

当然

 

表向きは

 

愛前提です

 

 

するとその子は

 

 

 

ミラーミューロンにより

 

 

失敗をし

ドジをし

 

 

やっぱり私ってダメなんだ!!

 

 

 

となります

 

 

簡単に言うと

 

お母さんが子供を○○な子

 

と見るとその子は

 

お母さんにとって○○な子として生きるようになる

 

 

つまり

 

引き寄せの法則もこれですね

 

 

ここまでは

 

当ブログでもお伝えしている事なので

 

ご存知の方も多いと思います

 

 

でここから

 

 

 

アドラー風に言うと

 

どうしてお母さんは子供を○○な子として見ているのか?

 

目的はどこにあるのか?

 

 

 

という事です

 

 

子供側・・・・○○と思われている側

 

人からこき使われている側

 

ドジをしてしまって情けなくなる側

 

罪悪感がいつもあり

『もっと○○しなければいけない』

と身体がボロボロになるほど動いている側

 

 

の気持ちでブログをいつも書いていましたが

ミラーニューロンにより

遠隔操作される事がある

 

 

そういう人がいる

 

 

というのなら

 

 

アプローチ方法は変わってきます

 

 

なぜなら

 

 

この支配者の目的は

 

支配されている人にさまざまな罪悪感を与え

 

自らに依存させる事だったのです

 

 

 

 

『えっ?そんな事あるの?』

 

 

 

 

恋愛関係ならわかりますが

 

 

親子や友人

 

はたまた会社関係や赤の他人まで?

 

 

 

支配者は

 

自ら自身が愛であり

 

自らのみが愛である

 

 

と考えているようです

 

 

 

 

なので

 

世の中をすべて善悪で判断し

自らの考えや価値観に背くものを悪として

すべて排除する

 

 

 

そして、背いた

相手に罪悪感を持たせる事を巧みにするそうです

 

 

 

ちなみに

 

人に厳しい人

暴力的である

おせっかい

 

 

だからと言って支配者ではありません

 

 

時に

 

か弱い

涙もろい

落ち込みやすい

 

 

人がそうである場合もあります

 

 

 

この人がどうであるか?

あの人がどうであるか?

 

 

を考える事よりも

 

 

まずは浄化が大切です

 

 

とちょっと前からやたらと言われておりました

事が繋がりました

 

 

明日、急きょ

 

 

浄化セットの販売をさせていただきます

 

 

お興味のある方は明日のブログでご確認ください

 

 

※・・・そんな事もある記事を差し替えてUPしたので

いつもの時間を遅れてしまいました

 

 

 

 

 

 

参考書籍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)