船橋 四川火鍋専門店 みやま

船橋にある四川火鍋専門店です。


テーマ:

昨日のお客様は

 

ほとんどが

 

 

 

JETS関係者

ばかりでした

 

 

{F6439C3B-06A7-4769-BE81-A6EED7AF514C}

  

 

最近、千葉JETSに

 

ハマりまくりの宮間さん。

 

 

 

image

 

 

 

それを知ってか

 

関係者の皆さまが

 

週いちペースでご予約を入れて

 

下さるのです。

 

 

 

千葉JETS代表取締役の島田氏。

 

 

 

この日も・・・

 

 

JETSの選手を

連れて来て

下さいました。

 

 

 

 

ついに・・・ついに・・・

 

 

 

 

西村文男選手を!!!

 

 

image

 

 

わぁ~ふ~みんだぁ~ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

私は、昨シーズンの西村選手の

 

 

その草食系の外見とは裏腹な

 

 

アグレッシブなプレイに

 

 

注目をしており

 

(いつか・・来て下さらないかなぁ・・)

 

 

 

と思っていたわけですよ。

 

 

 

ところが!!

 

 

 

「実は西村は・・腹が弱くて・・・

 

 

身体も丈夫じゃないんで・・

 

 

 

火鍋無理かもしれなくて・・

 

誘ってないんですよ」

 

 

 

と島田氏。

 

 

そんなぁー!!!

 

(。>0<。)

 

 

 

それで私は

 

 

(ふ~みんには

このお店では会えないのね・・)

 

 

とがっくりしていたんですよ。

 

 

 

しかも宮間さんが・・・

 

 

 

「西村選手は

 

 

何食べても

 

腹壊しちゃうらしいから・・

 

 

多分火鍋食べたら

 

大変なことになるんじゃないの」

 

 

 

とか言うので・・

 

 

 

まさかこの日に!

 

 

 

西村選手に

 

お会いできるなんて~!!!

 

 

 

もうハイテンションでお席にご案内。

 

 

 

程なくして、代表島田氏も到着。

 

 

 

 

 

そして、ひと際大きな人影が見え

 

 

やってきたのは、荒尾岳選手だ!!

 

 

 

 

すごーい!!!

 

 

 

 

席に着くなり西村選手

 

 

 

「僕、辛いの好きですよ!」

 

 

 

 

ななな・・何ぃ( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

何て・・・アグレッシブな発言!!

 

 

 

 

「・・へえー・・そうなの?

 

じゃぁ・・ラム食べられる?」

 

 

「ラムはちょっと・・」

 

 

 

「パクチーは?」

 

 

 

「パクチーは嫌いです!」

 

 

 

 

苦笑いする島田氏。

 

 

 

 

 

島田氏も

 

負けずにアグレッシブだぁ!

 

 

 

 

オーダーが済み・・いよいよ

 

 

 

 

1Q目が始まった。

 

 

1Q・・・西村選手

 

 

何と

もやしを・・

 

辛いほうに

入れた!!

 

 

 

 

そしてそれを・・食べた!!

 

 

 

 

「おぉっ!!か・・・辛い・・・」

 

 

 

そりゃそうですよ!ふ~みん・・

 

 

何てアグレッシブなの・・・

 

 

 

 

 

1Q目はもやしにやられてしまい

 

少々リードされてしまう。

 

 

 

 

 

2Q目で、巻き返しを図る!!!

 

 

 

 

続く2Q目。

 

 

 

 

西村選手

自らオーダー

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

 

「うずらを下さい。あと・・カキ!」

 

 

すると!

 

 

 

 

 

その場にいた全員が

 

 

 

「えぇー!やめときなよ」

 

 

「大丈夫なの~」

 

 

 

 

「ちゃんと

 

火通すから!むかっ

 

 

 

アグレッシブ!!

!!( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

コツをつかんだ2Q目は

 

早くも10点差を広げる。

 

 

 

 

そして・・・3Q目。

 

 

 

 

西村選手

 

 

 

「うずら下さい」

 

 

 

手慣れた様子で

 

 

どんどん火鍋を平らげていきます。

 

 

 

image

 

 

 

3Q目は

 

 

 

驚きの30点差!!

 

 

 

 

100点ゲームか?

 

 

 

 

 

期待に胸を膨らませたまま

 

 

 

最終の4Q目に突入だぁ!

 

 

 

 

 

4Q目には、〆の麺を

 

 

 

辛いスープだけで食す。

 

 

 

 

ここはディフェンス強化をしなければ

 

 

ならないところ。

 

 

{54AC584F-227A-4561-B462-532C8DE6E69A}

 

 

しかーし!!

 

 

 

私達の心配をよそに

 

 

全部平らげていく西村選手。

 

 

 

 

やっぱり最後まで

 

 

 

アグレッシブ!

!!( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

 

でも素顔のふ~みんは

 

 

とてもジェントルでしたよウインク

 

 

 

 

「西村選手、

 

 

辛いのイケるんだね・・

 

 

 

JETSの選手の中で

 

 

一番食べてるよ・・

 

 

 

 

いやぁ・・意外だなぁ・・」

 

 

 

 

と宮間さん。

 

 

 

 

最後はもちろん、サインを頂き

 

 

そして写真も撮らせて頂きました。

 

 

image


 

 

 

やったーニヤリ

 

 

 

 

JETSのバスケットボールにも

 

 

 

サインを。

 

 

 

 

 

「うちの荒尾が

 

 

上に上げますから」

 

 

 

と島田氏。

 

 

 

 

 

 

そして・・荒尾選手が楽々

 

 

 

お店の一番上の棚に

 

 

ボールを乗せる。

 

 

 

 

 

やっぱりスゴイ!!!

 

 

 

 

手を伸ばしたら

 

 

天井につきましたから!

 

 

{B5618061-4A8D-4E0C-8BD9-3713EB87D2BF}

 

 

益々、あさっての

 

 

試合が楽しみになってきましたラブラブ

 

 

image


 

 

西村選手!荒尾選手!

 

 

ご来店本当に嬉しかったです。

 

 

 

又ぜひぜひ、お待ちしてますね。

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

昨日・・・

 

 

勉強しながら

 

マリースタイルのまりさんに

 

頂いた北海道土産の

 

「じゃがぽっくる」を食べていた。

 

 

みなさんはご存じだろうか。

 

 

 

これ、すんごい美味しいのだ。

 

 

 

image

 

 

 

まぁ、何しろ北海道のお土産は

 

 

白い恋人を含め

 

 

何でも美味しいのだが

 

 

 

 

「じゃがぽっくる」のおいしさは

 

 

他の追随を許さない美味しさがある。

 

 

 

 

 

 

それで昨夜・・・

 

 

 

 

宮間さんに

 

 

「じゃがぽっくるあるよ!」

 

 

と言ってみた。

 

 

 

 

 

「じゃがぽっくるって何?」

 

 

 

 

「これ、すんごい美味しいんだって!」

 

 

 

 

半信半疑のまま

 

 

封を開ける宮間さん。

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

その後、私がお風呂からあがって

 

 

 

リビングに行くと・・・

 

 

 

 

 

口一杯にじゃがぽっくるを

 

 

頬張って

 

 

 

 

「どうしよう止まんない」

 

 

 

 

 

見ると、じゃがぽっくるの空の袋が

 

 

 

いち、に、さん、し・・・

 

 

 

 

 

五袋!!!

 

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

「ちょっとー!!あせる

 

止まんないとか言ってないで

 

止めなさいよ!三袋くらいで!むかっ

 

 

 

 

 

「いやー

 

美味すぎてさ・・・」

 

 

 

 

 

そう言って

 

 

 

チラ・・・と宮間さんの目は

 

 

 

残りのじゃがぽっくるに

 

 

 

向けられている。

 

 

 

 

 

「あれ、いらないの?」

 

 

 

 

「いるよ!いるいる!

 

 

 

あんたなんかにやるもんですか!」

 

 

 

私は慌てて残り4袋になってしまった

 

 

 

 

じゃがぽっくるを

 

 

自分の部屋の引き出しにしまった。

 

 

 

 

 

「ふ~ん・・・そこか・・」

 

 

 

「見ないでよ!!!」

 

 

 

 

 

「ふ~ん・・・

 

 

いやぁ・・うまい!

 

ほんとうまいなぁ。」

 

 

 

 

 

宮間さんはご機嫌で

 

 

 

写真を撮ったりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

「何か・・・

 

 

 

ありそうでどこにもない

 

 

味だよな!」

 

 

 

 

 

「そうそう!

 

 

まぁカルビーには無い味だよね!」

 

 

 

 

「冷めたマックのポテトみたいな」

 

 

 

 

 

「冷めたマックのポテトを乾燥させた

 

 

みたいな!」

 

↑↑↑↑↑↑

 

褒めてます。(宮間節です汗

 

 

 

 

 

 

美味しいおやつは

 

 

必ず独り占めしようとする宮間さん。

 

 

 

 

まりさん、ほんと美味しいお土産

 

 

有難うございましたウインク

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

ある日のこと。

 

 

少し早めにお店に行ったら

 

 

 

その日は

 

火鍋のスープの仕込みのため

 

 

 

早朝6時半に

 

家を出ていた宮間さんが

 

 

 

大音量で

 

ナゲッツの「大逆転」

 

 

を聴きながら

 

鍋をかき回していた。

 

 

 

image

 

 

私がお店に入っても

 

気づかない様子で

 

 

 

 

「何度で~も!

 

何度で~も!」

 

 

 

と、「大逆転」のサビの部分を

 

 

時々口ずさみ

 

 

随分とご機嫌なようだった。

 

 

 

 

「よう!バカにご機嫌じゃない!」

 

 

 

 

と私が言うと

 

 

 

宮間さんはジロリ・・・と私を睨み

 

 

 

 

「なんだよ、早ぇじゃねぇかよ」

 

 

 

と言った。

 

 

 

「うん、ちょっと買い物

 

あるから早く来たの。

 


 

お昼まだなら一緒に食べない?」

 

 

 

 

すると!

 

 

 

 

「俺はこれ食ってるからいい!

 


 

それに外食なんてしてる

 

時間あるかよ!」

 

 

 

手元を見ると

 

 

助六寿司が。

 

 

 

image

 

  

 

「・・何でそんなの食べてるの・・・」

 

 

 

「いや!俺のおやじも

 

そうだったんだけどさ・・

 


 

 

助六寿司が

 

好きなわけじゃねぇんだけど

 

ぱっぱと食えるだろ?

 

 



 

手を動かしながらさ!

 

 

手軽でいいんだよ!

 

 



 

味も可もなく不可もなしだし

 

 

手づかみでも食えるから

 

 

仕込みしながらだと

 

 

楽なんだよねぇ」

 

 

 

 

 

そう言って、ぱぱっと

 

 

海苔巻きを口に入れ

 

 

鍋をかき混ぜる宮間さん。

 

 

 

image

 

 

 

 

「俺は誰かさんと違って

 

 

買い物とか

 

 

昼飯食いに行く時間なんて

 

 

ねぇからよ!」

 

 

  うっ!


(;´▽`A``

 

 

 

宮間さんの胃袋は最近

 

昼の助六寿司と

 

夜の鍋料理で満たされている。

 

 

 

 

「今になってやっと

 

 

俺が飲食業界に入った時の

 

 

おやじの言葉の意味が

 

 

判ってきたよ!

 

 



 

色々な!」

 

 

 

image

 

 

 

「そうだね。

 

 

この歳になると

 

股引が欠かせないってことも

 

判ってきたよね。」

 

 

 

「股引は余計だろ!」

 

 

 

昔は親不孝ばかりしていた宮間さん。

 

 

 

「でも俺は親に金の無心は

 

したことねぇんだぞ!」

 

 

 

 

胸を張って言うが

 

 

それは、普通のことですよ。

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。