コミュニケーションデザイン研究!藤田尚弓のブログ

コミュニケーションデザインを研究する藤田尚弓のブログです


経営する会社が10期目にはいります。

皆さんのおかげです、ありがとうございますm(_ _)m

NEW !
テーマ:

 

オンエアーのお知らせです。

先日収録しました、東海テレビ「バナナスクール」

オンエアは28日だそうです。

 

 

 

HPにもある通り、テーマは「オトナの謝罪」

 

反省している気持ちが伝わりやすくなるポイントについて解説しました。

 

バナナマンさんと、大島麻衣ちゃんの奮闘がとても面白かったので

東海テレビを視聴できる方は是非。

 

 

バラエティ番組に呼んでいただくことは結構あるのですが、

こんなに笑いの絶えなかった現場は初めてでした。

 

スタッフさんたちの温かさというか、手作り感というか、

現場の雰囲気の良さが記憶に残る収録でした。

関係者の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここのところ企業様の研修に立つ日が続いています。
このシーズンに多いのは、目標設定研修。


各部署に数値目標を持ってもらう企業は多いです。
「成果をあげるための具体的な手法は自分で考えろ」
というのが一般的でしたが。
ここ数年、目標設定の研修を取り入れる企業も増えています。


どうしたら行動に移せるのか。
どうしたら継続できるのか。
目標達成までの障害にはどう取り組めばいいのか。
ストレスマネジメントはどうしたいいか。
モチベーション維持はどうすればいいのか。


こういった研究はアメリカで盛んにおこなわれてきましたが、
最近は、日本でもたくさんの先生たちが研究をしています。


私は営業研修など数値目標がシビアな部署に呼ばれることが多いので、
研究の中から、実際にやってみて再現性のあるもの
普段の業務にも取り入れられるものを厳選したプログラムを作っています。
企業様とタッグを組み、研修、フォローを通して
どう行動が変容するのかというデータを蓄積するのは
本当におもしろいです。

数値目標を共有して組ませていただくので
プレッシャーが半端ないのですが、
私ならではのライフワークかなと最近は思っています。


コミュニケーションの講師は、管理職研修によく呼ばれます。
その際、目標達成をどうサポートするかということに触れるのですが、
たいていその研修を受けてくださった企業様は、
売上改善、効率化といった大事な局面でリピートしてくださいます。


昨日、研修に立ったのは、
半年前に研修に呼んでくださった企業様。
リピート、本当にありがとうございました m(_ _)m

今回も参加者様用に、著書を購入くださって感激しました。
実は安値で受けてしまった研修なのですが、
心遣いが嬉しいからOK!
気持ちよく仕事をさせていただけるのは、大事ですよね。


昨日は研修の後に、別の会社で講演などもあり
食事ができたのは、またもや深夜……




最近、夜遅くまでやっている隠れ家を見つけました。
身体に悪いのはわかるのだけど、
お腹が減ったまま寝るのも辛いし、食事を作る余力もないので助かっています。


目標設定の研修は昨日で一段落。
新人研修や管理職研修が増える春までは
現場に立つことも減りそうです。


今週は訳あって休日出勤確定ですが、
来週はお休みとれたりするのかなぁ。ワクワク。






 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今年のバレンタインデーは3年ぶりの平日!

デパートのチョコレート売り場も久々に賑わっていましたね。

皆さんは、どんなバレンタインを過ごされたでしょうか。

 

 

私はテレビ番組の収録のお仕事をしていました。

ご一緒した大島麻衣ちゃんが、

スタッフさんたちにチョコレートを配っている姿が可愛かった(>▽<

 

もらったスタッフさんたちが、それはそれは嬉しそうで!

バレンタインチョコは

コミュニケーションツールとしてもいいなと再確認した次第です。

 

 

 

 

 

こちらは、ワイン屋さんが特別に作った、ワインに合うチョコブラウニー。

昨年買えずに悔しい思いをしたので今年は早めに予約しておきました。

ワインとリキュールがたっぷり入った大人の味で

濃い目の赤ワインにピッタリ ドキドキ

 

いい一日でした。

 

 

日本でのバレンタインは、もともとの意味とは関係なく定着しています。

チョコを贈るという習慣も日本だけ。

(海外では男性が女性に花を贈ります)

そもそものところを忘れてお祭り騒ぎをすることに辟易していたこともありますが、

最近はみんながちょっとHAPPYになる行事でいいじゃないかと思います。

 

歳をとると考え方も柔軟になりますね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)