コミュニケーションデザイン研究!藤田尚弓のブログ

コミュニケーションデザインを研究する藤田尚弓のブログです


経営する会社が10期目にはいります。

皆さんのおかげです、ありがとうございますm(_ _)m

NEW !
テーマ:

 

うちの事務所は麹町にあります。

 

 

私もスタッフのみんなも、それはそれはお世話になった

お弁当と総菜のお店「肉の吉野」が営業再開しました!!!

 

 

 

おぉぉ、探したよ。探し疲れたよ。ここに戻ってきたんだね。

 

 

 

 

 

あまりにも奥ゆかし過ぎる営業再開。

お店のかたに聞いたところ、連休明けから営業していたそうですが、

数日は閑古鳥が鳴いていたそうです。

 

 

「どこに移転したんだろう」「いつ再開するんだろう??」

と検索しまくったファンは少なくないと思うけど。

お店ではWEB対策はしていないそうです。

 

 

移転前の張り紙を写メにでもとっておけばよかったと後悔しているのは

私だけではないと思うので、微力ですがブログに書くことにしました。

 

 

 

ここからは、地元の人、

それも肉の吉野ファンにしかわからない情報でスミマセン。

場所は、前にお店があった場所から近いです。

麹町3丁目の信号のほど近く、

先日まで刀削麺のお店があったカドを入ってすぐの場所です。

 

 

外観はこんな感じ。

赤いポールがあって、まだ工事中?的な雰囲気ですが

恐れずに近づいてみてください。

 

 

 

惣菜やの雰囲気とはかけ離れたオシャレな建築事務所風ですし、

奥まった立地なのでアレですが

お弁当の看板が出ているのを頼りに探すのがポイントです。

 

 

 

 

看板がまた目に入りにくいのですが、

足元に視線を落とすと、あの見慣れた看板を見つけられます。

 

次の関門は入口!

どこから入るかわかりにくいですが、思いきって奥に進みます。

そこでも、どの扉?!と迷うと思いますが、

一番手前の扉を横にスライドすれば入れます。

 

 

店内はなんだかオシャレで、

東京に行ってキレイになってしまった同級生的な雰囲気でしたが。

あのまんまの懐かしい味は変わっていませんでした!!

久々に食べたカツカレー。

お母さんが家で作ってくれたような優しい味わいで美味しかった爆  笑

 

 

いや、ココイチもいいけど、旧ディップマハルもいいけど、

やっぱり「肉の吉野」の、あのカレーが好きです。

雑穀米も、大きな海老フライも、家庭の味のちょっとしたお惣菜も健在。

 

残業の日の夜ごはんが、また温かくなります。

ありがとう、肉の吉野!

頑張れ、肉の吉野!

 

 

 

・・・このくらい「肉の吉野」と書けば、検索エンジンも見つけやすいよねてへぺろ

お取引先の皆様、地元の皆様、ぜひ行ってみてください。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、今年初のゴルフに行ってきました。

 

 

 

昨年はワインスクールや試験勉強に時間を費やし

練習を一年さぼったせいか、アプローチで残念なミスが散見。

 

 

ここを練習で乗り越えるか、

ほどほどのところで楽しむか。

悩んでいます。

 

 

皆さんは、趣味にどれくらい時間をつかっていますか?

 

 

私は結構な時間を投入してしまうほう。

なので、毎年1月に、

どの趣味にどれくらいの時間を遣うかを決めるようにしています。

今年はゴルフ、どうしようかなー。

 

趣味を遊びと捉えるなら、

回数を控えてそのぶんの時間を仕事や研究にまわすのもよし。

 

趣味をストレスコーピングと捉えるなら、

定期的に楽しめばよし。

 

趣味も自己実現の一つと捉えるなら、

本気の努力で課題を解決していけばよし。

 

 

時間の割り振りは、人生の善し悪しを決める重要事項だけに

珍しく迷っています。

迷うのが1月の愉しみなのだけど。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あまりにも強く勧められると、

それが正しいものでもつい反発したくなりませんか?

 

 

ウチの母は超健康オタクです。

油にもうるさいですし、免疫力を高めるサプリ、身体にいい水も大好きです。

当然ながら家族にもそれらを勧めます。

 

 

もちろん母は善意で言っていると思いますし、

身体にいいことはわかります。

でもあまりにも勧められると心理的リアクタンスなのか、

エビデンスを聞く気持ちもなくなってしまったり、

「騙されないぞ」的な気持ちになってしまったり。

 

 

いつのまにか

健康系の食品が嫌いな子になってしまいました(^^;

 

 

 

そんな私に転機は突然やってきました。

 

 

勉強会の仲間から頼まれ、

発酵食を広める協会のWEBサイトを

ウチの会社で制作することになったのが発端。

 

どうにも予算が合わない案件だったのですが

仲の良い友達から頼まれたら断れません。

断れないついでに、代表理事の方と食事に行くことになりました。

 

健康生活を強要されるのも、

食事のときにお酒を遠慮しなければならないのもイヤなので

なんとか断れないかなと思ったのですが。

 

イザお会いしてみると、禁酒や節酒を強要されることもなく

一緒に飲み、食べ、楽しい時間を過ごすことができました。

健康に気をつけている人は皆さんストイックで

周りにも同じような行動を求めるものだと思っていましたが、

そうでない人もいるんですね。

 

 

 

 

これまで私は、健康系の話が嫌いだと認識していたのですが、

強要されなければ、むしろ楽しいということに気づいた数時間でした。

母に反発していただけで、実は私も健康には興味があったらしい……

紹介してくれた勉強会仲間、

そして

そんな経緯で知り合った

国際発酵食医膳協会の河合さんに感謝ですm(_ _)m

 

 

河合さんにプレゼントしてもらった「薬膳美甘酒」。

 

 

 

 

NHKの番組では

疲労回復、美肌、整腸などに効果があると紹介されていましたが、

私の場合は、筋トレ後の筋肉痛の回復がわかりやすかったです。

必須アミノ酸とビタミンB2の効果?

 

このまま飲んでも美味しいですが、調味料に使うと

料理にコクと深みが出る感じがして好きです。

 

 

やってみてわかったのですが……

 

身体にいいことをしてあげている気分というのは、

想像以上に楽しいものなんですね。

だからこそ、人にも勧めたくなる。

ちょっと反省。

ごめんね、お母さん。

 

 

 

強く勧められると、

現状を否定されるような気持ちになってしまうことがあります。

自分では気づかない寂しい気持ちが

「騙されているんじゃないの」「私はそれ嫌いだから」

といった正当化を引き起こしてしまうことを身をもって知りました。

 

 

コミュニケーションプロセスでは、解釈の部分で歪みが生じやすいです。

人に何かを言われて心がざわついたときは、

相手のせいにするだけでなく、

自分側の「解釈のゆがみ」がないか考えるといいですね。

 

 

 

気づきのおかげという訳でもないのですが。

 

 

先日、母の誕生日に実家に行ってきました。

「何も欲しいものがない」という母にプレゼントしたのは

30年ぶりに発行した「お手伝い券」。

お手伝い券を使ってもらい、実家の大掃除とお料理を頑張りました(^^

 

 

前回お手伝い券を発行したのは、まだ私が小さかった頃。

確か、母の日だったと思います。

嬉しそうにしてくれた母の顔が思い出されます。

懐かしい気持ちを味わい

心温まる時間を過ごすことができました。

 

 

あれほど苦手だった母の健康話にも、

今は興味を持って相槌を打つことができるようになりました。

お手伝い券は5枚綴。

次回のお手伝いの際には、

健康にいいあの甘酒を買っていってあげようと思います。

 

 

 

 

ご縁をいただいた河合さんのブログはコチラ

身体に優しい生活の情報が満載です。

 

国際発酵食医膳協会のHPはコチラ

東京のホームページ制作会社アップウェブが低予算で制作しました。

 

飲む薬膳甘酒はコチラで買えます

ファスティング後などにもお勧めです(>▽<

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)