奈々つの海

水樹奈々ちゃん大好きブログです!


『マクロスFRONTIER』

『魔法少女まどかマギカ』 『魔法少女リリカルなのは』 『魔法少女リリカルなのはA's』『戦姫絶唱シンフォギア』 『戦姫絶唱シンフォギアG』 『ちはやふる』 『バジリスク ~甲賀忍法帖~』 『蒼き鋼のアルペジオ』     『のんのんびより』  『機動戦艦ナデシコ 』  『モーレツ宇宙海賊』  『ラブライブ!』  『キルラキル』  『凪のあすから』 『ディーふらぐ!』 『一週間フレンズ。』 『ラブライブ2期』 『弱虫ペダル』  『BLOOD-C』  『STEINS;GATE』   Fate/Zero』 『Fate/stay night』   『神撃のバハムート GENESIS』  

『繰繰れ!コックリさん』 『弱虫ペダル GRANDE ROAD』 『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

『SHIROBAKO』 『七つの大罪』 『暁のヨナ』 『響け!ユーフォニアム』 『Fate/stay night

戦姫絶唱シンフォギアGX のんのんびより りぴーと』 『赤髪の白雪姫

 『蒼穹のファフナー』 『蒼穹のファフナーEXODUS』




テーマ:

fripSide

サウンドプロデュース担当の八木沼悟志(アーティスト表記はsat)とボーカルオーディションで

選ばれたnao(当時高校生)の2人で2002年に結成される。(第1期)

2009年にnaoが脱退し、同年の8月に声優の南條愛乃を新たなボーカルとして迎え、11月4日に

再デビューを果たす。(第2期)

2代目ボーカルである南條愛乃は8年目。8歳だよ~(MCより)

その2期のデビュー曲がアニメ『とある科学の超電磁砲』前期オープニングテーマ

only my railgun」でオリコンウィークリーチャート3位にランクイン。

そして2013年、アニメ『とある科学の超電磁砲S』前期オープニングテーマ

sister's noise」を発売しオリコンウィークリーチャートでデビュー以来初となる1位を獲得。


楽曲はトランスやユーロビートな楽曲サウンドに南條愛乃の洗礼された繊細な歌声と

綺麗な高音とが合わさった疾走感のあるデジタルな楽曲が多い。

 

 

12/3(日)羽田からバスで海浜幕張駅へ直行

降り立った場所はまるで

総人口230万人の内8割を学生が占める学園都市

学園都市でも7人しかいない超能力者レベル5の一人

電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の異名を持つ

御坂美琴がここにいるようなイメージを浮かべながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「学園都市は、私達が私達でいられる最高の場所なの…。
私一人ではできないことも、みんなと一緒ならやり遂げられる。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<fripSide 15th Anniversary Tour 2017-2018 “crossroads” 幕張メッセ2日目>

 

 

 

 

幕張メッセは東京国際展示場(東京ビッグサイト)に次ぐ国内2番目の規模となる展示施設。

今回のライブは展示ホール7,8を2個ぶち抜いてライブ会場に

 

 

 

こういう会場ははじめてなので、座席とか全く想像できず

いざ入場すると、ライブ席は横幅に大きく広く段差はなし

すなわちオールアリーナで座席配置と数からおよそ8000だと計算できた。

遠かったといえどステージ全体よく見えて

まるでフェス会場にいるようで。

 

 

 

 

 

3月に参戦したSSAでのfripSideライブから今年2回目の参戦になるとは

思いもよらなかったけど、また来年という気持ちはあった。

スペシャルなライブだったSSAでのライブ

15年の歴史を持つfripSideだから初心者には

知らない曲も多々あったけど、魅了されたからこそ1回だけでは・・・もう一度!

だから今回けーぶほから誘われたことは

機会を与えてくれた感謝の気持ちもあったし

たぶんこの2回目でもうfripSideから離れられなくなるだろうと予感し

今後のためにオレンジのTシャツを購入。

 

 

 

17時ちょっと過ぎた頃、会場内が暗くなりいよいよ開演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

crossroadsセトリ

 

今回セトリが3パターンあるとのこと。

幕張メッセは2DAYS

後で調べると初日と2日目でセトリがぜんぜん違う!

初日はfripSide2期のベスト盤のようなセトリで・・えぇぇ!

たぶん初日参戦してたら、二人とも今頃杖をついての生活になってたかも。。

逆に2日目は最新アルバム「crossroads」の曲をすべて盛りこんだ

(シングル「clockwork planet」だけ初日)これまた考えられないセトリ

ツアータイトルがそうだったとしても、アルバム全曲を

入れてくることは経験がない。

「セトリががらっと変わるのは大変」

「1日目の興奮が頭から離れなくて2日目のセトリが入ってこない」

「1日目は早く寝て2日目当日リハを2回通してやった」

以上は、ラジオ「真・ジョルメディア 南條さんラジオする!」から聴いた言葉。

そもそも、シングルのMVすべてに様々な芸人を入れてくる荒芸を

やらかすfripSideはなにをしでかすかわからないところも

このユニットのイメージから想像できないおもしろさがある。

 

 

 

 

*WEBレポより

 

fripSideといえばサイリウム色は基本オレンジ

だけど曲のイメージにあわせて色は変わるので

セトリを曲名ごとに色分け。

冬っぽい曲は白。

 

 

 

 

01. hurting heart(アルバム「crossroads」より)

02. before dawn daybreak(アルバム「crossroads」より)

03pico scope -SACLA-(アルバム「crossroads」より)

04. split tears(アルバム「crossroads」より)

05. an evening calm(アルバム「crossroads」より)

06. killing bites(新曲)

07only me and the moon(アルバム「crossroads」より)

08. a glam of prologue(アルバム「crossroads」より)

09. trusty snow(アルバム「infinite synthesis」より)

10. snow blind(アルバム「crossroads」より)

11. come to mind (version 3)(アルバム「Decade」より)

12. escape(アルバム「crossroads」より)

13. distant moon(アルバム「crossroads」より)

14. The end of escape(アルバム「crossroads」より)

15. the chaostic world(アルバム「crossroads」より)

16Red "reduction division"(アルバム「crossroads」より)

17. crescendo -version 2016-(アルバム「infinite synthesis3」より)

18. prominence(アルバム「crossroads」より)

19sky(アルバム「crossroads」より)

 

 

 

 

 

アルバム「crossroads」は2枚組みで

1枚目の12曲が1期のnaoがヴォーカルだった当時

の曲たちから人気投票で選ばれた曲を南條愛乃で新たなサウンド

作りでカバーしたもの。

2枚目の6曲は新曲。

 

 

1期を知らない自分にとっては、fripSideの歴史も感じることができ

2日目参戦が結果的によかったと思えるほど

fripSideの魅力をより知ることになって

ライブ後もずっとアルバム「crossroads」に夢中になってしまった。

このアルバムの魅力もとりまぜながら

 

 

*WEBレポより

 

・オープニングできた「hurting heart」はしょっぱなから

南條愛乃の歌声からくるかっこいい曲

間奏のギターソロからのサビの南條愛乃の情緒的な歌声に魅了される
fripSideの楽曲は、サビが終わってからの間奏にも聴きどころが多く心地いい
 

・2曲目「before dawn daybreak」はアルバム「crossroads」で即気に入った曲

シンセのイントロが重厚感を生み出し

南條愛乃の透き通る声と近未来なメロディラインが

新たな疾走感を生み出す!う~ん、これはいい!

 

・「pico scope -SACLA-」はレールガン曲である「LEVEL5 -judgelight-」

のBPM140を超えるfripSide史上最速の曲らしい

バンド泣かせの曲でドラムの八木さんがこれ叩けねぇと言ってたという情報。

これは、南條愛乃のヴォーカルが超速音にも対応できるということ

ピンクのサイリウムというのも珍しかった

 

・南條愛乃の声は透明感と艶も兼ね備えているように感じる

それをsatの音が作り出す音で染め上げて

これが絶妙なハーモニーを醸し出しているのが「an evening calm

 

・新曲「killing bites」は今までのfripSideにない超絶ロック

南條愛乃の声質はロックでもいけるのか!

と驚きつつ、CD発売が待ち遠しくなった

 

・「distant moon」は1期の原点の曲とのこと

背景にある大きなモニターに映りだされたオレンジの丸い月

を観ながらfripSideの本境地といえるデジタルサウンドが心地いい

 

 

・「only me and the moon」は1期の原点である「distant moon」と

2期の原点である「only my railgun」を意識してるらしく

過去の1期と現在の2期が交差し、これから未来という線が続いてゆく

南條愛乃本人の作詞曲でfripSideへの想いを
くみとれるような情緒的な歌い方がすごくいい
 

・会場内が白で染まる「trusty snow」と「snow blind

「trusty snow」はウィンターソング

歌い出しのバラード部分から、アップテンポになっていく部分がたまらない

この曲は南條愛乃の切ない歌い方をシンセやギターで

うまくひきだしてるし、高音のヴォーカルがやばい!

「snow blind」もまぎれもない冬のバラード

書いてて気づいたけど、fripSideの曲って冬映えする曲が多い気がする

それは名バラード「whitebird」からも・・・再び待機曲になったなぁ

 

 

・あるMC(内容忘れ)の後にエスケープする流れで歌われた「escape

原曲が唯一fripSideではないのがこの曲。
オリジナルは2002年に発売されたゲーム「白詰草話 -Episode of the Clovers-」のOP主題歌。
イントロからsatの高音でのハモリがめちゃくちゃ情緒的で90年代感が全開する

 

・中盤戦、angelaとのコラボで話題になった「The end of escape

で会場内ヒートアップ!

atsukoパートが南條愛乃のコーラスのみになっているため
印象がかなり変わっていた。
atsukoのパワフルさが無くなった分、南條愛乃の繊細なヴォーカルが前面に出て
新たなかっこよさを生み出している

 

・かっこいい曲を続けて投入「the chaostic world

シンセの合図とともに入るサビのアグレッシブさにサイリウムの振りが

止まらない

 

・曲名どおり会場内が赤に染まる「Red “reduction division”

1期fripSideで一番有名な曲とのことでこのサウンドは
2期の楽曲ではあまり感じたことがなかった。
南條愛乃の歌声が妖艶になることも新しい発見だ
 

・速音デジタルロックを飛ばしまくる「crescendo -version2016-

SSAで聴いたときはそれほど印象に残らなかったのに

2回目だったからなのか、シチュエーションの違いからなのか

セトリの流れからなのかわからないけど・・・か、かっけぇぇ!

南條愛乃のロボ振り付けにも釘付けになってしまった

 

・「sky」は1期fripSideを代表する1曲とのこと

アルバムのオープニングを飾る曲だから、ライブでもオープニングに
くると予想してたのがライブ終盤に入る頃に入れてきたので
逆に興奮させられることになった

サビのsatのコーラスが入ってくるとかっこよさが際立つ

 

 

 
そしてskyで青に染められた会場内がこの後
ウルトラオレンジ
スパークすることになる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
fripSideバンドメンバー
 
*SSAライブ映像より
 
今回終わってみれば4時間にも及んだ長時間ライブ
曲数は通常のライブと変わらなかったのに
これは時折入れてくるMCがとても長かったのと
南條愛乃とsatという二人の主演が絡むMCもまた
今回のライブの楽しかったところ。
 
そして、今回fripSideの音楽にますます惹かれてしまった理由がバンドメンバーの紹介
 
 
 
 
 
 
ドラムは八木さん
南條愛乃ソロライブでも目立つパワフルなステック捌きと
見た目と違って愛嬌のあるキャラクターは
fripSideライブでも健在
satにゴリラ八木といじられ、本人はウッホウッホとしゃべりだす
 
 
 
ベースの北村さんもまた
南條愛乃ソロライブ&fripSideライブに欠かせない
低音パートの達人
サポートしている著名なアーティストの中には西野カナもいる
 
 
 
超イケメンギタリストの星野さん
南條愛乃ソロライブ&fripSideライブともに
女性ファンの黄色い声援が・・・聴こえてきそうな
くっそう・・・かっこいいZ
 
 
 
こちらはfripSideライブのツインギタリスト大島さん
その容貌からなのか、南條さんから「チン」アルネ(カトコトバ)といじられ
サングラスをかけはじめ、ますます中国人風貌になる
チン大島と植えつけられた
 
 
そういえば、バンドメンバー紹介のとき、だれに対して南ちゃん
ゲスキャラになったんだっけ?
めちゃかわいかったんだけど・・・
「本業は声優ですから」発言
南條ワールドが楽しかったバンドメンバー紹介
 
 
 
 
そして、fripSideのデジタル音楽を担うひとり
 
濃い!濃い!濃いぃぃ!
fripSideライブのマニピュレーター&DJ
そして、今回のMCではじめて知ったそのあだ名は
変態DJ川崎さん
この人の存在は非常に目立つ
ライブ終盤に入る前の南條さんの衣装変えの時間を
変態DJ川崎さんの演奏で魅了してくれる
ファンが歓喜するレールガン曲などを南條ヴォーカルで打ち込み
電子制御されたシンセリックサウンドで会場を盛り上げる
fripSideに欠かせない存在だ
 
 
 
 
アニソン音楽界にデジタルJPOPの風を吹き込んだfripSideの創始者であり
キーボーディスト八木沼悟志ことsat
小室哲哉、浅倉大介から音楽の影響を受けたとあって
彼の作るサウンドはTM NETWORKなどの音楽に魅了されてた世代には
たまらない
アニソンというジャンルにとどまらないのが
先の変態DJ川崎さんと共に作るPCゲームミュージックサウンド
 
 
このfripSideのメンバーが演奏する音楽だけでも
ライブを盛り上げてくれると言えるほどすばらしい
 
 
そして、このfripSideを著名にしたのが
2代目ヴォーカリスト南條愛乃
 
シンセサイザーと歪みのあるギターサウンドが織成すデジタルサウンドに
乗って彼女の透明感ある歌声と高音に強い声質が、疾走感と迫力のある
音楽を生み出してくる。
そして、今回のライブで新たに感じたことが
情緒感ある歌声だ!
だからなんだ。
ソロライブでも魅了されたのは・・・
ソロでは多くの楽曲者が曲を提供しており
fripSideはたいがいsatが作っている。
この全く違う楽曲達を歌いこなしてしまい
そして全く異なる2種類の音楽を楽しませてくれる彼女は
30代とは思えないビジュアルと確かな歌の実力をもつ。
南條愛乃に魅了された理由はここにあるのかもしれない。
 
 
「今いちばんやりたいのが食品サンプル」
「料理だってできないわけじゃないんだよ!」
「片づけがめんどうでやらないだけ・・(笑)」
 
そんなMCからも、自分にとっては妹キャラに
したくなるキャラ性にも惹かれてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
超電磁ライブ
 
fripside×超電磁砲は鉄板!
 
ここからのライブが会場内が超絶スパークするとき!
 
 
 
 
 
 
20. sister's noiseアニメ『とある科学の超電磁砲S』前期オープニングテーマ
 
*SSAライブ映像より
 
常盤台中学の制服コスプレダンサーが現れたら危険信号
 
会場内サンサンと輝きが増すウルトラオレンジ
 
fripSideの代表曲でありNo1大ヒット曲
 

4年前のライブ映像だけど、これを観たら
sister's noiseの破壊力がわかるんじゃないかと。
このすさまじいオール一体感こそがアニソンライブ
の特有のものであり
レーザーパフォーマンスが見事に調和する超電磁ライブ
の見所であり、楽しくてしかたがない。
 
にしても、この映像の南ちゃん妙にエロくて調を大人にしたようだぜ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
21. black bullet(アニメ『ブラック・ブレット』オープニングテーマ)
 
おぉぉぉ!きたーーーーっ!!
このときの自分とけーぶほの歓喜は忘れられない
 
fripSideの数少ないコール曲であり、最強に燃えるナンバー
 
生のストリングス、オペラのようなコーラス
fripSideの得意とするデジタル音とは少し違うサウンドで
最も重厚で、最も熱いライブを作り上げる
 
会場内稲妻から変わり燃え盛る炎が充満する時間
 
(Bメロ)
指し示した道を 輝かせたいから
(PPPH「おーーー!はい!」ジャンプ)
 
黒いこの銃弾がいま全てを撃ち抜くっ!
 
(サビ)
赤く燃える その眼差しに 熱く響く 命の鼓動
(oh~!FuFu!)
 
強く深く 貫いていく 真実を
全員コール「black and red bullet!(ブラッエンレッバレイ!)」
 
 
 
てな感じで、恐ろしい2曲で体力一気にもっていかれた後
ちょっとひと休憩
 
 
 
 
 
 
 
22. brave new world(アルバム「crossroads」より)
 
アルバムでは南條愛乃、nao、黒崎真音、KOTOKOの4人が歌っており
ハーモニーがとても綺麗だが、今回はゲストなし
もしかしたら千秋楽にくるかも・・・
しっとりと聴かせる南條愛乃の透明感ヴォーカル
そしてこの曲のsatを含めて5人でハーモニーする終節を
会場みんなで「ら~ら~ら~らららら、ら~ら~らら」
 
 
永遠に続く全員合唱
 
モニターには会場内のファンたちが合唱する姿が映る
 
そして、ステージからfripSideメンバーがいなくなっても
 
「ら~ら~ら~らららら、ら~ら~らら」
 
合唱が終わらない
 
(ん?アンコールのかわり?)
 
モニターが暗くなりライブが終了したような雰囲気の中でも
 
ずっとずっとみんな合唱をやめない
 
 
 
すると突然会場が明るくなり
 
鳴り響くサウンドは・・・
 
 
あ、あぁぁぁぁぁっ!!!
 
常盤台女子中学生ダンサー再び現る!
 
会場内に稲妻がスパーク!スパーク!スパーーーーク!!
 
 
 
 
 
 
23. only my railgunアニメ『とある科学の超電磁砲』前期オープニングテーマ
 
超電磁ライブ最大の山場が
 
この流れでくるなんて・・・
 
最高に輝くウルトラオレンジと
 
最高に盛り上がる会場
 
このお祭り感はハンパない
 
こんな中でただひとり動きが完全に止まっている人が隣にいた
 
感動のあまり、動けないんだろう・・・ほんとにひとりだけ・・ソッとしておこう。。
 
 
 

 
 
「まだ終わらないよ!」
 
ファイっ!(Fight!)
 
南條愛乃の声が会場内を煽り
 
only my railgunロングバージョンへといざなう
 
モニターに映りだされる歌詞
 
全員で歌うonly my railgun
 
まさにそれは超電磁ライブを象徴するかのように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、この後がほんとうのアンコール
 
 
 
再び現れたfripSide
 
日本波紋の会
 
南條さんが客席に「怪しい水晶」を投げる(フリ)という遊びから
観客がサイリウムで前から後ろにウェーブを起こすという
これは斬新な!
sat曰くこれが日本波紋の会とのこと
サイリウムの光が波紋のように同心円状に広がっていく様は
もしスタンドがあればめちゃくちゃ綺麗だろうなぁー
 
 
アンコール1曲目は
 
今やfripSideの中毒性の高い曲
 
sat「最高の声を出してくれ!」
 
24. Two souls -toward the truth-
(アニメ『終わりのセラフ 名古屋決戦編』オープニングテーマ)
 
会場内が一気に緑色に染め上がる
 
 
そして、最後の曲
 
nao時代の曲をカバーするにあたっての南條さんの想い
naoから南條愛乃になってfripSideとしてのsatの想い
八木沼悟志は15年前の活動開始から振り返り、そして南條愛乃は自身の加入時からを振り返り
表現は違えどファンに対しての素直な感謝の気持ちを伝える
 
25. crossroads(アルバム「crossroads」より)
 
1小節がバラードからはじまりアップテンポの展開になるこの曲
がたまらなくいい!
この15年分の歩みと想いが歌詞に詰まっていて、今ここに
十字路-crossroadsとして交わりfripSideとして立っている
軌跡がふんだんに詰まっている曲。
南條愛乃の哀愁漂う歌声に聴き惚れてしまい
このライブ後、最も再生がやめられなくなった曲。
 
(1サビ)
夜明けの光が空を照らす
輝く想いあの日のままで
少しだけでいい
歩くことをやめずに進んだ
 
「No stopping now!」←ライブではsatの叫ぶようなコーラス
 
(2サビ)
 
偶然が僕らを導いて
交じり合った軌跡が
僕らを今日も強く繋ぐ
 
 
 
八木沼悟志と南條愛乃のユニット
と個性あるバンドで奏でるfripSide
の歴史を今後も追い続けていきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、あいつは常盤台のレベル5(ファイブ)
レールガンじゃねぇぇかぁ!
あんなの勝てっこねぇ!
 
 
「アンタは私の後輩なんだから 
こんな時くらいお姉様に頼んなさい」by美琴
 
「おねぇたま~~。。。(# つ´з`)つ」by黒子
 
レールガン年末のアニメ空白時にひさしぶりに観てみようかな。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

思わぬハプニングだったけど無事でよかったね。

気管と食道をわける弁がのどにひっつく

という症状を帰ってから調べたんだけど

一概に軽症とも重症とも言えず素人目では判断できない。

けど、フライトの経験から、続行するかどうかという判断は

できると思ってたし、プロの意識と奈々ちゃんを支えている

チーム水樹がいることと

ひたむきでがむしゃらでまっすぐな奈々ちゃん

・・・いろいろと思うことはあるけど信じたいし信じられる。

てより、それがいちばん強く感じられた今回のFCイベ。

正直、最後のライブパートはおもいっきりは乗れなかった。

歌声はどうだろ?と気になって・・・

でも大丈夫だ!という安心感を持って帰れたことも大きいし

ミッシーがレアな体験だと言ったことの裏には

ファンに不安を煽らせたくないのと楽しんで帰ってもらいたい

という気持ちが強かったんじゃないかなぁと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで、しゃっす!!

 

 

 

11月19日(日)羽田着後、まずはSSAへ9時半過ぎに到着

 

どうしようか迷ったけど、入場の認証をやはり先にもらっておこうと

(過去ゆかりんのFCイベで免許証との住所違いで締め出されたトラウマがあって)

 

 

ついでに、ガチャだけでもと思ったら行列・・う、うーん・・あきらめよう

 

帰りは大宮からの深夜バスで、はじめての乗り場所

迷子になる恐れもあって、この後下見に。

今回のFCイベは長くて5時間かかるかな?と予想してたので

結果的に下見しててよかった。

 

そして11時に浦和へ向かい、奈々友さんたちと調神社へ

ここはいつかまた別記事にて。

 

再びSSAへ戻ってきたのが13時半頃そして入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S.C. NANA NET ファンクラブイベントⅦ 2日目

 

 

特に印象に残ってることだけをつらづらと

 

 

・開演前にナネットさんからの公演中のマナー

「イベント中に唐揚げ食べちゃダメだよ」(笑)

ステージにはモニター3つ

左に巨大ナネットさんと右に巨大ななちょも

 

・白と赤玉衣装のワンピで登場のかわいい奈々ちゃんと司会のミッシー

 

・セトリのなかで「STAR ROAD」聴けたのがよかった♪

 

・ミッシー「今日はスマフォやタブレットは使いません!」

???初日何があったんだろうと気になったけど

奈々ちゃん「やっぱアナログがいちばん(笑)」

同じく!

 

 

・2日目会場内のファン数約17000人

こんな大人数のFCイベってすごくない?

前にステージ、花道あってのセンターステージは

普段のライブと変わらないけど

アリーナの周り1周、1段高い位置にある道が

あるのが気になった→後で障害物競走に使うためと知る

 

 

 

・2017年に奈々ちゃんがSSAに参加するのが7回目!

声優アーティストがだよ!考えられない歴史を刻んでる。

FCイベの歴史を振り返った後

ミッシー「今日は杉田くんはいません」に笑った←期待してたw

 

 

 

 

事前のアンケートによる質問コーナー

 

自分も応募はしてたけど、スレスレの質問といえばやはり下ネタ

だろうと

「奈々ちゃんは右のおでこがチラ見えしてて、ふちょももは

左がチラ見えが多い気がするんですけど

これは、紳士、淑女たちを魅惑する秘訣でしょうか?」

と送付、多少自信はあったんだけど←ナイナイ

 

今の最寄り駅は?家賃は?

とかそんな質問でよかったのかw

 

ほとんどがNGななかで

 

今日の下着の色は?は半分NG

奈々ちゃん「ピンク系が多いかな」→会場内のペンラの色がピンクにw

ミッシー「ぼくは水色です」←想像してしまったw

 

 

OKな質問の中で

 

銀行口座の暗証番号に7が入ってる

 

これはNGだろうと思ってたら

ミッシーと何度もコソコソと打ち合わせ(笑)

突然叫びだす奈々ちゃん

→サンシャイン水樹奈々ジャスティス!!←最近の芸人知らなくてゴメンw

結果7は入ってないことに驚く

 

 

 

 

 

生写真撮影コーナー

 

衣装:婦警、女教師?、女子高生、彼氏シャツ

背景:空?、かわいい部屋、森林?、監獄

髪型:ポニーテール、三つ編み、ツインテール、ロング

 

会場の拍手がいちばん多く選ばれたのは

 

彼氏シャツ、かわいい部屋、ロング

 

髪型以外は自分も賛成←ツインテールがよかった

 

しかし、この後の写真撮影モニターをがん見してたけど

めちゃくちゃかわいい!・・・ぜひ、生写真を

 

ミッシー「いいね~いいね~いいよ~」←ただのおっさんに笑ったw

 

そして、ミッシーも写真撮影させられる風景に大笑いw

 

 

 

 

 

奈々の部屋のコーナー

 

水木一郎登場!アニキ~!

会場内赤いペンラで染まる

個人的にこのコーナーがいちばんよかった!

 

ゼーーーーーーーット!!!

 

7絡みのテーマで

アニキが話す途中時折入れてくる

マジンガーZの叫び声にビクッ!とするほど

声の響きがすごいんだよね!

来年70歳のバースデイライブがあるということで

現在69歳!?見えねぇぇ!てか

1000曲ライブを24時間やったって・・・

すっげーーーーっ!

歌い方、声の出し方、声を投げるように?

プロ中のプロだよ

アニキ奢ることもせず偉大さを思い知らされ

おっしゃってることがすべて前向きで

ほんとにすばらしい方だなぁて

奈々ちゃんだけでなく自分もパワーもらえた感じっす!

 

マジンガーZは小学生の時夢中になってた世代なんで

最後に奈々ちゃんとのコラボで歌った

「マジンガーZのテーマ」

に感激!泣きそうになった今回いちばん好きなセトリ

 

Nをひっくり返すとZとなることにそういえば!

 

 

 

 

セトリハンターのコーナー

 

会場内からくじ引きで21人選んで→この後15分の休憩

ABCの質問で3人まで絞り

LIVE GATEのセトリ3曲を決めてもらうコーナー

 

もし万が一自分が選ばれたらぜったいあの曲!

と思いつつ、ステージに上がるのはちょっとな~とドキドキ(笑)

 

すると初日に選ばれたセトリを聞いて・・・

 

 

「蒼き光の果て」だとぉぉぉぉぉ!!!

初日のファンのだれかさんあざーーーっす!

すいません、他のセトリはもうなんでもいいです。

奈々ちゃんとの出会い曲であり

ずっと待ちに待ってたいちばんの待機曲なんで!

 

 

ABC質問コーナーおもしろかったけど省略

 

気になるのは入れ替え曲になるのか固定曲なのか・・

 

あ、「恋の抑止力」もグッジョー!

 

 

 

 

 

ギネスに挑戦のコーナー

 

センターステージに声を拾うマイクを置いて

声の大きさを測る世界記録に挑戦

挑戦者は会場内ファン、奈々ちゃん、ミッシー、チェリボの7人に加え

水木一郎という強力な助っ人

奈々ちゃんは400レベルから声を発するということで

400レベルのあそこにいたファンうらやまー!

開始前に音響設備停止させて

モニターで

せ~の、1、2、3、4、5、6

と表示させて

「7」

を全員で一斉に叫ぶ

 

3回やって、ギネス記録に届かず

やっぱSSAという巨大会場では難しいでしょうね

 

3回目はアニキのZポーズをみんなで

Zポーズするとなんか気合入るね(笑)

 

次のFCイベでリベンジ?

 

 

 

 

 

SSA2週障害物競走のコーナー

 

くじ引きの結果

A:奈々ちゃん、ゆたぽん

B:門D、しゅうちゃん

C:ちょーさん、トムくん

D:ケニー、りゅうたん

 

自分はBだったので・・これはきびしいなとw

Cのちょーさんが、スプーンピンポン玉運びだけ

トムくんにやってもらって、それ以外は全部

自分ひとりでやります!

と言った時、ミッシーと同意でCがダークホースになると

思ったのが当たったけど何ももらえないw

あのハプニングがなければ

見ていておもしろかったコーナー

 

奈々ちゃんが平均台から危ない落ち方をして

え!?てビックリして

でもすぐ起き上がって・・・ほんと一生懸命な姿で

今となっては気持ちが複雑だけど

あの姿はやっぱ奈々ちゃんらしい。

 

 

 

 

 

小道具プレゼント抽選のコーナー

 

イベで使われた小道具をここぞとばかりに大抽選

ここで、奈々ちゃんの不調をミッシーから逐一

話してもらいつつ、長引きそうなので

ミッシーの必死に場をもたせようとして

どんどんプレゼントが増えていく。

途中まではドキドキしてたけど

やっぱ気になるのは奈々ちゃんで・・・

でも、ミッシーの姿見てると

奈々ちゃんを育てたひとなんだなぁと

納得できる時間だった。

 

 

 

 

 

ライブコーナー

 

1時間もの長い時間だったけど

奈々ちゃん、ミッシー何度も謝って

奈々ちゃん悔しかったと思う。

とかく無事でよかった!ということで

TESTAMENT

を聴いてホッと安心。

会場内のファンの熱がすごくて

奈々ちゃん、悔しさと嬉しさが入り混じってたのかな?

最後はもらい泣きしちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、今年最後の奈々ちゃんのイベ

いろいろあったけど楽しかったし

個人的には、また得るものがあったし

終演が遅く、会えずじまいの奈々友さんもいたけど

ずっとお会いしたかったひとと、はじめましてできたのもよかったっす!

 

 

 

そしてもうひとつ最後に

 

MUSEUMIIIに「えがおは君のためにある」が収録されるーー!!!

うれしーーー!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

しゃっす!!

 

今日のうちに記録残しときたかったので

ひさしぶりにダブルヘッダー

 

 

前回東京に行った時に、有楽町駅、秋葉原駅で撮った奈々看板

 

 

 

ちと話がずれて

BORUTOの第33話よかったぁ!

絵は上手い下手じゃないという話すごくいい教訓を得た

ひまわり先生(・ω・)bグッ

で、ひまわりちゃんの声・・・ん?この声って

今までなぜ気づかなかった?

はやみんかー!そこまでちゃんとキャスト見てなかったから

いまさらだけど(汗

で、さらに思い出した11月5日に秋葉原のゲーマーズ寄った時に

撮った写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやみんファンへ

自分もアニメ声優の中で声推しのひとりだからね(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、発売記念日が夜勤明けとなり

家族のいるマイホームへ帰省することが定例となってるので

マイ奈々ルーム→マイホーム→日本橋へ

大阪市内へはマイホームからのほうが断然近いのもあり

今日の早朝、愛車のクロスバイクしゃっす号でぶんぶぶーん

 

自身16回目となる大阪名物

NANA MIZUKIプロモのぼり100掲しゃっこい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、時間早すぎるとまだ暗く

遅すぎると通勤などで人がパラパラと撮影困難に

なるから、何時がいいだろう?と7時頃到着

 

車が走ってると風がのぼりをゆらゆらとさせるので

信号赤がシャッターチャンス

 

なるべく人通りの少ない場所を探して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーの和を彩ったギターかっちょええ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいでふくらましい御手でらっしゃる(ゴクリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に、にぎっていいかなぁ?(ゴックン!

 

い、いいと・・ももも!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジー→→→ (゜-゜*;)オロオロ

し、失礼しやした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、アマゾンから発送してもらった円盤←アマゾンで買うと3000円も安くなる!

今日帰ってきてから、不参戦だったZIPANGU千秋楽鑑賞

音と映像の融合

ツアー最初に参戦した名古屋での感想を思い出す

 

 

 

ALONE ARROWS

Please Download

TWIST&TIGER

ネオクリ曲たちがいいね!!

ツアー中もそうだったけど

ここらへんの曲たちが今の奈々ちゃんにすごくいい!

沖縄でいちばん魅了されたSTAND UP!から

りゅーたんのベースに惹かれてベースのほうによく目がいったり

ムービー演出千秋楽はロングヴァージョンだったんだねー

この衣装って・・・着てたっけ?へそだしやん!

大分で観たStay Goldそういえば発狂モードだったなぁw

大阪の企画コーナーだったアンティークナハトムジーク入れて欲しかった

などなど!

思い出が蘇ったり、新しい発見があったり

生ライブと映像では違うからこそ

映像でしか楽しめないこともたくさんあるから

これもまた奈々ライフの楽しみ

映像はブログといっしょで思い出を記録として残すことができると思う。

今年とてもとても思い出深い出雲公演は後日の楽しみに

とっといて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛ガッチョーバ!!!

今回いちばんきれいに撮れたのぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年早々ベストアルバム

THE MUSEUM Ⅲ

が発売されるし
どんなに寄り道しようともマイリスペクトは
ここにいる
 
継続していれば何か良いことにも巡りあえる・・うん?
 
 
 
 
 
 
日本橋でんでんタウンを歩いてると
こ、これは!
 
24時間営業の焼肉屋だとぉぉぉ!
今までこの店あったっけ?
中をチラッと覗いてみるとカウンターがある
ということは一人焼肉できる店やん!
焼肉店て一人じゃとても入る勇気ないから
単身赴任して以来こういう焼肉屋探してたんよー( 感´∀`動)
 
 
 
 
 
焼肉定食840円でリーズナブル
ごはんおかわりはできないけど、普通、大盛り、特盛りから
選べてお値段変わらず
お肉良質ですぜ!
一服できるのもありがたーい
のぼり撮影日に毎回食べに行く楽しみもできた♪
 
 
 
聖地じゃないけど
 
 
日本橋でんでんタウンにひとりで来る機会があったらお試しあれ |ω・`)チラ
 
 
 
 
 
 
走ってると感じる冬の到来
年内の予定を考えると2017のアメブロ更新は
あと2、3回かな?
2017ラストスパートまでカウントダウン!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

しゃっす!!

 

あなたの心にハートキャッチぷり大根より

 

 

八百万神の御命令に従い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーれどれぴっちぴちカニパスタ~♪作ってみよー

 

 

しかし、このきゅうりみたいなものはなんだろ?

パスタにきゅうりは入れないだろうし

うーん・・・あ、マクドのバーガーによく入ってるやつ?

名前なんて言うんだっけ

ズッキーナ?

芸能人にそんな名前のひといなかったっけ?

まいいや、必要な材料はっと

 

オリーブオイルと塩コショウはあるから

・パスタ

・トマト缶

・ベーコン

・たまねぎ保留

・ズッキーはいなかった

店の人に聞いてもうちには置いてませんだって。

うーん、代わりになにか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものシメジでいいか。。

 

フライパンで絡めて絡めて~

パスタ茹ですぎたわ。。。

 

 

 

 

皿に盛って、「かにのオリーブオイル漬け」を

スプーンで2杯ちょちょいのちょいで出来上がり~

 

んでは実食っ!!!

 

う、うひょおぉぉぉぉーっっ!!

 

トマトの爽やかな甘みと海から運ばれたカニの幸

そしてオリーブオイルの風味がパスタに絡まり

まるでお店に……(略

大感動でございましたっっっ☆☆☆

クレームは受け付けておりません

 

 

 

 

三流芝居はおいといて、カニのオリーブオイル漬け

とてもパスタにマッチング!

パスタ3杯分あっというまに食べてしまったw

ご飯といっしょに食べると

これは止まらないやつ〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう1本

 

 

 

気になったので、調べてみると

 

 

 

きさいや

 

のHPから16枚入りを購入してしまった(´∀`; )

 

 

 

1口試食してキラーン♪お口の舌はのろけました(笑)

 

パリッパリ!サクッサクッ!

「これは止まらないやつ~♪♪♪」

の実印押せるw

お酒のおつまみあいそうだ

 

 

今度愛媛行ったときには

みんなのお土産にゲットしたいと思いますっo(^-^;)o

 

おっと、セブンへ急げー

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

しゃっす!!←ひさしぶり

 

ずっと気になっていた、

俺のベーカリー&カフェで生食パンの情報を知ったのですが、

めちゃくちゃ美味しそうで行動っ!!

 

 

 

 

断然米派の七海響ですが、

これなら毎日食べたいっと思うNのハコでしたっ(≧∇≦)え?

あまりに美味しそうだったので、すぐにサンドイッチを買って(笑)

 

 

 

 

フタを開けるとパンの耳がしっかりガード!

 

 

 

今回はタマゴサンドにしてみたのですが、

これまで食べたサンドイッチで1番・・やーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

俺のBakery&Cafe 松屋銀座 裏

11月5日(日)の朝、羽田空港から有楽町駅に向かい

歩いて10分もかからなかった←迷子はいなかった

9時開店と同時にお店に入ったので余裕で買えて

ジョルノライブ前にカラオケボックスで

けーぶほといただきまんもす!

 

パンがマジでフッワフワでモチモチで

パンと同じぐらいの厚みがある厚焼きタマゴも
フッワフワでモフモフで
マスタードの辛みも効いて
これなら毎日食べたいっと思うコでしたっ(≧∇≦;)←こらー!
 
別の味も食べてみたくなっちゃいました~っ(´▽`*;)←このひと次もやるで
 
マジでうまいっす!
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。