ブラウザ三国志ノート 「軍令」

1~16鯖 ★ゴン太王国★戦場カメラマン・ナミ@ZTKの戦争実況中継ブログ。非戦時は適当。


テーマ:
「三国志PHX」がサービス終了だそうです。

私も少しだけさわってみましたが、ブラ三とほぼ…というか全く同じモノで違うといえば絵くらいなもので、なにも新鮮味がありませんでした。
これではツールもなくカード資産も振り出しのPHXにブラ三プレイヤーが流れる意味は皆無で、私もちょっとやってすぐ放置になりました。

さて、4.5コスト許褚が登場し、いよいよ世紀末感が漂ってきたブラウザ三国志。
正直このままだと終末回避は難しいと思いますし、私自身もモチベが下がってきています。

いま思えば「護君」登場あたりからでしょうかね。ゲームバランス崩壊が具体化してきたのは。
そして指南パンダ。全軍令。合成確率上昇水鏡娘。覇軍カード。

個人的に私が最もバランスを崩したモノをあげるならば、パンダだと思います。
このゲームはスキルが「隠し」でつくために、その前提スキルも踏まえてカードの価値というものが設定されていましたが、パンダの実装によってデフォルトスキルの種類にはほとんど意味がなくなり、ステータスのみが重視される流れになり、結果カードの個性が大きく失われました。

世の中、囲碁将棋麻雀の3つを比べて、いわゆる競技として洗練され厳粛なプロリーグなどが囲碁将棋では存在するのに、麻雀ではどうしても「プロ」が一歩下に見られるのか。
それは麻雀ではプロがアマチュアに負けるからです。だからこそ麻雀は一般層では最も人気のある「ゲーム」として君臨しています。囲碁将棋は実力が100%で同格の相手と戦った場合に勝負はメンタルとかによって決まりますが、麻雀はズバリ「運」が強く絡みます。

つまり人智を超えた「神の領域」がゲームの大きなパーツを占めている。
だからこそ麻雀には「下手の横好き」が多く、また「弱くても楽しめる」ゲームとなっています。

さて、カードゲームにはMTGしかりその廉価バージョンともいえる遊戯王カードしかり、欠かせないものがあります。それはモンスターカード以外の「魔法カード」、「罠カード」。



ブラ三でいう武将カードはこれらのゲームでいうところの「効果モンスター」にあたります。
各カードに攻撃力などのステータスがあり、それぞれのカードの個性というべき「スキル」がついている。覇軍カードはまあ、スキルレスなことが個性と言えますが、とにかくブラ三ってのは実はカードゲームとしてはこのあたり実に未完成な部分が大きいのです。

実装されると噂されながらいつまでも実装されない「装具」という概念。
これはもしまだ具体化していないなら、強く「カード化」を願いたいものです。

つまり、ブラ三に新たなカード群を追加し、戦術の幅をどーんと広げて(それこそ別ゲーになるくらいに大胆に)カードタクティクスの深みを増すことが最も大事なことと考えるわけです。

たとえば仮に私が運営の人間であるならば、魔法や罠などに当たるカード群を新設します。


1.装具カード

0.5~1.5コスト程度の「武将の能力」を変化させるカード群。
たとえば「UR青龍偃月刀」であれば1.5コストで武将の攻撃力、防御力500%上昇、関羽、関興、関銀塀、張遼、潘璋の場合800%上昇、みたいなね。
ようするに、4コストの関羽にこれを装備した場合、5.5コストのカードになるわけですな。
ただスキルの上昇率とかは4コストのまま。コストを加えることによってステータスをあげるといったような感じ。そして一度装備したら外すことはできるが、外した装具カードは返ってこない、とすればよし。

0.5コストであればそれこそCとかで大量に実装してしまってよいと思います。
「C鉄の槍」で攻撃力が50%とか、他にも鹵獲効果10%とかTP取得率〇〇%上昇とかなんでもいいと思います。

「永続魔法カード」に近いものになるのかしら。


2.計略カード

基本1回使いきりの低入手難度のカード群。領地に仕掛けて敵の白兵武将のHPを削ったりする陥穽の計とか、武将に「一時的」な速度や謀反効果、攻撃力などを付与したり、様々な効果を出します。兵種属性の一時変更なんかもよいでしょう。
また1枚しか持てないかわりに消えずに残り、リキャストがバカ長い入手難度激高カードなんかはレアリティ「L」にして三国志の有名計略にするとよいと思います。

たとえば L「空城の計」 このカードと「諸葛亮」を使用時点の全コスト使用してセット
一緒にセットする諸葛亮のレアリティで効果時間が変わる(UCなら1時間、Rなら3時間、SRで5時間、URは10時間)。あらゆる攻撃が成立せず、戦闘終了する。


つまり「休戦モード」に強制的にする計略。そのかわりリキャストは1ヶ月とかで、かつ全コスト使用なのでセットしている間は他のカードは一切あげることができない。
一ヶ月に一度だけ、どんな絶体絶命のピンチも10時間しのぐことができるカードですね。
当然複数枚持てるとゲームバランスが崩壊するので、1枚しか持てずかつ入手難度も激高にすることが重要です。間違ってもSP計略なんかでステップアップで出したりしないように。

他にも「烏巣の焼討ち」で相手の兵糧を○○%削るとか、鹵獲マンセーな世の中に対抗すべく資源攻撃要素なんかも加えると非常に面白くなるかと思います。

ゲームバランスが崩れないように、各計略などにはいろいろ制限をつける必要がありますが、このテの「武将以外」のカードを実装することによって新たな戦術、工夫が生まれ、ブラ三は「カードゲーム」として一歩高みにのぼることができるでしょう。



…というわけで運営さん、一発大胆なテコ入れよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


レイド中だからでしょうかね。レベル378で神速雷光8鹵獲10ならお買い得と判断。

このままでもいいモノではあるが・・・


  まだ伸びシロがありますな。




まずは余計なモノを抹殺。




  眠っている才能を呼び起こしましょう。


この間に★ゴン太★から電話あり。


 「とりあえず王者の護りがついてそいつを守備振りにして使えや」

 「神速援護がついてもいいぞ。雷光も無駄にならんし。まあとにかくお前が失敗したのを見届けてから出かけるわ」


 「とりあえずお前はそこの窓を両手でいっぱいに開けて、靴を揃えて飛び降りれ」


という会話がなされた後、勝負。





 「チッ」「ついたか」「つまらねえ奴だ」「いってくる」



さて・・・次はさらに才能を磨かねば。





           







 まあRなわけだし






・・・さっきでかけた犬みたいな名前の奴をマネするか致し方ない。








10は失敗。













AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
いあまあ今回は別に学ばないけどマンガジャンルってことで。

私ゃしつこくフリーコミックサイトの「comico」ってとこに掲載されている「パステル家族」という作品を推しているわけですが、実際このサイト、いまじゃ下手なそのへんのジャンプとかよりおもしろいと本気で思っています。

ここでひとつ私が毎回読んでいるモノでそこそこオススメをご紹介。たぶん誰も望んでないが。


月曜日:

 ヨメがかわいい。

 エヴァと月姫と進撃の巨人を足して10で割ったような。


火曜日、水曜日:読んでいるものはあれどオススメにはまだ足りぬ感じ。


木曜日:

 最近単行本化。アニメ化も決まったそうな。ミヨクかわいい。

 最近はじまったばかりだがこれはオモロ。絵も独特でよい。

 最初はコメディだったのにいつのまにやら超シリアスに。


金曜日:

 ダントツオススメ。神作品。作者は天才。次代のサザエさん。


土曜日:

 単行本化第一号。comico メジャー化への第一歩。


日曜日:

 沖縄料理マンガ。めいさみたいなヨメ欲しい。







楽しみにしているランキングでは今のところは

1位: パステル家族
2位: うふそー一族
3位: ギガンティックガール

という感じ。「ギガンティックガール」はうまくいけば大化けするかもな作品。
1位は不動で、2位も最近かなり固定化してきた感じ。

まあ今回紹介したモノはどれもそれなりにおもしろいのでマンガ好きなら読んでみそ。
「パステル家族」は本気でおもしろいし人によっては泣けるしでマジオススメ。
「うふそー一族」は沖縄に住んでみたくなる作品。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇