ブラウザ三国志ノート 「軍令」

w2鯖 ★ゴン太王国★戦場カメラマン・ナミ@ZTKの戦争実況中継ブログ。非戦時は適当。


テーマ:

国民的アニメ「サザエさん」の視聴率がだんだん下がっているそうな。



確かに「サザエさん」て実際めっちゃ古い作品で、作者ははるか昔にすでに亡くなっているし、ある意味作者なしでも作品自体がまるで命をもっているかのように月曜日の攻撃のドラを鳴らしてくれる、そういう意味でもまさに国民的なシロモノ。
視聴率が取れなくなってきた、というのはぶっちゃけサザエさん自体のせいではなく、時代のせいだと思う。そもそもテレビ離れが進んでるご時世に視聴率なんて伸びるわけがないわけで、しかもこう言っちゃ悪いがサザエさんを毎週心待ちにして楽しみに毎週欠かさず見てるなんて人はほとんどおらんわけで、日曜の夕方にテレビついてたらなんとなくやっててなんとなく見てた、とかが基本。
ならば別にサザエさんは内容なんて無難であれば特に問題はなく、大事なのは「存在」そのものであるとあえて言ってしまおう。

恐らく今40以上くらいの人達は、もしサザエさんが終了してしまったらなんとなく心にポッカリ穴があいたような感覚に襲われるだろう。そのあたりの世代にとってはサザエさんは生まれたときからそこにあって、そこにあるのが当たり前のような存在になっている。30代くらいの人は「ちびまる子ちゃん」もそんな存在になっているかもしれないが、サザエさんがその「存在」を最も重要視されているというのは、何十年も主題歌が変わらないことが示している。もうはじまりの歌、いや「サザエでございまーす」というアレではじまるのがサザエさんであって、そのあたりが多少でも違ってしまってはいけないのである。

なのでサザエさんは少なくともサザエさんの声優である加藤みどりさんが御健在のうちは終了させるべきではない。もしあの「サザエでございまーす」の声が別人になってしまったらそれはもうサザエさんではないと感じるだろうし、終わるとしたら加藤さんが引退したときであろう。

地味にサザエさんの声優陣、一度も変わっていないのはサザエさんとタラちゃんだけ。
はじまったのは1969年であるから今46歳より若い人はサザエさんの初回を見ていない。というより物心がつく4歳くらいを基準にとれば50歳以下の日本人は皆サザエさんとともに生きてきたわけだ。
他のメインキャラはすべて途中で変わっている。かつてドラえもんの声優陣がガッツリ変わったときもかなりの違和感があったが、ドラえもんはサザエさんと違って「国民的アニメ」ではなく国民的漫画作品である。それがアニメに進出して映画その他と「作品として」勝負しているものであって存在が最重要案件ではない。だから声優陣が変わっても内容で勝負できる作品が提供される限り終わることはないだろう。「のび太の○○」的な作品で涙腺崩壊した人は多いはずだ。

しかし加藤みどりさんも今や76歳のおばあちゃんである。いつまでもサザエさんでいられるわけではなく、引退の時はそんなに遠くはない。そのとき、また二代目サザエさんの声優を置いて続けるのもまあいいが、個人的には新しい時代、今の時代に沿った息の長い次世代サザエさんが必要なんだろうと思う。そして存在で君臨するなどということはどんな神作品であろうとサザエさんを超えることなどできようがないわけで、さすればやはりドラえもん的に内容で勝負して純粋に「楽しみに見る」層を開発しなければ、大晦日時代劇のようにいつのまにか日曜6時枠のホームコメディ的アニメも自然消滅してしまうであろう。



個人的にかつて日曜夜にやっていたハウス食品の「世界名作劇場」終了は若い世代の育成面を考えても計り知れない損失であったと思っている。昨今の少年少女の心がすさみがちなのも幼少期に「ぬくもり」を感じることが少なくなってしまったからではなかろうかと冗談抜きで思う。

幼少期から触れる漫画やアニメ、今日の人気作品は片っ端から殺伐とした内容で、暴力的だ。
今や国民的作品と言えるだろう「ワンピース」だって、ドラゴンボールだって内容は少なからず暴力的で流血シーンなんかもてんこ盛りである。むろんこういったエンターテイメント作品はそれでなくちゃあ面白くないわけだが、このサザエさん枠についてはこういう方向性の作品はNGだ。






 すさんだ少年少女達の心が・・・









 こうなるような内容じゃないとダメなわけで 










そんで私としてもいろいろな作品、癒しになるような心がきれいになるトトロが見える人になれそうな作品群を探して読んでみてるわけですが。

やはり群を抜いているのはこの2作品。


 よつばと!

内容は割愛しますが、心洗われる的な意味合いでは最高峰の作品のひとつ。
ですがサザエさんの後継者になるためにはいくらか致命的な部分があり、まずは主人公「よつば」が同居する「とうちゃん(小岩井葉介)」と血縁がないということ。つまり実の娘ではない、しかも外人(「よつば」は日本人ではないとされている)、かつ実の両親の存在が不明(生死すら明確でない)で「家族」というものを表現するにはいささか設定が厳しいのである。そして作者自身がアニメ化NGの姿勢であるとも言われており、現実味がないのだ。

サザエさんの後継者となる作品の条件として(別にサザエさんが終わったあとにはじまるって意味じゃなく、ホームコメディの王道を継ぐものという意味でふ)、私が考えるのは以下の通り。

・暴力描写がない
・家族愛、日常描写がメイン
・長く続く
・絵が簡単で見やすい
・登場人物のバランスが男女ほぼ均等

このあたりでしょうか。



まずサザエさん的内容に血生臭い描写は不要です。教育上もよくありません。

次に家族愛、日常メインというのは「ぬくもり」が一番大事なところからこれも絶対です。

長く続く、というのは仮にも国民的アニメを継ごうというものが短命でどうするって話で、作者が死ぬまでその作品を書き続けるくらいの覚悟があってほしいし、その覚悟が必要でしょう多分。

絵が簡単ってのは、このテの作品は長続きするせいで必ずと言っていいほど原作をアニメが内容量で抜いてしまうので、原作者が原案だけ出してアニメだけでも一人歩きできるものでなくてはなりません。その場合無駄な線の少ない簡単な絵柄というのは実に大きな武器となります。

最後に男女バランスってのは、あのガンダムでさえZZで女だらけになってキャラ物っぽくなってしまい旧作ファンの多くが離れたといいます。また近年国民的ヒットとなっているエヴァンゲリオンだってもしあの外見のレイとアスカがいなかったら人気出なかったと思います。
そしてとにかく女性キャラのほうが多いって時点でターゲットがヲタク寄りになってしまうのでダメ。つまり魔改造フィギュアがバカ売れするような作品は最初から対象外になるわけです。


そしてこのあたりを踏まえて、やはり私のイチオシは(つうかバレバレだが)。



これ以外には考えられません。やはりこれこそが次代のサザエさんです「パステル家族」

ある話で主人公マヨの兄タクオがこういった内容のことを話すシーンがあります。

昔はゲームに理解がなかったが、今はそのときゲームしていた世代が親になっているからゲーム自体にさほど理解がないわけじゃない。だからって一日全部ゲームだけしてたらアホになるだろ

このタクオ自身はネットでは有名なゲーマーで彼がネットでほめたゲームの売り上げが変わってしまうほどの存在。だからってゲームだけやってるダメ人間ではなく、人格的にはかなりのハイスペックだが決して少女漫画の彼氏役のようなチートではなく、いわゆる「しっかり者のお兄ちゃん」だがゲーマーでアニメオタクという今の世代にはよくありそうなキャラで非常に親近感が持てる。

とにかく登場キャラ達が「ふつう」なのである。

「ふつう」の中にこれだけのドラマが隠れてる。日常という名の大いなるドラマと言える。
とくに後半のマヨママとマヨパパの出会いの話は涙なしに読めるものではなく、というよりこんな出会いして家族ができるなら他になあんにもいらないわと心から思えるほど心が洗われるのだ。




なんでもないようなことが 幸せだったと思う




こんな歌を誰かが歌ってましたが、まさにこんな感じ。
サザエさんの後継者となるにふさわしいのはこれ以外にないと思っています。
深夜枠の安易なアニメ化などせず、NHKあたりが本気で取り組んでくれないかなーと割とマジで考えているのですが…。

ちなみに安易な深夜枠で秀逸な原作がアニメとして短命になってしまった例では、最近では「それでも町は廻っている」あたりでしょうか。
これもサザエさん的な側面を持つ作品(ちょっと内容が独特なので後継とはなれないが)だったので、ちびまる子ちゃんとかクレヨンしんちゃんの後釜くらいだったら十分に務まったであろう惜しい作品でした。



まあ「それ町」は作者が奇才の類(普通は絶対思いつかない発想を持っている)なのでなかなか扱いが難しいというか、それは石黒先生の他作品を見てもわかりますが。
まあ作者なしでは絶対世界観が維持できないのでサザエさんにはなれないだろうなと。

語尾が普通とですます調が混ぜ混ぜなのはご愛敬ということでよろしく。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日この現代日本で19人もの大量殺人事件が起こった。
海外でも「日本で」このクラスの惨劇が起こったことに驚きをかくせぬ報道があったようだ。

まだ26歳の若者の凶行。外国ならばさほど珍しくもないことかも知れない。
しかし日本でこの規模の事件は戦前まで遡らないと存在していない。

このテの事件には時代背景が密接に関与するといわれている。

日本の生活水準は世界でもかなり高い方だと言える。
「ただ生きていくだけ」ならばかなり容易な国であると思われる。
しかしこの「裕福な国」であるが故に貧困層への風当たりは強いと考えることもできる。

たとえば子供の頃、かなりな貧乏人の子がいたとき、「あの子と遊んじゃいけません」的なことがあったであろう。遊んじゃいけませんと注意された側か遊んでもらえない側かはともかく、このようなことは先進国では珍しくもなんともない光景である。

人種差別ならぬ貧富差別とでも言おうか。いずれにしても先進国では貧乏人は虐げられる。
別に好きで貧乏なわけではなく、生まれる環境は選べないわけで運が悪いとしか言い様がない。
だが、貧困は犯罪の温床となるのは確かであり、今でも借金に追われて強盗を働くような輩はゴマンといるし、中には刑務所に入ればメシが食えるし屋根付きの部屋で寝れるという理由で犯罪に及ぶものまでいる。

しかし、今回の事件もそうだが最近の若者の起こす事件ははっきりいって貧困はあまり理由になっておらず、もともと素質のあった精神異常が社会の荒波でスイッチが入って爆発するような、そんな印象を受ける。はっきりと若者の精神的なタフさというか、忍耐というか、そういった「我慢の精神」が時代とともにどんどん失われている気がするのだ。






----------自分は「冷遇」されている----------






このように常日頃感じる若者が多いそうだ。頑張って働いても待遇はよくならず、自分は他人と差別されているのではないか、と常にストレスを抱え、心身ともに疲弊していく。



もちろん本当にブラック企業とかで冷遇されてる奴はいるのかもしれないが、たいていの場合は自らを正確に分析できていない、言い方を変えれば「自分に甘い」場合がほとんどだと思う。何か不具合があればまず他人のせい、あるいはモノのせい、自分の責任についてはほとんど吟味しない、というのが最近の若い世代の習性といってもいい気がする。別に冷遇されているのではなく、自分がそれを冷遇と感じる奴であるだけ。

これは別に職を選ばず、そこそこステータスの高い高給取りでも若い世代はこの風潮がある。
とりあえず「自分は悪くない」のである。いや、正確に言えば「口では自分が悪いような」ことも言うが、実際は自分が悪いと思っていないというのが正しいところだろう。まわりと争いが起こらないために口先だけのごめんなさいや口先での次はがんばりますはよく言うが、実際のところ自分を変えようという努力よりもまわりがいかに悪かったのかと反芻し、それは自分の中で誇大肥大化し、自らに暗示をかけるが如くお前らのせいでオレが悪者になった、という思考回路に帰結する。



いつも思うことだが、この世で自分に対する「自己評価」ほどアテにならないものはない。
相当自分に厳しい人でも、そもそも自分の欠点は自分では気づかない(だから長年欠点として存在する)わけで、欠点が見えてない時点で減点要素が省かれているわけだから自己評価なんてものはどんなに頑張っても正当な評価より高得点になる。自分の評価というものは、ある日他人の口から「誰々がお前のことほにゃらほにゃらら」という伝聞で伝わってくるものこそ信憑性がある。他人の口からさらに他人へ伝えられた言葉、つまりその場に自分が介在しないときに出た言葉こそ建前のない真実である。

だからたとえばあなたとAさんがB君の噂話をしたとき、B君の悪口で盛り上がってしまったならばB君はその悪口を言われる要素が少なからずあるというのが真実なのである。
無論、あなたとAさんが超終わってる人物でないと仮定した上でのことだが、B君はあなたにもAさんにも同じように悪口を言いたくなるような行動をとっているということ。これはB君の明らかな欠点なのであろうが、あなたもAさんもB君がそばにいる状況でこのような話は絶対にしないだろう。なので人は自分の欠点には気づくことができないのだ。唯一自分の欠点をはっきり指摘してくれるのは親であるのだが、子は親の言うことを素直に聞かないもの。なのでたまには親の説教を真剣に聞いて吟味してみるのは大切なこととも言える。

それは全てに通じるもので、例えばとある技術において自己評価の甘い奴は自分をそれが「できる」と思っている。実際は離着陸ができるだけの状態に毛が生えただけであっても、自分はそれで上手いと思っているのだ。なぜそうなるか、それは真の巨匠の技をその目で見て感じていないからであり、そして巨匠の教えを真摯に受けていないからなのだ。自分の後輩がとある技術についてうんちくを語り、最後に自分がこの辺の世代では一番上手いとのたまったとき、つい大人気なくその世代にはオレも含まれているのかい?と聞いたら相手が黙ってしまった。
私は自分がそれを上手いと思ったことは一度たりともなく、かつ本当にそれができる人の技がどれほどのものかも知っていたので一生かかってもこれを「できる」と言う日はこないだろうなと思っていたわけで、それでつい後輩のうぬぼれた一言に嫌味を言ってしまった。少なくともその後輩のうんちくを聞いている時点でたいしてできもしないことはまるわかりなわけで、たいしてできない私が聞いてもたいしてわかってねえな的なレベルでしかないわけで、でも今の若者はそんなものを自分の実戦武器と認識し、かつ敵を倒せると勘違いしているのだ。

 ←チンケな野郎の図

だがそこに嫌味のひとつも挟んでしまった私もまたチンケな野郎だと後で自己嫌悪に陥るのだ。


※     ※     ※


話がまとまらないが、要するに時代はなにも変わっていない、変わったのは人なのだ。
単に昔の世代なら耐えれたことに今の世代は耐えられないだけのこと。
戦国時代に人を刃物で斬ることが、目の前で人が死ぬことが当たり前でも現代では目の前で人が血をピューピュー流してたら卒倒するだろう。敵の首を切り落とすことが手柄とされた時代に比べれば、今の時代は生ぬるい。時代が変わると人も変わる。そして人がどんどん変わっていって時代とのギャップに耐え切れなくなったとき、時代が人を追随するように変わっていく。

時代と人は相互に影響し合うものなのであるから、今の時代というのは時代が固定して人が変わっていく時期なのだろう。そして今の若者の忍耐力その他がデフォルトになるとき、時代は次の変化を見せていくのではないだろうか。黒電話から携帯電話へ。手紙からメールへ。きっと我々が生きているうちに、もう一度何らかの階段式の進化が垣間見れる気がする。

そして我々は時代が変わったこと、自分が骨董品となったことを認識して死ぬだろう。



「今の若いものは」という言葉はダメな言葉である。今の若いものが未来を作っていくのだから、今の若いものが自分らの時代を作らなければならないわけであるが、今のコンビニ前でんこ座りしながら「だりー」「うぜー」とか言ってるヤツらがどんな時代を作るのか。







まったく楽しみじゃないね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ショーンK




なんとなく思ったことなんですけど。

このショーンKってなんか学歴詐称だかなんだかで干されちゃってますが・・・



純粋に「超イケメン」ですよね。むちゃくちゃカッチョええと思います。とにかく見た目が。


そんじょそこらのハリウッド俳優よりよっぽどカッコいいつうか、ハーバード大学うんぬんってのは嘘だったのかもしれんけど、外見のレベルは立派にハーバードのレベルっつうか。

普通に俳優としてメディアに復帰すりゃあいいのになって思う。




こんだけ外見にいい味出してる人を埋もれさせてしまうのはもったいなあ~と。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。