★気づきのYOGA★《明石・舞子・大阪》

明石~大阪にてヨガクラス開催
明石:水曜・木曜19:30〜/ 土曜10:30〜
舞子:隔週日曜10:30〜


テーマ:
気づきのヨガ
ナミエです。

さて3月は、朝ヨガ、舞子ヨガのスケジュールが少し変更になりますのでご確認いただければと思います。
 🌞火曜日、木曜日の朝は、誰でもできる身体の見直し!生き生き健康ヨガです!
小学生まで無料で一緒に参加してもらっても構いません^_^
気軽に参加してみてくださいね🤗

♪♪朝ヨガ(明石スタジオ)7:00~8:00
・基本の太陽礼拝から体の準備します。
朝ヨガスケジュールが変更になりました・・・すいません
・3月19日(日)
・3月20日(月)
・3月26日(日)
・3月27日(月)
参加費:1000円
 
★明石ヨガ教室
毎週火曜・木曜 10:30~11:30 生き生き健康ヨガ
水曜・木曜 19:30~20:45 ハタヨガ
土曜 10:30~11:45 ヨガセラピー
1回:1500円
5回回数券:6000円(期限なし、返金不可)
 
★舞子ヨガ教室(JR舞子駅徒歩3分)
3月5日(日) 休講
3月19日(日)
4月16日(日)
初回:1000円(マット込)
1回:2000円(マット200円)

問い合わせ: naminamini@gmail.com

{5F36992C-3D6B-40DB-BD59-3619863123DF}


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヴィジョンオブインディア二日目
日本を離れてから三日目。3日目とは思えないのでう。なぜなら1日が充実しすぎ、あまりに大きな出来事が重なり、124時間とは思えないほどの時間を費やしてるような気分なのです。
19日の朝は
ラーマクリシュナアシュラムを訪問

なんでしょうかこの空間は・・・・

言葉が出ない空間なのです。

今いること、今があること、この瞬間が幸せで、ありがたく、今思い出すだけでも涙があふれます。その表現を、感情を、言葉にできないのです・・私のボキャブラリー不足でもあるが、言葉にするでなく体感することが一番ではないかと。

悟りに導かれた浄化された魂がそこにあるのか何なのか・・・・・わからない。

とにかくアシュラムの中にいることで何も考えられない状態になっていました。

{A6C3DA09-12BF-4AC6-B834-516F14F0805B}


そして、私達が進まなければいない道も見えているのだという思いも一緒に沸きました。

神々の中で雄一AUMの心理を語るムルガ神の寺院


日本で焚くろうそくと同じなのに。一つの光にこんなに思いを寄せたの初めてかもしれない。

無知に光を与えてくれる。光の本来の力をインドにて師にていただいた。


このムルガ神が抱えているのが今回マスター私達に特別に用意してくれたルドラクシャ。おしゃれで身に着けるものではなく、とても意味あるもの。そして一層の力と恵みを得るためにムルガ神に捧げてくれて、そのムルガ神の神輿を私達が担ぐ事に!

これは実は、神輿を担ぐ、一目ムルガ神の姿を見たいと、インド中の人が望むことでどれだけ貴重なことか、ヒンドゥー教徒でもなく、ましてやインドから遠く離れた私達日本人が担当することは、歴史的にも初めてで最初で最後だと思います。その為のマスターの費やした努力を考えると、通常の努力とは違う、“愛”という名の努力があるのです。


無我夢中でマントラを唱え、神とつながる手綱を引きました。

(暗闇の中、たった一つ大きな光を与えてくれている神)

来世でも体験できないことを今世で私がこの手で体験している。

今思い出すだけでも時が止まるような感覚になります。


 

老朽化し、インドの方も入れない千本の柱がある古い寺院。マスターが幼少期に遊んでいた寺院。ここで、ヴェーダンダのラーマヤーナ先生による講義。なんとも贅沢です。

そのお寺には、ヴィヤガラーサナの原型も!その他色んなアサナがあるのです。

{8E94FE10-AD5D-416D-B99A-01C10C5A6B4A}


 

そして寺院の屋上?にあがった場所でアサナを。

老朽化した寺院は石がガタガタです。斜めです。そんな時代を繰り返してきた場所での早朝レッスン。時間とともに太陽の顔も変わるのです。

 

{C3EEC2DA-336A-4478-8ABE-2249E4F7C6D8}

カンチプラムの誇りと書かれたマスターの看板。

ヨガをヨガとして異国で伝え続け、異国の生徒を母国に呼びヨガを通し日本とインドを繋ぐ。

インドの先人から受け継がれているヨガを伝承しているからこそ母国インドで誇りとされる。

異国に入り、流行る、簡単、おしゃれという本質を見えなくするのでなく、どんな逆風であろうが真実を語り続けるからこその誇り。

私達が行く先々でテレビ、メディアの取材が入りました。

これまたインドのテレビ初出演です(笑)

 

 

{008F8144-85E7-4ED3-8544-1B1C926AD066}

今回のインドでの食事は、全てマスターのご家族、そして特別シェフがキッチンに寝泊まりして私達日本人36人のために朝昼晩!毎回違う南インド料理を振舞ってくれました。

しかも!食事時間は、全て私達に合わせて・・・私達の行動の時間が未定のままスケジュールが毎日変わり、そのたびにご家族、シェフは睡眠時間を削り、自分の時間を私達に合わせてくれていたのです。

私達は、常に家に戻れば食事が食べられる状態にあるのです。

そして、全て美味しい!!!!!!毎回感謝してもしきれないです・・・

 


{A3BF859E-2FD6-489E-A9C5-2146C78C942F}
最終日はポンガル!
インドのお正月です。
前日には、いらない物を家の前で燃やします、なので足元気をつけないとダメなのです
写真はライスパウダーで書かれたもの。女性が日が昇る前から書き始めるのです。パウダーで!!
ライスパウダーで書く理由。
終わればアリが食べれるから。
どんな時でも与える事が基本のインド。

そんなインドリトリート

目に、耳に、口に、肌に、鼻に、五感全てに満足を得る、素晴らしい1週間で、夢のような時間でした。


神々の中で唯一AUMの真理を悟るムルガ神の寺院ヴィヴェーカナンダの師である信じる。

与える。

愛。


全てを実践と経験で味わえる、言葉や文字ではない、正にヨガでした。


楽しかったなぁで終わってはいけない体験だな!

ラーマクリシュナのアシュラムで
瞑想とプジャを特別に許可されるという幸運
インドの神々のみならずヨガの先人達からも祝福された旅
ヴィヴェーカナンダの師である
ラーマクリシュナのアシュラムで
瞑想とプジャを特別に許可されるという幸運
インドの神々のみならずヨガの先人達からも祝福された旅

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インドリトリートVOIに参加して

17日の朝に日本を飛び立ち、本当に私たちはインドに行くのだ!とその時点でワクワクし、乗り継ぎのバンコクからインドへの飛行機の中では今度は不思議な気持ちに。

もう一度私はインドへ行くような気がする!と根拠のない思いが、VOIという素晴らしい時間へと導かれました。

チェンナイ空港に到着してから、最終日のチェンナイ空港まで、本当にインドの方にお世話になり、安全かつHAPPYな時間を与えてくださいました。

日本人への食事、トイレ、貴重品確保など、マスターは頭の先から足の指先までと言わんばかりに全身全霊で私たちの事を考えてくれていました。それがVOIの為に昨年からずっと。

ヨガとは無意識に意識を向けること。

もちろん6年前に日本に来てから同じことを伝えてくれています。

しかし私は聞いているようで聞いていなかった。聞こえていたけど、聞いていなかったのだ。

今になり、こういうことなのか、そうだったのか・・と気づく。

マスターの目には、耳には、鼻には、五感全てにおいて無意識な部分に意識を向けている。

私たちの見えない部分に気を配り、常に見ている。私たちの無意識にも目を向けてくれている。


アサナができるようになるとか、サンスクリット語が言えるようになるとかではなく、インド滞在全て、そしてマスターの姿を見ること、その時間を体験したことがヨガそのものでした。

 

簡単に愛などと言葉を発するけど、本当の意味をどれだけの人が理解しているか。

ヨガリトリートと題されている今回のインドツアーは、ヨガの実践を見せてもらい、愛を目の前で感じるツアー。


ヨガにテキストはいらない。ヨガは生きている。ヨガと共に過ごす。

そして、ヨガを信じる。


この信じるということが、今回私の中で一番の言葉です。

神を信仰するインド。神を信じることは、自分を信じること。そしてその強い思いは必ず幸せへと導いてくれる。

 

インドでは何度涙を流したことか…

自然と涙が出るのです。

その涙はなんなのか。

なぜ自分の中から出てくるのか。

そして、その涙一つも無駄な涙としないように、意味ある涙とするために

涙とは何かを考えています。

 

アシュラムの空間で、いるだけで涙が溢れるのです。

また、神を目にして涙が溢れるのです。

何故か。

自問自答は続きます。

そして、Who am I 私とは誰か。誰なのか。自問して生きていく。


 

チェンナイ空港に日本から全員到着!

マスターの友人でもあるチェンナイの元市長さんが
タミール州の議員さん達を私たちのインドへの歓迎のために派遣してくれました。
空港の外で、日本人の到着を3時間近く待ち続け歓迎のショールと共に出迎えてくださいました。感動です。。


外国人として初めてインドの格式寺院にてヨガを奉納させていただいた私達はインドの新聞で堂々と掲載されました~~!初の新聞掲載がインド~~!!

私達のマントラの発音がよいとの事で新聞掲載へとつながったようなのです。

マスター仕込みの日本人マントラ!確かに響いていてみんなが聞いてくれていまいした。(計2社!)

 

1000年以上の歴を誇るヴィシュヌ寺院に貴賓としてご招待を受けたました。
趣のある傘の元ヴァイクンタエカダーシの神様の神輿へと導いていただきました。

(奥の神様の上にある白い傘ね)

※ヴァイクンタエカダーシ(ヴァイクンタとは神様が住んでる場所)天国の門が開く日。そして神様が町を練り歩くという日だそうです。インドの新しい1年の始まりとなる聖なる日



富の女神様であるラクシュミー神

触れながらお祈りをすると願い事が叶うというので、私も!!!

お金持ちになりますように!!ではなくっっっ 「ヨガの学びを続けれますように」 


ヴァイクンタエカダーシ

インドの新しい1年の始まりとなる聖なる日

私達のインド到着の翌日が偶然にもその翌日に当たり、こうやって導かれ参加できたのです!

ヴィシュヌ神を祀るパータサーリサラディ寺院でのお祭り!すごい人!!

そして、伝統舞踊などの催しを楽しみました!お花を捧げる踊りやら、ラーマ王の踊り。

チェンナイから来てくれた子供達。みんな上手で可愛いの(*^-^*)

ヴィジョンオブインディア一行の為に
事前にマスター・スダカーがわざわざ

"アンナダーナ"

インドにおいて最も自らの浄化とみなされる行為の一つである
食物を寄進するという行いでインドの子供たちなどにインドの焼飯のようなご飯を手渡します!皆の手を渡り、インドの人へと繋ぎました。

 

数百人分の炊き出しを用意しておいてくださり



手渡していくというかけかけがえのない経験

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。