くりちゃん、旅立ちました。

テーマ:
本当は受診報告記事を書こうと思ってました。


最後にくり部屋に入ったのが18時〜19時だったので、様子を見がてら写真撮ろうと思ったら、既にくりちゃんは旅立っていました。


21:10頃でした。



身体はまだ暖かく、硬直も全くなかったから、ついさっきだと思います。






少し遡って書きますね。




《4/24(月)》

やはりくりちゃんの活気が戻らないので再受診しました。


ダメ元で、いつもの長期型ステロイドを入れてみよう、と。


この位、ぐったりしてました。
元気なときは、右の緑のくりグルジムを退けたらすぐ逃げてたのにね。



獣医さんに要望伝えるも、先週入れたICGリポにステロイド含まれているから、とのことで、この日は点滴などの処置で帰宅。


で、ここのところ左目の眼脂が酷かったのですが、傷などはなく、免疫の問題とのことで綺麗に拭いてもらいました。






帰宅しても、キャリーから動きません。

意識も朦朧としてたんだと思います。



《4/25(火)》

保護主様と相談の上、最後のつもりで、元々の主治医に受診して、長期型ステロイドを打診する事になりました。


この時、左目が化膿して自壊していることが判明しました。
体重3.2キロ。体温は35.7。


もう先は長くはないことを改めて思い知りました。



そして点滴などと共に長期型ステロイドを打ってもらって帰宅。



ぐったりは変わらないも、覗き込むと首を上げて座ってる姿もあったから、少し安心しました。



夕方からはりあちゃんの輸血の為のクロスマッチ受診があったので余りくり部屋覗けず。。。



けれどもちょいちょい場所の移動はしてるようでした。



《4/26(水)》

朝、7時頃だったかな?

起きてすぐくり部屋覗くと、やはり昨日と変わらぬくりちゃんが居ました。


ただ、ご飯を食べた形跡が合ったのです!!


何故ハクでなく、くりちゃんが食べたと判断できるのかと言うと、水の汚れ方がハンパなかったから。


くりちゃん、涎やらで水がすぐ濁っちゃうんです。


そして、フードも食べたっぽい跡が!!


銀のスプーンドライが、皿から溢れて散らばり、皿に粒がへばり付いてました。


これも、ハクだとなりません。


くりちゃんがドライを食べた跡は、涎でお皿にくっついちゃうのです。



良かった、負担掛けてしまったけれど、ステロイド打った意味があった…!!



ここ数日、私は色々考えてしまい、あまり眠れませんでした。



くりちゃんをケアする上で、何処まで関わるかをイマイチ決断しきれておらず。。。



野良さんなので、触られるのは不快だろうし、ストレスのはず。


ただ今は触れてしまう現状。



ケアしようと思えば出来ることも有るけれども、果たしてくりちゃんはそれを心地よいと思うだろうか。

いや、思わないだろうな。触らんとってほしいだろう。






でも、余りにボロボロな姿を放って置くことも出来ず。。



反省と後悔でいっぱいでした。



けど、最後のステロイドの判断だけは間違って無かった事に、少し安堵しました。



一応強制給餌の指示が病院からあったので、9時半頃に極少量ずつしてみました。



しかし強いえづきと共に、渾身の力を振り絞って逃げようとするくりちゃんの姿を見て、これはもうしたらアカンと即断。



保護主様に、もう強制給餌はしない旨を伝えました。



自壊してしまった目の点眼をし、温かくしたウエットシートで顔を拭きました。



それにはなんの抵抗もありませんでした。



その後ちょいちょい覗くと、場所の移動はしていましたが、午後から呼吸の荒さが出始めました。



それでもやはり、場所の移動はしてたので、長引くかな、と思ってました。



午後はご飯は食べてないと思います。


でもお水は飲んでました。多分。



トイレもちゃんと行ってました(濃縮尿があったので、多分くりちゃん)。



最後の、生きているくりちゃんの写メです。








そして、21時頃、この辛い身体を脱ぎ捨てて、くりちゃんは遠いところに旅立ちました。








思うこと、考えること、勉強になったこと、沢山沢山有り過ぎます。


後悔がないと言えば嘘です。


私はもっと君と暮らしたかった。


シャーシャー野良さんだけど、少しずつ私の存在に慣れてくれたくりちゃん。


愛嬌があって、美味しいものが大好きで、お口が痛いはずなのに食欲が勝ってたくりちゃん。



まさか別れがこんなに辛いとは想像してませんでした。


お膝に抱っこしたことも、ゴロゴロ言ってくれたこともスリスリもない野良さんだけど、でもなんでだろうね、私は君がとっても大好きです。


もっとあっさり爽やかに


お疲れ、くりちゃん!!


と見送れる予定だったのに。。。






ついさっきなので余り気持ちの整理も出来てない状態ですが、一先ず、皆様にお礼申し上げます。



くりちゃんを応援して下さり、本当にありがとうございました。



ねこまもり様。

このたびはくりちゃんを私に預けて頂き、ありがとうございました。



助けてくれた猫仲間さんたち。

とっても助かった事、沢山でした。

ありがとうございました。





ハク。くりちゃんと一緒に居てくれてありがとう。






そしてくりちゃん。生きてくれて、ありがとう。




最後の日向ぼっこだったと思われる写メ。
4/23。





今から身体を拭いてあげようと思います。





↓ほぼ毎日更新しています。


《うちの保護っ仔へのご支援口座》

ゆうちょ銀行
記号 14070
番号 68768831


他金融機関からのお振込の場合
店名  四〇八(読み ヨンゼロハチ)
店番  408
普通預金
口座番号  6876883

りなざくろ


☆現在3/11に熊本から引き受けたFelvの若猫さん2匹がFIPの診断受けていました。

1匹は4/9に旅立ちましたが、もう一匹は比較的予後良好で、現在も頑張っています。
諦めずに治療を続けていく所存です。

また今後も看取りやハンデ持ちさん、何らかのケアが必要な子などを主に引き受けていきたいので、ご助力頂ければ大変心強いです。


<








にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
AD

避妊手術で痙攣発作!?

テーマ:
2月ににゃわんさんより引受けた熊本女子ふたり。


左:トロさん 猫エイズキャリア 5歳前後
右:ハニーたん ノンキャリア 1歳未満


ふたりはとっても仲良しでして♪





ハニーは来た当初シャーシャーで触れなかったのですが、

トロさんは人馴れ抜群状態でした。




で、トロさん、2月末に避妊手術を受けました。


別にいつもの通り、

夜にお迎え行かななぁ〜

と思ってたら、病院さんより電話。




「術後、痙攣発作が起きまして」



!!!?



「アンモニアの数値が高く、点滴で流してます。痙攣止めも打ちました」



何でやーーーー!!!



夜、病院へ様子を見に行きました。



痙攣止めの影響で、意識は朦朧としてます。


ぐったり。反応もほぼナシ。


心の何処かで避妊手術を気軽に考えていた自分の甘さを反省しました。


誓約書書くけど、事務的にサインしていただけで。


まさか自分の保護っ子に確率の少ないリスクが降り注ぐとは。。。



先生は、みなしご救援隊の地方でのTNRに協力している方なので経験は豊富です。



こうなる確率がどんなもんなのか尋ねると、


「確実ではないけど、体感的には2〜3000匹に1頭位ですかね」



と仰ってました。





私は昔から猫のレアケースに遭遇し易いのですよ、そーいや。。。



猛省の中、気が気じゃない夜を過ごしましたが、翌日にはアンモニアは平常値に戻り、一安心。


3日後には退院出来ました。



良かったね、トロさん♪


その後、再血液検査しましたが異常ナシ。



先生の話では、麻酔により血圧が下り、腎臓肝臓の動きが悪くなってのアンモニア上昇かもしれない、とのこと。


麻酔アレルギーの反応とは少し違う様でした。



後天性門脈シャントなどの可能性も有るとの事で、里親募集は延期。




日常の様子も見ながら再度、4月に血液検査と、念のため胆汁酸の外注検査に出しました。



結果、それも異常ナシ。




結局あの痙攣発作か何やったのかは分からないまま。



若干のモヤっと感を残しつつも、日常生活には問題ないので、里親募集するに至りました。




まだ記事上げてないけど^_^;



いや近々上げます、必ずっ!!(笑)


ハニーは今日深夜に上げましたが。



ハニーの里親募集ページ





トロさんとハニーは仲良しなので、一緒のお家に行けたらいいなぁーと思ってます。


ハニーも人馴れ激進中ですが、トロさんと一緒だと可愛さ倍増するので♡





かわいいふたりにずっとのお家が出来ますように(*˘︶˘*).。.:*♡





↓ほぼ毎日更新しています。


《うちの保護っ仔へのご支援口座》

ゆうちょ銀行
記号 14070
番号 68768831


他金融機関からのお振込の場合
店名  四〇八(読み ヨンゼロハチ)
店番  408
普通預金
口座番号  6876883

りなざくろ


☆現在3/11に熊本から引き受けた白血病キャリアの若猫さん2匹がFIPの診断受けていました。

1匹は4/9に旅立ちましたが、もう一匹は比較的予後良好で、現在も頑張っています。
諦めずに治療を続けていく所存です。

また今後も看取りやハンデ持ちさん、何らかのケアが必要な子などを主に引き受けていきたいので、ご助力頂ければ大変心強いです。






注》くりちゃんとハクはねこまもりさんからの預かり猫です。
くりちゃんへのご支援はねこまもりさんの方へ宜しくお願いします。

↓クリックで飛べます。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
AD
最近は白血病キャリアの挙句にFIP(猫伝染性腹膜炎)のりあちゃんに掛かりっきりでしたが、


実はその陰で、りあちゃんより体調悪いのがくりちゃんでした。


ここ1,2週間は、こうしてうずくまっているのが殆ど。




点滴入れてましたが、身体はイマイチ反応せず。




皮膚の状態も、今までで一番悪化。





背面は殆ど毛がない挙句、角質化してきてます。


点滴の針を入れる時に、少し固くなってるのが感触でわかるほど。


座ってるバスタオルも、2,3日でこの汚れっぷり。
(いつもはもう少しだけマシ^_^;)



勿論、食欲も殆どナシ。



前回の受診が3/30。

そのときに2週間有効のステロイドとコンベニアを入れているので、まぁ切れる時期っちゃ時期だったのだけど…


今年に入って、今まで1ヶ月は何とか凌げてたのが出来なくなってました。



おさらいがてらに血液検査結果を遡って見てたのですが、

ステロイド副作用の血糖値上昇が年末年始辺から出始めてる。



身体が限界にきてるなぁ…



そう思いました。



5月でくりちゃんを保護して1年。



当初は1か月も持たない、と言われた命。



ここで見送ってあげるのも、悪くはないのかも知れない。



そんなことも薄っすら思っていた頃。



前からブログは読んでいた病院へ、りあちゃん&かのこちゃんを受診させました。





で、ここで3週間効くステロイド(容量は本来の1/10)が有るとの事で、色々お話伺い…


これ、くりちゃんにいいんじゃね?



と思い、ねこまもりさんへ打診。





昨日、それを実行してきました!



これはもう別の点滴してるときですが^_^;



一応、くりちゃんは人馴れしてる子ではないので、こんなことに(笑)



いや申し訳ないんやけど、薄っすら見える表情に困惑が見て取れて…(笑)



3週間効くステロイドというのは、ICG-lipoというもので、それを静脈点滴しました。

他院では癌の代替療法として用いられてる様です。





体重、3/30で3.7kgだったのが、3.3kg程に減ってました(;_;


血液検査の結果も勿論良いわけがなく、他にも色々処置して頂きました。



皮下点滴も入れ、プラセンタ注射やらビタミン、丸山ワクチンやら…


背部に保湿ローションのようなものも塗って下さりました。




そして私が一番びっくりしたのは、先生の


「ご飯食べさしといたんでね。」


の1言。


ここ数日は自力摂取は殆ど有りません。



てことは…え…??マジか…?もしや………



「強制給餌したんですか?!」



私の問に、先生は普通に



「はい。まぁ普通に口動かしてくれてたんでね。まだいけるからこの子。お家でも食べさせてあげて下さいね。」



………見たかった…強制給餌されるくりちゃん…(笑)


どんな顔してたんだろう…w




りあちゃん、かのこちゃんの時にも強制給餌を勧められたとき、目の前で見せて下さったのですが…



まぁこちらの先生、強制給餌がすんごい上手!!!



かのこちゃんなんて、弱ってたとはいえ、元々顔周り触れない子で経口投薬も出来なかったのに、



先生の手に掛かればあれよあれよという間にシリンジのadが無くなっていく…



私も強制給餌の経験はあったものの、


これ位手際よくすれば猫への負担も少ないなぁ〜

と、かなり勉強になりました。



そして勇気を貰った(笑)





帰宅後、キャリーから放たれたくりちゃんは、一目散にココへ。





食べてるっ!!


久々にご飯食べてくれてる〜(´Д⊂




何かもう、ちょっとした感動でした。


食べてくれるだけで、本当に嬉しい。



良かったぁ…(´Д⊂ヽ




翌日、今日のくりちゃん。

ご飯もボチボチ食べれている様です。





まぁボロボロですけど(+_+)

ハゲてますけど( ゚д゚)

後ろのハクの福々顔が何とも可愛い♪





でも、写真では撮れなかったのですが、表情が少しスッキリした感じでした。






これからのくりちゃんにすること。


★当分2日に1回100mlの自宅点滴
★セファランチン内服1日2回
★背中に保湿ローション塗布
★マヌカハニー舐めてもらう
★強制給餌(笑)


下の★3つは、点滴のついでにする感じでいきます。

内服は…1日2回も追っかけまわすのは流石に気が引けるので、食べてるようならご飯に混ぜて。


点滴のときは強制給餌ついでに内服。



これでいこうかな、と。





先週までは、このまま看取るのがベストかな、と思ってたけど…



いやホンマに、くりちゃんに強制給餌をした先生に勇気を貰った(笑)






聞いたところによると、この病院の患畜さんで、白血病発症してから3年生きてる子がいるそうです。


ICG-lipoを月1回&2日に1回の丸山ワクチンを自宅にて投与。

これで発症しているのに元気だそう。





その他、エイズ…やったかな?白血病やったかな?


忘れちゃったけど、なんせキャリアで発症してる子にオゾン療法を週一回施してるも、その子も機嫌よく過ごせているらしい。



発症しても、生きてる子は居る。



だからくりちゃんにも、まだやれる事はある。





そう思わせて貰った、有意義な受診になりました。




目指せ!くりちゃん保護一周年!♪



どうか元気に迎えれますように(*˘︶˘*).。.:*♡


↓ほぼ毎日更新しています。


《うちの保護っ仔へのご支援口座》

ゆうちょ銀行
記号 14070
番号 68768831


他金融機関からのお振込の場合
店名  四〇八(読み ヨンゼロハチ)
店番  408
普通預金
口座番号  6876883

りなざくろ


☆現在3/11に熊本から引き受けたFelvの若猫さん2匹がFIPの診断受けていました。

1匹は4/9に旅立ちましたが、もう一匹は比較的予後良好で、現在も頑張っています。
諦めずに治療を続けていく所存です。

また今後も看取りやハンデ持ちさん、何らかのケアが必要な子などを主に引き受けていきたいので、ご助力頂ければ大変心強いです。






注》くりちゃんとハクはねこまもりさんからの預かり猫です。
くりちゃんへのご支援はねこまもりさんの方へ宜しくお願いします。

↓クリックで飛べます。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
AD