1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-26 06:00:00

ミダスメタル仕上げのカウンター その2

テーマ:ミダスメタル仕上げのカウンター

先週のつづき。

 

ミダスメタルの銅磨き仕上げのカウンター。

毎朝4時に起きて現場の日々が続きます。

菊地さんと今年の新人2人の3人が今回の施工メンバー。

今年の新人は2人ともセンスが抜群なんです。

過去ブログでお伝えした「グラデーションの版築仕上げ」の時もそうでしたが、本当に「勘」が良い。

今回もとても新人とは思えない活躍ぶりでした。

 

ここで大事になるのが「今どきの若手の育て方」です。

私はまず、2人にこのミダスメタルという材料はどういう材料で、どういう仕組みで出来ていて、完成像を詳しく説明して、それから道具の説明、使い方、注意ポイントを説明します。

これがと〜っても大切。

これをきちんと理解すると、自分で考えて工夫するようになります。

 

坂口渉君には全長5メートル程のカウンターを最後まで1人で仕上げさせました。

でもお客様の大事な商品です、絶対に失敗する事は許されません。

そこで私の大事にしている「今どきの若手の育て方 その2」

大丈夫かな?とちょっと心配な時は質問します。

「何に注意をしてる?」とか「これからの施工手順を教えて?」とか。

すると「次はパッド無しの1200番を縦横に通して掛けて、次ぎにパッド付きの1200番でもう一度仕上げしようとしています」などと返ってきます。

今の子達は理論立ててきちんとものを考えられるので、こうして質問する事は本人の理解度をさらに高めるし、任せる側の安心にも繋がります。

 

同じく新人の千夏。

といっても千夏は昨年の途中入社なので、坂口君よりちょっと先輩。

千夏は抜群のセンスを持っています。

仕組みを教えるだけで彼女の場合はすぐ出来ちゃう。

さらに自分で工夫はするし、仕上がりも凄い。

 

カウンター角の丸味のある部分の仕上げも本当に上手かった。

 

菊地さんとは相棒の関係で、この全長17メートルのカウンターを仕上げてくれました。滝汗

 

日曜日夜に塗り付け、火曜日の朝から毎日研磨作業の繰り返し・・・

日々変化して行くその姿に、他の職種の作業員みなさん「これすげ〜な〜」って驚かれていました。

 

まさに現場のヒーロー状態。グラサングッ

 

でも、実は毎日毎日が不安と緊張の連続でした。ゲロー

磨き上げていけば行くほど、細かい粗が出てきて「菊地さん!もう一回研ぎ直そうか?」と私。

でも「これ以上削ったら下地が出るかもしれない・・・でもこのままでは自分達が満足行く作品にならない・・・もう一回チャレンジしましょう!」そんなやりとりが毎日続きました・・・

その時の1枚。

必死とはこういう状態なのでしょうね。

写真からでも「絶対に成功させるんだ」という意気込みが伝わります。

 

現場では研磨機の音だけが鳴り響き、3人はそれぞれ、黙々と目の前の壁と向き合っていました。

 

そのお陰であと一歩のところまで来ました。

 

角の丸味も素晴らしい〜

 

そして日曜日。晴れ

この日は最終のワックス作業。

新人2人はこの一週間で研磨作業のベテランとなりました。

渉がワックスを塗り付け、千夏が最終磨きで追いかけていく。

 

菊地さんと「本当に今回は2人に助けられたね〜」ってしみじみ・・・

 

そして完成です!

 

まずは坂口渉君が1人で最後まで仕上げた作品

作業終了後は記念写真を撮っていました。

彼にとってもとても素晴らしい体験になったと思います。

お店の竣工時には下に見える照明ボックスからライトアップされてさらに輝きをますでしょう〜

 

そして全長17メートルの銅磨き仕上げのカウンター

 

お店の厨房をぐる〜っと囲う一体型のカウンターです。

 

かっこいい〜アップ

 

こうして私たちのと〜んでもないチャレンジが無事終わりました。

また一つ成長出来たかな。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-22 09:45:55

ミダスメタル仕上げのカウンター その1

テーマ:ミダスメタル仕上げのカウンター

いつもお世話になっているデザイナーさんから「中屋敷さん、今デザインしている飲食店で大きなカウンターがあるんですけど、ちょっと変わった仕上げやりたいんですけど、研ぎ出しかな~と思うんですが、何かオススメの仕上げ提案していただけますか?」とご相談をいただきました。

お店の概要と図面を見せていただき、「これなんかバッチリじゃないですか?」オススメしたのがこちら。

ミダスメタル銅の磨き仕上げ

 

「これ最高にかっこいいですね!」と、デザイナーさん。

 

ところがこのミダスメタルという仕上げ、一番のネックが「価格」なんです。

ミダスメタルとは1m2あたり、材料費だけで5万円近くもするというとんでもない材料なのです。

とりあえず見積もりを出させていただき、それからしばらく時が経ちました。

 

ふと…

「そういえばミダスメタルどうなったかな?やっぱり金額が高くて不採用になっちゃったかな?」と思い立ったその週間!いきなりメールが届きました。びっくり

そのメールには現場の工程表が添付されておりました。

なんとミダスメタルが採用になっていたのです!アップ

ところがその工程表を見るとなんと10日後から乗り込みになってるではないですか~

おまけに工期も全然ない〜滝汗

 

正式な見本も出していないし・・・材料の確認もしなくてはならないし・・・と大慌て~

カウンターの下地を作ってもらう木工屋さんとの打ち合わせ、最終見本の作成、材料の手配等を超特急でやっつけてなんとか乗り込み日に間に合いました〜滝汗

 

まずはプライマーを塗布して下地処理。

今回の職長さんは菊地昇さん。

下地処理から下塗りを無事に終え、いよいよミダスメタルの仕上げスタートです。

 

こちらのお店は大きな商業施設の中の1店舗。

したがって他のお店は毎日営業中です。

なので今回の仕事は音の出る作業はお店がやっていない夜間しかできません。

 

この日は夜8時から現場に入り、音の出ない養生などの準備作業から開始。

この日の作業はミダスメタルの塗りつけ作業。

私は材料配合担当としてお手伝い。

ずら〜っと用意されたミダスメタルの材料。

なんと、総額100万円近い材料です~アセアセ

 

準備を終え、音出し可能な午後10時から作業スタート!

ここからは写真撮っている余裕も全くありませんでした。

気がつくとこの日の作業が終わったのは翌朝午前四時。

夜8時から朝4時まで水1本飲んだだけで、休みなしのぶっ通し作業。

ほんと死ぬかと思ったゲロー

 

乾燥養生を置いて火曜日。

朝4時過ぎに会社を出て、5時からお店開店の10時まで作業します。

 

第一工程は特殊なブラシで表面の樹脂を落とすという作業。

最初塗り付けた時は写真右側のようにただの茶色なんですが、表面の樹脂を落とすと金属が出てくるんですよ〜

 

こんな感じ〜グラサングッ

ほんと、不思議な材料なんです。

 

はい!キレイな銅仕上げのカウンターの出来上がり〜

とはいきません。

 

ここからが一番大変なんです。

ここから表面を何工程にも研ぎ上げてツルツルにしていきます。

ミダスメタルの難しいところは仕上げ材の塗り厚がたったの1ミリ程度しかないので、ちょっとヘタをして研ぎすぎると下地が出ちゃうんです。

なので、とーーーーっても、とーーーーっても神経を使う作業なのです。

 

当初の施工計画は難易度の高い荒研ぎまでは菊地さん1人で全て行い、比較的ミスのしずらい最終磨き作業を塗りつけ作業の時に手伝ってもらった今年の新人2人にやってもらうという計画でした。

ところが菊地さんの荒研ぎ作業を見ていて「こりゃこのままでは間に合わない」と感じ、急遽計画を変更し、翌日から若手2人に入ってもらうしかないということになりました。

研ぎから磨き作業、最終仕上げまで7工程もあるのに工期は残り5日間しかない。

失敗したから塗り直すなんてできない。

そんなプレッシャーから眠れない毎日が続きました・・・チーン

 

続く・・・

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-06-14 06:00:00

祝賀会

テーマ:中屋敷 剛のつぶやき

日経トップリーダー人づくり大賞の授賞式の時、副賞として全員の集合写真入りの樽酒をいただきました。

 

樽酒は18㍑、一升瓶10本分です。

さてさて、どうやってこの樽酒をみんなで分かち合おうか・・・

「祝賀会やりましょう!」という事になり、先週の土曜日、

「日経トップリーダー人づくり大賞、最優秀賞受賞祝賀会」を開催しました。

 

みんな現場を終えて、午後7時からスタートビックリマーク

 

まずは私の挨拶から。

今回撮影された全員の集合写真を手に、

「皆さん、5年前を思い起こしてみて下さい。あれから16名の若手が増えました。あの時には誰も今の姿を想像出来なかったですよね〜。これだけの成果を生み出したのは、先輩方も若手に合わせて変化して、若手も先輩方の

言う事を理解し、お互いが変化した成果です!日々若手を育てているは先輩方ですし、それをきちんと学んで成果を出しているのは若手です。だからこそ、今回の受賞はみなさんの成果なんです!だから今日は全員でこの喜びを分かち合いましょう!」と、そんな感じの挨拶をしました。

 

続いて、サプライズ企画ビックリマーク

今年、2人の職長さんがお得意先から優良職長として表彰されました。合格

その2人にお祝いをプレゼントビックリマーク

1人目は吉田さん。

竹中工務店様から優良職長とし表彰されました〜

素晴らしい

 

2人目は岡部さん。

戸田建設様から優良職長とし表彰されました〜

これまた本当に素晴らしいビックリマーク

これからも、さらにお客様から喜ばれる仕事をよろしくお願いします!

 

さらに続きます。

今年現場で表彰された若手がいます。

2年生の野津君が竹中工務店様から現場で安全表彰されました。

これまた素晴らしい〜

というわけで、野津君にもお祝い。

 

実は、去年も現場で表彰された若手がいました。

今年表彰されてお祝いもらえて、昨年表彰されてもらえなかった・・・というのもかわいそうだ。

というわけで、昨年現場で安全表彰された、藤木君、高橋君にもお祝いをプレゼント

藤木君も高橋君も大喜び爆  笑

 

うちの会社の価値は職人さんです。

したがって職人さんが表彰される事ほど嬉しい事はありません。ラブ

これからもたくさん表彰されるようにみなさん、頑張ってくださいねチョキ

 

そしていよいよ鏡開き。

せ〜の 「ヨイショ〜!!のかけ声で私が代表してさせていただきました。

 

つづいて乾杯

上西専務の音頭で、みんなでお祝いのお酒で乾杯お祝い

 

若手とベテランが混ざってとても良い感じ〜

 

あれだけ恐れられていた渋谷さんも頭にカニの甲羅を乗せられるほど変わりました〜

「どんな人でも必ず変われる」ということを私は渋谷さんから学ばせてもらいました。

 

新入社員が笑顔でいられる会社が私の理想。

今のところは順調、順調。照れ

 

年齢も価値観もま〜ったく違う人間がお互いを尊重し合って、協力し合って良い仕事をしていく。

そんな会社が理想像。

 

一歩一歩だけど、理想の会社に近づいている。

みんなもそれを感じているのがと〜っても嬉しい。

 

こうしてめでたく、楽しい宴が終わりました。

 

中屋敷左官工業は、大きな会社を目指しているわけではありません。

より深く、よりあったかい会社を目指しています。ニコニコ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-12 05:40:00

第52回日左連青年部定期総会 岐阜大会

テーマ:左官組合

先週の月曜日、6月5日

岐阜にて日本左官業組合連合会青年部の全国大会が行われました。

 

総会に先立って幹事会。

全国各地の左官業界の若手リーダー50名が集まって、総会内容の確認、そして今後の青年部活動に

ついて話し合われました。

 

そして14:00から総会がスタート!

今年も200名を超える青年部会員が全国から集まってくれました。

 

松葉岐阜県青年部部長の歓迎の挨拶。

 

続いて私、日左連青年部本部長の挨拶。あせる

 

そしてご来賓の方からのご祝辞として、なんと!古田岐阜県知事様よりいただきましたビックリマーク

 

来賓の皆様よりご祝辞をいただいた後、総会の議事がはじまりました。

今年度の決算、そして来年度の活動内容、予算が次々と承認されていきました。

 

そして今年は2年に1回の役員改選の年。

2年間の本部長職を無事に終える事が出来て、できれば次の人に本部長職をお願いしたいと思っていたのですが、その計画は見事に潰されてしまい・・・

 

私はもう一期、青年部部長を引き受ける事になってしまいました。

皆さん、引き続きよろしくお願いいたします。ラブ

今回の役員改選ではほとんどの役員が留任し、引き続き「左官の未来づくり」を頑張っていきます。

こうして、総会議案すべてが滞りなく承認され、議事は終了。

 

毎年恒例の日左連青年部戦略室報告。

一昨年まではこれは私の仕事でしたが、去年からは原田さんのお仕事になり、今年は原田さんと静岡の河合さんのコンビでの発表となりました。

今年計画されている左官グッズの報告や、

新しく出たプロフェッショナル左官の仕事⑤DVDの報告、そして今後の活動予定等についてお二人から報告いただきました。

 

こうして無事に総会が終了しました。

 

総会に引き続き、記念講演。

今年は、土を使った建築や版築壁の特性を活かした建築の研究、設計活動を行っている建築家、畑中久美子さんによる「厚みのある土壁の魅力」というテーマで講演をいただきました。

 

たくさんの青年部会員が熱心に聞いていましたね〜

そしていよいよ大懇親会のスタートです!

懇親会は会員はもとより、今年は青年部OBの先輩方もOB会というのを結成してご参加いただきました。

総勢260名もの大きな懇親会となりました。

岐阜県青年部全員がステージ前に集合して「めでた唄」を披露して懇親会がスタート祭

最高の大盛り上がりの懇親会となりました。

(盛り上がりすぎて写真を撮り忘れてしまいました、すみません)

 

今回の懇親会は2時間半と、例年より時間を30分も延長したのですが、それでもまだ時間が足りな〜いと感じさせるほど盛り上がりましたね〜

 

ホント、日左連青年部の現在の勢いは凄い上矢印

 

そして懇親会の最後。

来年の総会開催県の挨拶。

来年の日左連青年部の全国大会は北海道〜グラサン

青木部長を筆頭に北海道の青年部会員がステージ上に上がって来年の総会に向けての意気込みを語りました。

 

日左連青年部の皆さんビックリマーク来年の北海道大会たくさん来て下さいね〜

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-07 05:40:00

第2道場の活用法

テーマ:中屋敷 剛のつぶやき

しばら〜くご無沙汰しておりました、第2左官道場建設。

過去ブログではここまでお伝えしていましたね〜(その時の記事はこちら)

 

あれから1ヶ月が経ちました。

6月3日、おかげさまで無事に上棟いたしました〜

いよいよ今月から外壁の仕上げに入っていきます。

完成が楽しみ、楽しみ

 

さて6月といえば、毎年技能検定試験が行われます。

今年の当社は受検者がなんと6名もいるんです。

早いもので、即戦力育成プログラムの1期生がいよいよ国家資格一級左官技能士の受検なのです。

同期社員は6名いるのですが、工業高校建築科を出ているかいないかで、受験資格が一年ずれていて、

今年は工業高校建築科出身の3名が1級の受検をします。

1級を受ける5年生は皆、体も大きくなって、本当にたくましくなったビックリマーク

頼もしい限りです。グラサン

 

もう3名は2年生3人が2級技能検定です。

この春、訓練校を卒業したばかりなのにもう2級技能検定を受ける事ができます。

これこそが認定職業訓練校の強みなんですビックリマーク

認定職業訓練校を卒業すると2級技能検定受検資格に必要な実務経験2年が免除されます。

第一道場では場所が狭いので、2年生チームはこちらでトレーニング。

ここは只今建築中の第2道場の1階です。

梁のサポートがまだ解体できないのですが、あいた空間を利用してトレーニング。

 

第2道場は以前もお伝えしたように外断熱工法で作られるので、内壁は写真のようにコンクリート打ち放しのまま。

通常ですとコンクリートのPコンは埋めてしまうのですが、第2道場では、これをわざと埋めずに、写真のように利用して課題を留めたりと活用する作戦です。

我ながらナイスアイデアグラサンチョキ

 

2階、3階はまだコンクリートの強度が出ていないので、今はまだサポートだらけ。

早くコンクリート強度が出て、このサポートをすべて解体したいです〜ラブ

 

当社では、これから2,3年は毎年この時期5〜6名の技能検定受検者が出る予定です。

 

最初この道場を思いついた時は「お金もたくさんかかるし、育成のためだけにこんな施設つくっちゃっていかがなものか?」なんて悩んだ事もありましたが、今、こうして6名の受検者を見ていると、ほんと良い時期に建てたな〜って思えます。

やはり、今を見るのではなく、未来を見て行動するのは大事だな〜キラキラ

 

この施設を存分に活用して、中屋敷左官工業の技術力をさらにさらに強化していきます上矢印

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。