乙女ゲームを作りたいけど絶望的に絵が描けない。

シナリオしか書けないけどやっぱりどうしても乙女ゲーを作りたい。
そんな私が奮闘するブログです。


テーマ:

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

作業状況は相変わらずシナリオを書いているだけなのですが、やはりあまりにも時間がかかるので、もう一つ考えている短いゲームの方に着手してみています。

こちらはがっつりシナリオを書くものではなく、日数経過+行動選択で進めていくもので考えています。

ということで、短いゲームの方の土台もちまちま作っています。攻略対象が弟ということと、懲りずに病みそうなのでもしかしたら年齢制限がついてしまうかもしれません。


こちらのゲームのメイン画面を作る際、「マクロ」というものを使う必要があることがわかりました。

調べるとたくさん情報は出てくるのですが、試しに作ってみたところえらいあっさりできました(笑)。
難しさにひいひい言いながら作るつもりでスクショを撮りながら始めていたため、せっかくなので記録しておこうと思います。

 

 

まずはいつもどおりティラノビルダーを開き、シナリオ追加ボタンからお馴染み新しいシナリオを作ります。

 

 

名前をmacroにして作成。自分でわかりやすければ名前は何でもいいと思います。

そしてその新しいシナリオに移動し、コンポーネントから必要なものを追加していきます。

 

 

私は行動選択の画面を作りたく、行動ボタンをいくつか並べたかったのでボタンを4つほど追加。あと背景も。

とりあえずはサンプルなのでこれだけ。

 

 

プレビューはこんな感じになります。背景は(仮)なのでまっ黒ですが。

とりあえずこれだけ作って、保存。

そうしたら元のシナリオに戻ります。

 

 

そして、作ったマクロを呼び出したい場所にティラノスクリプトのコンポーネントを挿入。

その中に

[call storage=macro.ks target=*start]
上記のタグを書きます。
これを保存して、プレビューすると、無事マクロが呼び出されて実行されるというわけですね!

あえて書く必要も無いくらいに簡単ですね(笑)。ですが一応自分用のメモとして保存しておきたいのでちゃんと画像もつけて書いてみました。
参照リンクはこちら↓
ティラノビルダー制作テクニック wiki マクロをつかう
ティラノスクリプト サブルーチンとマクロ

もっと複雑な使い方も山ほどあると思うので、徐々に覚えていきたいです。
まずはシナリオか短い方か、どちらかが早く形になるように頑張りたいと思います!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひたすらシナリオを進めているだけだと取り立ててブログに書くこともなく、つい更新が疎かになってしまいます。

しかしそのシナリオがなかなか思うように進まず、現在低迷しております(´・ω・`)

体調を崩したりしていたこともあったのですが、やはりシナリオが長いだけあって見通しが立ちにくいですね。

一旦保留にして、もう少し短いゲームを挟もうか…うーん悩みどころです。

 

そんな最中、パズルを組み込んだ乙女ゲームが作れないか調べたりもしていました。

結果、こちらは「Unity」を使用しての制作になるみたいですね。

Unityかー!噂には聞いていましたが…!

多分ティラノビルダーよりずっとずっと難しいですよね。素人がちょちょいっと触ってできる代物ではないですよね!!

パズルゲームも乙女ゲームも大好きだから一緒に出来たら最高だなーとは思っていますが、これまたハードルが高そうです…。

パズルに手を出すのは追々、といったところですかね。

 

まずは次に作るゲームをきちんと形にすることが第一ですので、頑張りたいと思います。

全然進んではいませんが、一応今書いている長い話が一番ちゃんと構成を練ってあるので、この話でもう少しあがいてみようと思います。

あー早く出来上がったところを見たいよー!お借りした立ち絵がゲームになってるところを見たいよー!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冒頭部分と、最初の分岐部分が一区切りつきました。

多分長くなるだろうなーと思っていた以上に長くなりそうで悩んでいます。

 

とは言え、おおよその展開は決まったので、まずはエンディングまでざっくりざっくり下書きしたいですね。

その下書きが出来上がれば、あとはティラノビルダーで絵や音を当てはめながら編集していく形になるので、早く進めたいところです。

 

今作っているのは魔法のファンタジーものなので、個人的にとても好きな世界観で楽しいです。

攻略対象が魔術師とケモ耳っ子で、こちらももちろん、どちらも大好きで楽しさ倍増です。

ケモ耳の男の子をかなり表情豊かにしているので、立ち絵を確認しながら進めるのが楽しくて楽しくて…!

シナリオを進める→台詞を確認しながら立ち絵を見る→あっかわいい→んふふふふふ

こんな感じで楽しんでいます。(笑)

 

今書き終わった分岐がかなり書きにくいだろうなーと思っていた部分なので、この先はペースアップしていきたいです。

ただ分岐やルートがあまり細かく決まっていないので、そちらも同時進行でハッキリさせていきたいですね。

 

とにかく分岐が多くなってしまいそうなのですが、こういうシナリオはどうやって書くのがいいんでしょう?(´・ω・`)

ひとつのルートを書き上げてからまた別のルートを書いていくのがいいのか、同時進行でシナリオの順番通りに書くのがいいのか…。

私はパズルが好きなので、主軸を作って穴埋めしていくような書き方が合うかなーと思っています。

なのでまずはひとつのルートをエンディングまで書いてみることにしています。

そのエンディングもまだ細かいことは決まってないんですけどね!なぜ決めない!

 

少し休憩したら、今日はもう少し進めようと思います。がんばるぞー!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前のブログを書いた後、やはりびみょーーーうなズレが気になり最初からやり直しました。

今度は綺麗にできました!やった!

自分で描いていない分、せめて編集や加工は丁寧にしていきたいですからね!

 

私が画像の加工に使っているソフトは主に2種類です。

1つは「PhotoScape」というフリーソフト。

主に写真を加工するためのソフトです。私は画像のリサイズやトリミング、文字入れやフレーム加工などに使用しています。

フリーソフトなのに非常に綺麗に仕上がるのと、(私からすれば)機能も充実していてあれこれ思い通りに出来るのでとても重宝しています。

特に文字入れはこのソフトが一番やりやすいですね。

 

もう1つは「PictBear」というこちらもフリーソフト。

こちらはペイントソフトで、私は画像の加工に使っていますが本来はイラストを描くソフトですね。レイヤー機能もついていますし。

ゲーム制作には主に透過画像を使うので、透過処理したまま編集できるこのソフトが便利に思います。立ち絵差分もこのソフトで加工しています。

どちらもフリーソフトですが、十分すぎるほどの機能が備わっており、大変便利に使わせて頂いています。

 

ちなみに立ち絵の加工は、

PictBearで立ち絵と表情を並べて拡大縮小を繰り返しながら顔のサイズを合わせる。(ここでは数値を決めるだけ)

PhotoScapeで画像を開いて上で決めた数値に画像サイズを変更。(こちらでサイズをいじった方が綺麗に拡大縮小できます)

PictBearで画像を開き直して、表情差分の画像をキリトリ。立ち絵の方に貼り付けて、ピッタリ重なるように合わせる。(この時、レイヤーの透過度を100%⇔0%でぐいんぐいん動かしながらやると重なっている線が分かりやすい)

綺麗に重なったら、保存。立ち絵差分が1枚できる。

 

こんな手順でやっています。

自分で描いた絵だと、最初からレイヤーを使って差分を作れるのでもっと綺麗にできるのでしょうけど…それは夢のまた夢ということで…(´・ω・`)

 

シナリオの方は、分岐点まで書いたもののその先のプロットがふわっふわしていて止まっています。なぜちゃんと書かない。

明日はもう少し進めたいな!頑張るぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

作業を進めていますが、序盤は立ち絵の加工が多いです。

お借りしている立ち絵は元々RPGツクール向けの素材なので、差分が顔の部分しかないものがほとんどなんですよね。

前回の執事もそうでしたが、立ち絵と表情差分のサイズを合わせて、顔の部分だけ切り取り貼り付けで画像を加工し、自分で立ち絵差分を作っています。

以前はかなり綺麗にできたと思ったんですが、今回はなぜかびみょーうにズレてしまって苦戦しています…。

前回と同じやり方のはずなんですけど、何が違うのか…ううーん、綺麗にできないと何回もやり直してしまうので時間も気力もいります…(´・ω・`)

 

そして立ち絵を加工しつつティラノビルダーに書き込んでいますが、作業量の多さたるや!!

前の記事でも書きましたが、1人増えるだけでこんなに作業が増えますかね!?

キャラクターを登場させて、表情を変更させて、変更させて、退場させて、登場させて、変更させて、登場させて…おおおう…(-ω-`;)

 

じっくりじっくり進めていく感じにはなりますが、やはりこうして少しずつでも形になっていっているのが分かると楽しいですね。

文章だけとは違い、キャラや場面の動きがわかるのはとても大きいです。

どんな画面になっているのかすぐに確認もできますし。

 

画像加工が上手くいかなくてちょっと心がくじけていますが、少し休んでまた頑張りたいと思います!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。