なごんちゃんの熱帯魚図鑑

沖縄の海に住んでいるジュゴンのなごんちゃんが、仲間の熱帯魚を楽しい4コマまんがで紹介します!

ハイタイ!沖縄の海に住んでいるジュゴンの"なごん"と申します!

沖縄の海に住んでいる仲間のお魚さん達を、みなさんに紹介しますね☆

沖縄の海のゆるキャラ目指してがんばりまーすラブラブ




テーマ:


トビハゼやミナミトビハゼは沖縄では

トントンミー

と呼びます。カワイイ名前だね(≧∇≦)

マングローブのある場所に住んでるよ!ぜひ見に来てね♥


カメ太君の歌古い…(;´∀`)

カモメが飛んだ??

最近ネタが古いので〜


昭和の雰囲気プンプン

と、年がバレる?!Σ(゚Д゚)



ちなみに、今の時期寒緋桜が満開です!
(今年は少し遅い)




2月に桜満開ってすごいね!



◆お魚マメ知識・トビハゼ





分類:スズキ目ハゼ科トビハゼ属

ウチナーグチ:トントンミー(ミナミトビハゼ)

トビハゼの成体の体長は10 cmほど。
体は灰褐色で小さな白点と大きな黒点のまだら模様がある。眼球は頭頂部に突き出て左右がほぼ接している。

汽水域の泥干潟に生息する。春から秋にかけて干潟上で活動するが、冬は穴でじっとしている。

干潟上では胸鰭で這う他に尾鰭を使ったジャンプでも移動する。近づくとカエルのような連続ジャンプで素早く逃げ回るので、捕えるのは意外と難しい。

食性は肉食性で、干潟上で甲殻類多毛類などを捕食する。潮が満ちてくると、水切りのように水上をピョンピョン跳ねる。


南西諸島ではトントンミーと呼ばれる。ただし南西諸島では近縁の別種ミナミトビハゼの方が多く、この名は普通ミナミトビハゼをさす。

南西諸島にはトビハゼと共にミナミトビハゼ が分布する。第一背鰭の前端が尖り黒線で縁取られることなどでトビハゼと区別できる。また、泥干潟を好むトビハゼに対し、ミナミトビハゼはマングローブ地帯を好み、木の根に登って生活することもある。
(出典:wikipedia)



現在6位!応援よろしくお願いします!!
引き続きポチッと押して下さいませ_(_^_)_
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村


なごんちゃんFacebookページ
なごんちゃんツイッター




なごんちゃん缶バッジ
名護市営市場2階ナゴグローサリーストアで大好評発売中!


なごんちゃんラインスタンプ
LINEストアで発売中!良かったら使ってね♡





日本自然保護協会もよろしくお願いします❢
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。