音符漢方薬膳講座のご案内ですはと

 

ご興味のある方、ぜひご参加下さいガール

 

 

 

 

漢方や薬膳は、意外と身近なものです。その歴史は古く、奈良時代に鑑真和上が中国から渡来し、日本に伝えたと言われていますが、漢方薬の生薬とは、元々、身近にある植物から出来ているものが多くあります。

古来、薬と食材はどちらも食べ物であり、区別はありませんでした。

どちらかというと美味しい、食べやすい、身体に大きな変化をきたさないものが食材としてよく食べられるようになり、身体に変化をきたすものが薬(生薬)として利用されるようになったと言われています。生薬は、身近な薬味、ハーブ、スパイスが多いです。生薬を食事に取り入れることでちょっとした身体の不調を改善することも出来ます。

 

まずは、漢方の考え方を知り、ご自身やご家族の皆さまの身体の状態を気・血・水から見てみることを学んでみませんか?気とは、気持ち、気分、元気、やる気などと表現されますが、実際には「気」 自体は目には見えません。形としては見ることが出来ないのに働きがあり、体内を巡る生命エネルギー、それが「気」です。そして私たちが思っている以上に気は心と身体 と密接な関係があります。

漢方では、気が今、どのような状態なのか、身体や血液、身体にある水分などにより紐解き、どんな養生をすればいいかを見て行きます。大きく体調が乱れる前に予防 する、自分自身の体調管理や周りの家族の 健康作りに漢方の基本を知り、心も身体も すこやかに過ごしましょう。

 

開催日時

6月12日(日)

8月14日(日)

10月9日(日)

12月11日(日)

2月12日(日)

 

13:00~16:30(休憩時間含む)

 

開催場所 若松町グリーンハーツビル2階

 

受 講 料 1回  5000円

 

講 師 弘瀬久仁子

 

内 容

漢方とは

人の身体の構成成分(気、血、水)について

陰陽五行四季の養生 身体の養生

 

お申込み/お問い合わせ nadeshiko.mio@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

AD