全国知事会に設置された国の出先機関原則廃止プロジェクトチーム(PT)の会合が15日、開かれた。国の出先機関が担う事務のなかで、厚生労働省が所管する公共職業安定所(ハローワーク)の地方への早期移管を国に対して重点的に求めていく方針を固めた。

 会合には、PTリーダーを務める埼玉県の上田清司知事、大阪府の橋下徹知事、東京都の猪瀬直樹副知事らが出席。事務内容に則した出先機関の受け入れ体制や、財源確保の方法、重点分野などについて協議した。

 会合のなかで、橋下知事は「ハローワークの移管に関し、国が握るべきというような原口(一博)総務相の発言があったが、どう対処するのか」などと問題提起。これに対し、猪瀬副知事は「住民に近いサービスを踏まえてハローワークの地方移管を最優先事項に掲げるべきだ」などと指摘。ほかの出席者からも「国がやる必然性がない」「二重行政で地方でもできる」などの意見が相次ぎ、ハローワークの地方移管を重点分野として掲げ、国に要求していくことで合意した。

 会合終了後、橋下知事は「大阪府は明日からでもハローワークを受け入れてもいい。実現できそうな気がする」と期待を寄せた。

 PTでは今後、論点を整理して最終報告をまとめ、政府の地域主権戦略会議が6月に原案をつくる「地域主権戦略大綱」(仮称)に反映させたい考え。

【関連記事】
不正経理に監視ポスト 総務相、省庁の対策を調査
採用面接「部長ならできます」への考察
児童書『続・しごとば』鈴木のりたけ作
“延長派遣村”での就職決定は15人 都は退所者の追跡調査へ
石原知事、派遣村「かなり勝手な人がいる」

「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感(産経新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続-環境省(時事通信)
<三笠宮妃百合子さま>愛育班員全国大会に出席(毎日新聞)
関係者ら3人不明=倉庫遺体遺棄-長野県警(時事通信)
ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘-大阪国税局(時事通信)
AD