岡田克也外相は15日午後、米上院外交委員会東アジア・太平洋小委員会のジム・ウェッブ委員長と外務省で会談した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で外相は「5月までに米政府とも協議した上で結論を出す」と説明。ウェッブ氏は「日米関係はいかなる個別問題も克服できるほどに強固だ。どのような結論であっても両国にとって望ましいものとなると確信している」と応じた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

「自分もたたかれ育った」=小1男児暴行死で父親-警視庁(時事通信)
真央生観戦まだ間に合う!「公式転売市場」でチケット狙え(スポーツ報知)
<岸田國士戯曲賞>柴幸男さん「わが星」に(毎日新聞)
バンクーバー五輪、肥大化 「エコ」に逆行(産経新聞)
岡田外相、改めて「5月中に結論」 米上院議員と会談(産経新聞)
AD