日本eリモデル リフォーム

日本eリモデルが世の中のプチブレイク中の話題を独占評価!
世の中の流行・今話題のキーワードを、日本eリモデル的な視点からピックアップしてお届けしています。


テーマ:
日本eリモデルの室内のリフォーム

ライフスタイルやインテリアにあわせて、お好みのキッチンをプランニングいたします。

キッチンは、食を中心に人と人をつなぐコミュニケーション空間

コミュニケーションのカタチやライフスタイルが人それぞれならキッチンのスタイルだって、もっと個性があってもいいはずです。もっと自由に、スタイリッシュに。

今までとはひと味違うあなたのキッチン空間を思いのままデザインしてください。
AD
いいね!(22)  |  リブログ(0)

テーマ:
当社は、リフォーム産業を通じ「人と人」「心と心」のつながりを構築し、心に体に地球にやさしい住まいづくりを目指します。



【日本eリモデルの3つのe】



1.「いいくらし」と「いい住まい」の歩みのe

お客様のご要望にお応えして、よりよい暮らしのために、よりよい住まいづくりのご提案をさせていただく、よりよい(イイ)仕事の【e】をめざします!



2.「エコロジー」と「エコノミー」のe

環境によりやさしい技術のご提案が、お客様の家計にもお得となる、こんなすばらしい、環境(ecology)と経済(economy)に優れた【e】をめざします!



3.Each(互いの関係)の絆のe

お客様と、地域社会と、地球環境と、私どもと。お互い(each)の、素晴らしい幸せを繋ぐ【e】をめざします!



【環境に優しい家リフォームを親身になって考えます】



(屋根・外壁・エクステリア・室内) ご家族のライフスタイルに合った住空間をリフォームで実現します。住まいの補修とメンテナンスを行いながら、快適な空間を提案します。



■ 室内のリフォーム

ライフスタイルやインテリアにあわせて、ニーズに合わせたプランニングいたします。



■ 屋根のリフォーム

屋根のお手入れや塗装で湿気や雨漏りを防ぎ、マイホームの寿命を延ばします。



■ 外壁のリフォーム

壁やサイディングの劣化を補修いたします。住宅スタイル様式にあわせ、数ある外装建材をご用意。



■ エクステリアのリフォーム

門扉・サンルーム・カーポート・ウッドデッキ。デザインや素材を豊富にご用意しております。



【環境に優しいエコな生活をご提案します】



(エコキュート・IHクッキングヒーター・太陽光発電・床暖房・食器洗い乾燥機)電気を上手に使うことで、暮らしはもっと快適になります。高齢者にも赤ちゃんにも、家族みんなが快適に暮らせる、安心と安全のオール電化をご提案。



■ エコキュート

エコキュートは空気が燃料なので、燃料代がほとんどかからない省エネ給湯器です。



■ IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、電気を使ってなべなどをあたためるコンロで、なべそのものが熱くなるのが特徴です。



■ 床暖房

暖房を対流させるエアコンやストーブと違い、頭寒足熱で足元からお部屋全体をあたためる体に優しい暖房です。



■ 食器洗い乾燥機

乾燥までを全自動でスピーディーにしてくれます。空いた時間を家族との楽しい団らんひとときに。





日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル 日本eリモデル
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
■ 擬洋風建築とは?



擬洋風建築(ぎようふうけんちく)とは、明治時代初期に西洋の建築を日本の職人が見よう見まねで建てたもの(正規の建築教育を受けた建築家が設計したものは除く)。

伝統的な技法をベースにしながら、西欧に由来するデザインを消化・吸収した独自の造形であり、日本の近代化をよく物語る存在と言える。重要文化財または地方自治体の有形文化財に指定、あるいは登録有形文化財に登録されているものも多い。



■ 擬洋風建築の概要



幕末の開港以降、外国人居留地には彼等が本国の建築様式を持ち込んだ建造物が続々と建てられた。やがて居留地の建築に刺激を受けた大工の棟梁が、見よう見まねで洋風デザインの要素を取り入れた建物を建てるようになった。これが擬洋風建築で、文明開化の象徴ともされた。

初期の代表的なものとして、二代目清水喜助(清水建設の実質的創始者)による築地ホテル館(現存しない)がある。これは幕府の要請を受けて築地居留地の外国人旅館として建設が始まり、明治維新後に完成した。築地ホテル館や維新後間もなく建てられた第一国立銀行(明治6年)は当時の錦絵にも多く描かれ、評判を呼んだ。

地方においても、「第2の文明開化」というべき時流・風潮があり、県令(現在の都道府県知事に警察・検察・教育長等の権限を統合したような治権首長)の希望・命令、あるいは篤志家の出資などに基づき、役所、学校、病院などに洋風デザインが採用されることがあった。これらの擬洋風建築は近代化の象徴として、地元民の誇りともなり、本来の役割を終えた後も、民俗資料館等として保存・活用されていることがある。

現存する擬洋風建築の中でも有名なものには旧開智学校(長野県松本市)がある。左右対称の外観で中央に塔屋を造り、正面入口の上には、竜や天使の彫刻が舞っているという、和洋折衷の何とも不思議なデザインである。これを建てた地元の棟梁・立石清重は、東京や横浜に出かけて洋風建築を見て学び、自分なりに消化して奔放な造形を行った。



■ 擬洋風建築の特色



擬洋風建築は外観に洋風デザインを採りいれているが、小屋組などの基礎構造は和風建築の技術が用いられている。外観の具体例としては下見板や、小さくした窓に窓上飾りをつけたり、塔やバルコニーを備えたりする。



■ 用語



いわゆる異人館は擬洋風建築とは区別される。また例えば浜寺公園駅駅舎は、建築家・辰野金吾の設計によるもので、このような正規の建築教育を受けた建築家や技師の建てたものは擬洋風建築とは言わない。

擬洋風建築という言葉は昭和になってから建築史家が使い始め、近年定着してきた言葉である。当初は、西洋建築の正しい知識を持たない職人が造った奇妙な建築と見られてきたが、第二次世界大戦後の明治建築再評価の中で、次第に高く評価されるようになってきた。しかし、「洋風」という言葉が既に「西欧のような」という意味を含んでおり、その上に「擬」という語を重ねるのは適切でないとして、「明治初期洋風建築」という用語を提唱する建築史家もいる。

森鴎外の用法に擬西洋造(まがいせいようづくり)とあるが、言葉の指す範囲は上記の説明とは一致していない。





日本eリモデル日本eリモデル日本eリモデル
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。