成功する国際結婚の秘訣!「国際結婚一年生」著者:塚越悦子公式ブログ

満足度100%の国際結婚をするための情報満載!

セミナーの秋です。

「ベスト・パートナーに出会うためのルール:アタッチメントセミナー」を開催します。現在10月15日(土)の回のお申込みを受け付けています。

婚活に疲れてしまった人、どんな相手が自分にあうのかわからない人、過去の恋愛から自信を失ってしまっている人に特に参加していただきたい、また明日から頑張ろう!と元気がでるようなセミナーです。詳細はこちらをチェックしてみてください。




2016年の活動をご紹介

「異性の心を上手に透視する方法」(原題:"Attached")が6月13日にプレジデント社から発売になりました!Facebookページで、最新情報&出版ストーリーなどを公開しています。

おかげさまで、アマゾンの発達心理学&恋愛心理カテゴリで1位になりました! 発売から3か月ほどになりますが、ランキングトップ10入りし続けています。
{A559B734-0D86-42F8-8075-7348863037FC}


国際恋愛&結婚コーチのアイリーンさんと一緒に、会員制の「国際恋愛&国際結婚オンライン・コミュニティ」を運営しています。こちらのコミュニティでは、出会いから交際、婚約、結婚、そして海外移住に至るまで、国際恋愛&国際結婚のどのステージにいる方にもご参加いただけます。

詳細はこちらをご覧ください。





・人生のパートナーと「最高のチーム」をつくる法則をテーマにした対談シリーズが始まりました!初回のゲストには「愛は技術」「結婚したい女子のためのハンティング・レッスン」の著者・川崎貴子さんをお迎えしました。




・横須賀基地で、Cross-cultural Relationship Workshopを毎月開催しています。





*******
成功する国際結婚は、準備が9割。 国際結婚成功コンサルタントの塚越悦子です。

2010年に、著書「国際結婚一年生」(主婦の友社)を出版し、国際結婚のご夫婦や、結婚を目指して交際しているカップルや個人の方のご相談をお受けしてきました。

2014年9月に、サンディエゴでの12年間の生活にひとまず終止符を打ち、現在は家族で日本に住んでいます。

今後もセミナー開催、コーチング、執筆活動を続けていくほか、東京・横浜エリアで定期的にオフ会を企画していきます。オフ会参加をご希望の方は、メルマガに登録してください。

ぜひ日本でお会いしましょう!
NEW !
テーマ:

渋谷で開催したアタッチメント・セミナーが無事終了しました。

 

 

あいにくのお天気でしたが、綺麗な会場に気分もあがり、和やかな雰囲気で行うことができました。

 

参加していただいた皆様からは、

 

「自分なりの判断基準というものが仕事の場では発揮できるのに、人生のパートナー探しではそこまでのものを持っていなかったことに気がついた」

 

「過去の恋愛における自分のパターンがわかり、またそれらがあって今の自分があることに改めて気がつきました」

 

「自分をよく知っている人が幸せになることを再認識した」

 

「自分が大切にしている世界を相手と共有したいという気持ちになりました」

 

・・・といった感想をいただきました。

 

次回は10月15日(土)、さらにパワーアップしてお届けします。

 

特に、「好きになれない」 「どうやってアプローチしていいかわからない」 「不安型なので、相手が回避型かどうかを見分けたい」 「安定型を好きになりたい」という方に来ていただければと思っています。

 

詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボストン在住の作家・エッセイスト・そして最近ではアメリカ大統領選についての貴重な情報ソースともなっている渡辺由佳里さんとは、もともとはツイッターで知り合いました。

 

お声をかけられてイベントでご一緒させていただいたこともあります。

 

由佳里さんが久しぶりに帰国されていることは知っていましたが、今回は他にオフィシャルなお仕事もありお忙しそう・・と思っていたら、数日間に彼女のFacebookで「せっかくなので、アメリカ大統領選について話すディナーをやりまーす」とのこと。

 

スケジュールを調整し、恵比寿のレストランに行きました。開始5分前に到着したら、もう既に10人を超える方が着席されていて、熱気に満ちていました。大原ケイさんとも初めてご挨拶させていただき、私も着席。

 

7時過ぎに会が始まり、それからほぼ2時間休憩もなく、アメリカ大統領選の基本的な構造から、実際にラリーに参加したときの様子や、最新の動向についての話が続きました。

 

由佳里さんはもともと住んでいた地域でも町の政治に関わったこともあるそうで、これまでのアメリカ社会や政治の変化を身に染みて感じながら生きてきた経験があるので、そこから来る知識や関心の高さ、洞察などはやはり類をみないものがあるなぁと感じました。

 

渡辺由佳里さんの「アメリカ大統領選、やじうま観戦記!」という連載も情報の宝庫ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

また、大原ケイさんも自称「ニュース・ジャンキー」ということで、ロシアの高官がトランプについて語ったロシア語の動画を何度も観て、(トランプは褒められていたと自慢していたけれど)実際にはなんといっていたかを解読した!というお話もあり、感銘を受けました。

 

普段はおふたりのイベントは洋書のことがメインだとのことですが、別のトピックでもこれだけ語れてしまうというのは、引き出しをたくさんもっている証。

 

また、好奇心をもって生きるとこんなに楽しいんだな~と、そんなことも感じさせてくれるおふたりでした。

 

それにしてもアメリカ大統領選の動向は非常に気になります。数年後にはまた一家でアメリカに行く可能性も高いのですが、トランプ大統領が実現してしまったら予定変更も真剣に考えたいところです。

 

 

***お知らせ***

次回のアタッチメント・セミナーは9月24日(土)に行います。

おかげさまで残席わずかになりました。

詳細はこちらをご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アン・ハサウェイが主演した映画"Ella Enchanted"をご存じでしょうか。

 

この映画の原作本を新訳で出版したい!というクラウドファンディングプロジェクトが立ち上がっています。

 

どんな命令にも逆らえない「従順」という贈り物を妖精にもらってしまったキリア国のエラのストーリー。実は、あの「アナと雪の女王」ブームへとつながる、「自分の意志をもって行動するプリンセス像」を作り上げた、ロマンチック・ファンタジーの草分け的な存在なのだそうです。

 

翻訳するのは私もこちらのイベントでお会いしたことのある三辺律子さん。

 

読んでみたところ、「主人公が妖精からの呪いのような贈り物のためにいじめられる」という設定は自分の性格上許せなかったものの、エラの不屈の精神にはとても元気づけられました。

 

ちなみに、アタッチメント・タイプで分析すると主人公のエラは安定型と言えます。特に前半までの部分で、素敵だなと思っている相手を前にしても飾らずに素直に自分を出せるのは、自己肯定感が高い証拠。

 

また、彼女の恋の相手であるシャー王子は、エラへの手紙を見ると少し不安型も入っているような感じがありますが、遠距離でなかなか会えないという状況も手伝っているようです。

 

小説や映画の登場人物もアタッチメント・タイプで分析してみると面白いですね。分析するためには、その人についてのある程度の情報が必要ですので、キャラクターがきちんと描写されているかのテストとも言えるかもしれません。

 

話はそれましたが、こちらのクラウドファンディングプロジェクトは残り18日。

 

クラウドファンディングで制作費の一部を賄うことで、いままで通常の出版社からは刊行が適わなかったような、大部数は刷れなくても価値がある本、面白い本、必要とされている本を翻訳出版していくという趣旨で立ち上がったサウザンブックスを私も応援しています。

 

読んでみたい!という方はぜひこちらをチェックしてみてください!

 

 

 

***お知らせ***

次回のアタッチメント・セミナーは9月24日(土)に行います。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに、子どもたちの言語発達について書いてみます。

 

アメリカから一家で移住してきたのがほぼ2年前。来たばかりのとき、長男と次男はともかく三男は日本語はほぼゼロでした。

 

家を探す間に横須賀基地に2か月ほど住んだあと、横浜に引っ越してきて、日本の小学校と保育園に通い始めました。

 

12月1日から通い始めた小学校で、冬休みに入るまで過ごした最初の3週間は、おそらく長男と次男の今までの人生の中で一番ハードだったでしょう。

 

それぞれの担任の先生から「日本語で言いたいことが言えなくて泣いていました」というようなことをお聞きしたり・・・

 

一方、三男は保育園の2歳児クラス。日本語がまったくできないのでどうなるかと思いましたが、外遊びを重視する園で、雨さえ降っていなければひたすら外で遊ぶというのが彼には合っていたようで、時間とともにどんどん言葉も覚えていきました。

 

今では三男は95%が日本語に。私は家ではなるべく英語で話しかけていますが、返答はほぼ日本語。夫はあまり日本語ができないので、最近は "English Please!"としょっちゅう子どもたちにリクエストしている感じです。

 

長男と次男はそれぞれ日本語もかなり上達していますが、長男は英語と日本語を自由に切り替えているようなのに対し、次男のほうは少し英語を忘れかけていて、英語だけで話そうとしても語彙が出てこなかったりしてつい日本語で言ってしまう・・ということも。

 

それぞれの親が自分の母国語のみを子どもたちと使う「一親一言語」という原則がありますが、これはまさに言うは易し。きちんと徹底しているご家庭をみると本当にすごいな、と思います。

 

我が家では長男が1歳半のときに言葉の遅れを指摘され、その頃からスピーチセラピーを受けていたので、その時点からもう「日本語で!」と要求することはほぼあきらめていました。

 

でも、現時点では日本語も英語も学習言語として使えているところをみると、本人の資質もあるでしょうが、幼いころからのスピーチセラピーが役に立ったような気がしています。

 

性格も言語吸収力もそれぞれ違う3人。バイリンガル教育はマラソンといわれますが、まだまだ先は長そうです。

 

***お知らせ***

次回のアタッチメント・セミナーは9月24日(土)に行います。

詳細はこちらをご覧ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リオ・オリンピックでの活躍が記憶に新しい福原愛さん。(私の世代だと「愛ちゃん」とつい言ってしまいますね)

 

彼女の国際結婚のニュースをちらほら目にしました。最近なにかと話題の「国籍」について、こちらの記事にまとめられています。

 

外国籍の人と結婚しても、多くの国では自動的にその国の国籍が付与されるわけではありません(この記事ではイランやエチオピアが例外として挙げられています)。

 

また、苗字に関しては変えたくなければ変えなくてよいのです。これは国際結婚のメリットだと思っています。

 

今回のオリンピックでは、ほかにも男子陸上のケンブリッジ選手など、外国の名字をもった日本人が数人活躍していました。

 

東京オリンピックのときにはもっと増えているかもしれませんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなとみらいで開催した「アタッチメント・セミナー」が無事に終了しました。

 

 

「今まで出会いや恋愛・結婚について、科学的・心理的に考えたことがなかったため、とても勉強になった」

 

「とても具体的で、有益な情報をたくさんいただきました」

 

「価値感が違うのは当たり前で、そのときにどのように対応して乗り越えていくかが重要なのかが理解できた」

 

「結婚相手を探すことを前提にしたとき、恋愛がしたいときと、それぞれ対象にしてもよいタイプが違うことを実感した」

 

「アタッチメント・タイプについてさらに理解が深まった」

 

・・・などなど、参加してくださった方から感想をいただきました。

 

来てくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

次回は9月24日(土)都心で行います。詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもたちが好きな英語の歌を覚えられるように、スマートフォンにダウンロードして車の中などでよく聴いています。

 

最近の一番のお気に入りの歌はこれ。

 

"Just let the love love love begin ~♪"

 

明日はいよいよアタッチメント・セミナー第1回です。お申込みいただいた皆様、会場でお会いしましょう!

 

第2回は9月24日に都心で行います。詳細はこちらからチェックしてください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が夫と出会った頃はまだ20代後半で、仕事も楽しく、趣味のダンスにも打ち込んで生活が充実していたときでした。

 

そもそも結婚それ自体を当時はあまり意識していなかった部分もありますが、将来的にも「結婚したら・子どもができたら、仕事をやめて家にいてほしい」と考えている人は絶対に無理だなとは思っていました。

 

このトピックは、実は相手の学歴や年収以上に重要なポイントだと思います。どちらがいい・悪いではないのですが、この点で意見が食い違うと結婚生活は非常にストレスフルなものになってしまいます。

 

もし今、自分が婚活をしていたら、共働きを希望する男性が集まっている婚活サイトを活用するでしょう。

 

私の尊敬する川崎貴子さんが、このたびお仲間と始めたキャリア女性向け婚活サイト「キャリ婚」は、まさにそんな人のニーズに応えるものです。

 

こちらの婚活サイトは、男性は登録無料ですが、登録する前に面接があります。

 

書面上だけではない「人となり」をその道のプロの方がみてくれるのは女性にとって心強いですね。個人的には、このガチの面接ではどんな質問をするのかというところにとても興味があります。

 

川崎貴子さんが実際にパートナーを探している方と対談している記事はネット上にたくさんありますので、興味がある方はぜひ検索してみてください。

 

皆さんの周りにも、

 

①独身で

②結婚したがっていて

③共働きを希望している

 

という男性がいましたら、ぜひお薦めしてください。

 

この婚活サイト「キャリ婚」では、男性会員の登録希望者の面接を行っています。詳細はこちらからチェックしてみてください。

 

サイト自体は11月初旬の開始を予定しているそうです。共働きで家庭を築きたい女性のみなさまもお楽しみに!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

**** 「2度目のデートで見極める!アタッチメントセミナー」を開催します!詳細はこちらから***

 

最近、長男が「ハリー・ポッター」シリーズに目覚め、ペーパーバックの本のセットを買ってあげたら喜んで1巻から読み始めています。なんと、今朝は本を読みたいがために5時半に起きていました・・・

 

私も大好きなシリーズで、アメリカにいたころに全巻をオーディオブックで聴破(?)しました。

 

そのハリー・ポッターの主要人物、ロンとハーマイオニーはカップルセラピーに通っているという記事を目にしました。

 

新刊のリリース記念で公開されたウラ話という趣旨のこちらの記事

 

記事の出だしが「ロンとハーマイオニーの永遠の愛を信じていた人にとって、これは悲報!」となっていて、カップルセラピーに通わなければならないほど問題があるので悲報・・という趣旨なのだとわかるまでに数秒かかりました。

 

国際結婚、日本人同士の結婚を問わず、カップルのご相談を受けてきた私からすると、カップルでセラピーに行こうという意思があるのは素晴らしいことだと思います。

 

たまに、外国人の男性からのご相談で「日本人の妻はこういうのは絶対拒否だというので、自分だけセッションを受けたい」という方もいらっしゃいます。

 

もちろんその逆もあり、国籍や文化、性別を問わず、ふたり揃ってセラピーが必要だから受けようと思うことが当たり前というわけではありません。

 

ふとしたきっかけで、ふたりの間のコミュニケーションがうまくとれなくなってしまい、自分たちだけではどうにもならなくなってしまった時に、少し離れた立場の人に話を聞いてもらって軌道修正を図ることは、恥ずかしいことでも何でもなく、むしろ「それだけその関係にコミットしている」ということです。

 

カップルセラピーを受けているというだけで「悲報」と書かれない日を目指して私も精進します。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の記事でご案内したセミナーを行うにあたって、私が恋愛&結婚という文脈で使われることに違和感を感じる言葉を挙げてみます。

 

・「ゲットする」

 

・「落とす」

 

・「捨てる(捨てられる)」

 

あくまで個人的な感覚ですが、これらの言葉には相手をひとりの人間として大切にしようという気持ちが感じられないのですよね・・・・

 

セミナーでは、過去の恋愛関係を振り返るワークも行いますが、それは今までの自分の言動を新たな視点で見つめなおすためでもあります。

 

過去の恋愛関係がつらいものだった場合は、振り返りも痛みを伴うかもしれませんが、そこから得られるものはたくさんあります。

 

その相手との関係に一生懸命だった自分や、そして相手を振り返るとき、上記のような言葉は使わずに、優しい気持ちをもちつつ冷静な目で振り返ることで、より深く自分について知ることができます。

 

その知識を次にどう生かしていったらいいか、知りたい方はぜひいらしてください。

 

結婚後の生活についても可能な限りカバーしていく予定です。

 

セミナーの詳細&お申込み方法はこちらのリンクからご覧いただけます。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)