お寺知恵拝借

テーマ:
NHKテキスト 2016 8-9 趣味どきっ【お寺の知恵拝借】で滝行の寺として妙乗院が掲載されました^o^
先日発売されました雑誌 【世界遺産 国宝の神社仏閣一生に一度は行くべき東海の絶景】で熱田神宮、比叡山延暦寺、高野山、富山高岡瑞龍寺、そして最後に妙乗院が2ページにわたり掲載されました。良かったら読んで下さい(^^)
{6D16F4A1-35E1-4355-8E65-0F3D2C982F27}

{B54AA9CD-A6AF-409F-9869-D7366F12840B}

{644C1A94-C899-4FAB-810C-CBF4CCC9EB69}


AD

全国放送関西テレビフジテレビ系列『有吉弘行ダレトク!?』明日26日火曜日夜11時~11時30分の間にえんこうとダーリンハニー吉川正陽さんと共演5分で出演です
良かったら見てください。

AD

予測

テーマ:

たまにこんな訓練をしています。

マーケティング 市場調査

日本だけで物事を考えていると気が付かないことが多くあります。

その一つが日本は世界でも希にみる祭日が多い国です。固定しないと休みにくい民族性でしょうね。

 

昨今スタバーに行くとお客さんが高校生や大学生の方々が多くなってきています。多分その方々のご両親、特にお父さん方は、缶コーヒーかコンビニの100円コーヒーを飲んでいます。(笑)我慢と忍耐とは違います。我慢は良くありません。しかし忍耐は大事です。この違いはいつかお話します。私の予測ですが今の日本の景気は誰がリーダーになってもバブルのような昔のようには戻りません。ようやく日本も本当に先進国となりました。先輩先進国の様子を見ていると自ずとわかると思います。日本の行き先が・・・

 

そして大企業と自営業では運営の仕方が違います。皆さんの知っている身近な所で少し比較してみます。イオングループの中で、売上トップは、日本で一番売り場面積が広い埼玉にあるイオンです。2番目がなんと名古屋大高イオンなのです。

売り場面積の割合で比較すれば実質は大高イオンでしょう。

毎回土日祭日は、イオン大高に行く周辺道路は渋滞が起こるぐらい人が集まってきます。

そのかわり名古屋近郊周辺のイオンは、あおりを受けて、あまり売り上げ並びに集客が良くないです。

 

それぞれのテナントチェーン店の中で全国でも売り上げ優秀なトップクラスの店長たちが大高店集まり、お互いのお店で切磋琢磨しています。

その中で、売り上げが伸びないテナントは、イオン側からお店の契約が切れた時点で立ち退きです。再契約はしません。ここまでくると、どのテナントも必死になるので相乗効果が生まれてきますが・・・

多分売り上げトップにいる5つの条件が揃っています。

第1に立地条件(山側でも海側でもなく、360度平地である事・電車を含め交通の便が良い・敷地スペースが程よい)

第2に人口密度(名古屋市を含め緑区という住宅街にある)

第3に複合施設(映画館など)。この条件だけならば全国にも数か所あります。

第4に地域性です。(購買単価が他の地区より高い)

そして最後の第5の条件とは・・・私なりには答えはありますが、あまり全部言ってしまっては、考える力を失うので、自営業や経営者の方は特にシュミレーションとして考えてみる力を養っていくと良いと思います。

お店が、はやらない理由は良くわかると思いますが、長く流行っている理由を見つけるのは、訓練が必要になってきますね。

 

イオンは規模が大きすぎるので、個人事業主の方はピンとこない方も多いと思うので。もう少し小規模で考えてみます。実名は伏せますが

すばらしい経営をされているお店です。モーニングサービスやランチのないコーヒー専門店があります。ここはご夫婦だけで運営されています。営業日は週3日です。

お客さんの回転が良く滞在時間10分~20分です。その分営業前のお二人の準備や営業後のかたずけなど手間暇かけています。

私が見ていてもすぐにわかりますが、手の届く範囲にすべて設置してあるので無駄な動きは一つもありません。ケーキも販売していますが、すべてのケーキがお昼すぎには売れてしまいます。余分には作りません。もちろん豆の販売もしています。このお客さんの人数でしたら普通のコーヒー専門店でしたら、最低4人は必要になるのですが、お二人でできる範囲で仕事をしています。

相方が風邪で休んだ時は、その日の営業は臨時休業にしています。けっして無理はしません。

ですから必要経費があまりかかっていないので人件費を考えるとコーヒー専門店としては売り上げも含め実質利益率は全国でもトップクラスだと思います。3日働いて4日休む理想的なお店です。本当のコーヒー通を連れていけば、必ずおいしいといわせる味を出すお店です。コーヒーの種類も豊富でそれも値段も一律460円です。

 

お客さんの立場から見てみると、もう少しゆっくしたいのですが、すでに後ろで他のお客さんが座って並んでいるので、飲み終わったら、自然に退席です。これがここの暗黙のルールです。

静かな空間ですので、ゆっくり大きな声でおしゃべりをしたい方には向かないです。コーヒーとケーキだけで満足度を上げてしまうすばらしさがあります。

お客さんにすべてを満足させることは、経費と手間がかかりすぎ運営面で経営できなくなりますね。

何か秀でているものがあれば満足度は上がります。ここまで来るのには多分最低でも10年かかります。それかスタートですね。

 

コーヒー業界は今では品質の良い豆と性能が良い焙煎機が手に入るようになったので、あるレベルまでのおいしいコーヒーをお出しすることはできます。しかしここはそれ以上の何かを持っているからです。

ヒントは稼いだお金を何に使っているかです。考えて観て下さい。

 

大企業も以前に比べてストレスで疲れている方が多くミスが多くなってきています。経費節減で人手を減らしました。その為仕事量が1,5人分~2人分増えています。ですから余裕がなく、以前ならお客様のご機嫌伺いに、たまに行けたものが、行けなくなり、電話やメールでのやり取りになり、微妙はお客様心理に気づかなくなってきています。

大企業の特徴の安定感がなくなりました。

それでもその中で今をどう生きるかが大事になってきます。理想と現実のバランスが必要になってきますね。

 



写真は妙乗院の四天王 火の祭壇です。

AD

巨大火炎太鼓

テーマ:
いよいよ妙乗院にお披露目です(^。^)

ある博物館が閉鎖してしまい、その目玉になっていたのがこの巨大火焔太鼓です。家紋が豊臣家のものでしたので、譲り受けることにしました。
この巨大火焔太鼓の意味は明確な陰陽原理に基づいてデザインされ、作られているそうです。

名古屋の方は、わかると思いますが、名古屋駅に巨大なビル、ツインタワー(既存の松坂屋、三越ではなく高島屋という名古屋圏以外の外部の風を入れました)が建てられてから、全ての流れが栄から名古屋駅周辺に変わりました。...



古来より権力者が権力を誇示する為に巨大なものを建設して来ましたが、もう一つの意味は、運気を変える為でもあったのです。


環境を変える事が一番の運気を変えるのに良いですが、ただ悪い場合に働く事もあるので、何を創るか、何を建立するかによってかわります。ですから外部の風を入れることも大事になってきます。ですがその見極めが大事になります。ただ大きなものを創ればよいというものでもなさそうです。



左右の火焔太鼓は、これら二つを水平にならべることによって1対となっており、それは陰陽渦巻く宇宙の原理を示しています。
左方は陽を表し、三つ巴は天の火で山中から湧き立つ雲、渦巻く雲の姿を表している。


左方の上部には金色に輝く太陽、
一対の龍は左が口を閉じ、右が口を開け(阿、吽)
太鼓の中心部は三つ巴の右巻きの渦。
そして49本の剣先文(7×7)となっています。

それに対して右方は陰を表し、二つ巴は天地間を巡る水の力を表している。

上部には銀色に輝く月、
一対の鳳凰は、これも左が口を閉じ、右が口を開け(阿、吽)
二つ巴で左巻きの渦。
そして64本の剣先文(8×8)となっている・・・

つまり左方が陽で奇数、右方が陰で偶数と、ちゃんとした陰陽原理に基づいて作られています。

{3A1E2B46-1AEF-4C72-9C54-9E70D3AD7E5D}

{431A206D-2B7C-4D47-AB5C-98B143253767}

{6B37BEE6-AF99-40B9-A062-D3CD0838841A}




木魚

テーマ:

昔々、インドのえらいお坊さんの所に弟子入りした人がいました。



生まれついての怠け者で、いつも居眠りばかりしていました。



そんなある日、彼は川で、あやまっておぼれ死んだのです。



ところが、いつも居眠りばかりしていたので、眠る時には眼をつぶらない魚に生まれかわってしまいました。



そんなある日、お師匠さんが舟で河を渡っていると、その魚が出てきて、『お師匠さま、お師匠さま、どうか他の弟子たちが怠けて、こんな姿にならないよう、私の形を作って、皆をいましめてください。』


といいました。



かわいそうに思ったお師匠さんは、『よしよしわかった。そうすればお前の罪も消えるだろう。』




といってお寺に帰るとさっそく、木で魚の形をつくり、時間を知らせる時や、お経を読む時に使いました。


ほかの弟子たちは、そのいましめによって、怠け心をふせぎ、やがてその魚も安心することができたそうです。



私自身も、お経をあげていて眠くなることもあります。



ポクポクという木魚の音を聞くたびに、自分の怠け心をいましめましょう。





よく本堂に龍の姿をした木魚がありますが、一生懸命に修行に励めばいつかは、魚から龍に生まれ変われるという言い伝えから、なぞられています。

疲れる前に休みましょう

テーマ:

世間的にいう出世を思って生きるほど大変なものはないと思います。



それは途中の景色も楽しめず、飲まず食わずでひたすら目的地に急ぐ旅になってしまいます。



人生の旅には休憩も大事です。





歩きづめに歩いたり、走りづめに走ったりすれば、倒れてしまいます。



たいていの人は疲れてから休みます。



旅を楽しくするためには、疲れる前に休んだ方がよさそうです。



へとへとになってから休めば、休んでいてもちっとも楽しくありません。



これから歩まねばならない前途を思って、うんざりするはめになりかねません。



しかし、疲れる前に休めば、休みそのものを楽しめます。



楽しみながらゆったりと、歩んで行く事が中道の歩みではないでしょうか。




天から舞い降りた・・・

テーマ:

お寺にいると毎日のように不思議な経験をさせていただきます。

もちろん賽銭泥棒は年に何回も来ます。()



お金を恵んで欲しい方などは正直でわかりやすいですが、

朝早くから母が危篤で手持ちの電車代がないとか、まんじゅう限定で下さいとか、外国人が毛皮を売りにきたり、新興宗教の方が布教にきたりします。



こんなエピソードもありました。

本堂に黒い物体(遠くから見ると大便のようでした)がありました。

てっきり大便だと思い込みました。

もう誰がこんな所にと思い、動くではないですが、大便が動くとは()

近づいていくと蛇でした。




それはそれは、奇妙な訪問者が来ます。



先日位牌堂の天井よりペルシャの子猫が2匹落っこちて来ました。

本堂の天井に上る部分は板がのせてあるだけでその部分からです。

位牌は割れるなどしてめちゃくちゃにされました。

天井で子供を生んだのはわかっていました。


まさか落ちてくるとは・・・・



私がお経を唱えているときにもにゃあにゃあ・・・泣いて、子猫と合唱していました。

子猫を捕まえようとしても仏像の小さな隙間に隠れて中々出てこなく騒動でした。

ようやく2時間後に捕まえて外に逃がしてあげました。

母猫が近くにいたので、無事に成長すると良いですね。


美と財をなすパワースポット

美と財をなすパワースポット

美と財をなすパワースポット