助産師の山浦直子です。

 

よく男の子のママさんからオチンチンの相談を受けます。

 

男の子のオチンチン剥いた方がいいの?

ほっといて自然に剥けるの?

そもそもオチンチンってどうなってるの?

剥くってどういうこと?

 

赤ちゃんのオチンチンは皮が被った状態です。(亀頭に皮が被っている状態)

 

ちゃんのオチンチンの皮を下にずらしてみると

簡単に抵抗なく皮がむけ、亀頭が見えてくる赤ちゃん

少し抵抗がありますが、亀頭の頭が見えてくる赤ちゃん

全く皮が下せないで亀頭が見えない赤ちゃん

最初はいろいろな赤ちゃんがいます。大きさもさまざまです。

どの状態が良いということはありません。

 

我が子のオチンチンがどうなっているかわからなかったら、こちらの本がおすすめです。

 

ママもパパも知っておきたい よくわかるオチンチンの話

「よくわかるオチンチンの話」 監修 岩室紳也 金の星社

 

赤ちゃんのおちんちんについては、小児科の先生、泌尿器科の先生によって考え方はいろいろです。

必ず赤ちゃんのうちに剥かなけれならないということもありません。

 

ただ、男の子はオチンチンをよく触るようになるので、オチンチンをむかないと、亀頭部と包皮の間に細菌が入って化膿することがあります。

そして、今、思春期に包茎で悩むお子さんがとても多いです。

動かない赤ちゃんの時期は痛みの感覚が少ないので、皮を剥いてあげやすいですが、歩くようになると痛みの感覚が強くなるので嫌がってやらせてくれません。

そう考えると、私は赤ちゃんの早い時期からオチンチンの皮をむいて、洗って、戻すというケアはしておいた方がいいかなと思っています。

 

子育てでこれが絶対正しいということはありません。

まずは親がオチンチンについての知識を持ち、夫婦で話し合っておくのが良いかと思います。

 

自分の赤ちゃんのオチンチンがどうなっているかわからない、どうやって触ったらよいかわからないという方は個別ケア時、発達教室やベビーマッサージ教室の時に聞いてくださいね。