DAVE PIKE SET

テーマ:

寒すぎるので、

レッグウォーマー買いました。

 

今日も気ままに、ジャズ出し。

ハイライトは、コレ。

 

↑THE DAVE PIKE SET/NOISY SILENCE-GENTLE NOISE(69年作)

 

ヴァイブ奏者 デイヴ・パイクのMPS人気盤。

 

グルーヴィー・ジャズ・ロッキンから、

アコギ・カッティングもナイスなフォークロア・チューン、

シタール入サイケ・グルーヴ人気ナンバーも収録した、

サイケ・ジャズ~ジャズ・ロック名盤!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

DEBBIE PARYES

テーマ:

昨日よりはちょっとましな寒さ。

ほんのちょっと、デスけど。

 

ジャケだけは冬っぽいのをチョイスして、

気ままにジャズ出し。

 

↑WALTER NORRIS&ALADAR PEGE/SYNCHRONICITY(78年作)

 

幽玄的で密の濃い対話を聴かせる、

ピアノ&ベースでのデュオ・ライブ盤。

 

enjaレーベルらしい、

スピリチュアルなインタープレイも聴きものです!

 

 

 

↑DEBBIE PORYES/TRIO(82年作)

 

ピアノ・トリオ・ファン人気の1stリーダー作。

女流ピアニスト デビー・ポーリスの欧州ピアノジャズ名盤。

 

女性らしいリリカルな美しいピアノタッチ。

1曲目はブロッサム・ディアリー・ナンバーです。

 

 

 

↑MONIKA LINGES QUARTET/SONGING(84年作)

 

人気シンガー モニカ・リンゲスが自身のグループを率いての

カルテット名義2nd。

 

歌・スキャットともに伸びやかで、爽快。

人気ナンバー「SAMBA DE CORACAO」収録の、

独ジャズ・ボーカル名盤。

 

 

 

 

 

 

 

AD

JOHNNY ALF

テーマ:

今日も激寒デスけど、

ボッサ出し。

 

「ブラジル、あったかそうだなぁ~」って羨望も込めて。

 

↑JOHNNY ELF/ELE E~(71年作)

 

「ボサノバの父」として知られる、

御大コンポーザー&シンガー&ピアニスト。

 

ソフトな女声コーラスも交え、

キャッチー&リラクシンな絶妙ボッサチューン多数収録。

 

名曲「GAROTA DA MINHA CIDADE」

「CANTO PRA PAI CORVO」他、イイ曲目白押し。

 

 

お次とピーコ。

 

↑ABILIO MANOEL/ENTRE NOS(72年作)

 

ブラジルのSSW マノエル兄さんの名作。

 

優しい歌声と柔らかなメロディーが最高のナイス・ボッサ

「DEPOIS EU DIGO」「POIS E,SEI LA」、

グルーヴィーなブラジリアンSSWチューン「PROCURADO VIVO」、

ファンキーホーン~グルーヴ・チューン「LUIZA MANEQUIM」など、

あっと言う間に全トラック通して聴ける、ブラジリアン名盤。

 

 

でもやっぱ、寒い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD