ミュージアム屋のブログ

ミュージアム業界歴10年。30代のキャリア、子育て、起業もしちゃう? なチャレンジブログです。


テーマ:
久しぶりにブログを見ると、テーマが自分でもわからなくなっていた。

というか、よくわからないカテゴライズ過ぎ。
整理するにも分量があるので、どうしたものかと頭を悩ます。

まぁテーマ自体は100個まで作れるらしいので、
あまり気にしないでもいいのかもしれない。

ある意味、テーマつくりは試行錯誤の跡が見えるともいえるかな。

どこかでブログを刷新してもいいなぁと思いつつ、
自分の記録でもあるので久しぶりに書きながらまたちょこちょことチェックしています。


ちなみに、いまだに検索トップは「クローディアの秘密」です。

次点として、メトロポリタン美術館 ミュージアムショップと
大英博物館 ミュージアムショップが続きます。

いろいろミュージアム関係の新しいサービスやらサイトやらもできているはずなのに、ショップはまだまだなのかしらん?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日紹介したヤンマガの『ミュージアム』

これを書いていてそういえば、と思いつく。
個人的にダメなミュージアムが、このホラー系統でいえばあるのです。

基本どこでもお伺いしますし、どこのミュージアム(それがどれだけシリアスでも)も楽しめる自信があるのですが、苦手なものは勿論あります。それもやっぱりホラー系? になるのでしょうか。


◆トップは、ミイラ。

一人では、展示室にはいるのもためらいます。
どうもダメなんですよね。
正直、怖いんです。

幕末~明治に、アメリカのミュージアムででミイラが展示されているのを見た人たちの記録を読んで、むちゃくちゃ同意見でした。

ミュージアム側の理屈も頭で理解はできるのですが、個人的には触れられない近づけないという感じのものです。

テレビで見るのもダメでした。
(北極か南極で遭難した探検隊の氷漬けを見てダメだった)



◆2番目は、剥製もの。

今は比較的大丈夫ではあるのですが、目がダメです。

ガラスの目がはめ込まれていると知ったあとはだいぶ平気なのですが、小さい時とかはその動物の目だと思っていて、本気で怖かったです。



◆3番目、戦争ミュージアム系。

ダメというよりも、見なくちゃという責任感でガッツリ見るのですが、一方で本当につらい時があります。

場合によっては記録映像が出てきますが、今まで一番ダメージがあったのは、ホロコーストとJFKライブラリー&ミュージアム、そしてひめゆりの塔でしょうか。

人の命が奪われる瞬間が、本当に生々しく記録されていて、その一方で命を奪う側も当然記録されています。

ホロコーストは12歳以下は大人の同伴が必要ですが、大人でもショックは大きいと思います。




そう考えると、フィクションはまだお芝居とわかるのですが、それでも強い表現は苦手ですね。

アニメの「まどかマギカ」も友人に勧められて見たのですが、あれがダメだったというのは結構ホラー系ダメな部類に入るのかなと思います。



◆ランク外 人体の不思議展

これも見に行きましたが、なんとか。
ただやっぱりご遺体なので、見た当時は上記の3番目とはまた別のショックはありましたね。

救いは、一応ご本人の同意があったという部分でしょうか。
死刑囚の遺体を使わせてもらったと思います。

一応、これは医学的な知見でも理解ができるので、展示という理解はしています。
ただ、どこかの地域では開催周辺の住民の方が訴えを起こしたという話もあったので、それもむべなるかなと。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミュージアム(1) (ヤングマガジンコミックス)/講談社

¥600
Amazon.co.jp

ミュージアム(2) (ヤングマガジンコミックス)/講談社

¥600
Amazon.co.jp


未読です。

タイトルを本屋さんで見つけた時、思わず手に取りました。
しかし、あらすじを読んで、そっと平積みの山に戻しました……。

あおり文句が、
「超戦慄猟奇サスペンスホラー、絶望大解禁ッ!!!」

サスペンスはともかく、ホラーが苦手なのです。
その上、それに超が付くほどの戦慄猟奇って。

自分がこれを読める自信がありませんでした。
たとえ「ミュージアム」と名のつくモノでも、
ダメなものは、たぶんダメ……。

本当は読んでみないとダメかどうかわからないのですが、読んでダメだった場合のダメージが想像できずに、いまのところ存在を横目で見ながら、どうしようとぐるぐるしている感じです。

読んだ方、どうでしたか?

さらに最も気になるのは、「ミュージアム」てタイトルですが、実際のミュージアム(博物館・美術館)とかかわりがあるのかどうか。

これほど自分がかかわるのがダメな「ミュージアム」が登場したことに、もはや戦慄ですよ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月26日から3月11日まで「震災からよみがえった東北の文化財展」が開催されます。

東京都立中央図書館(2012年2月26日~3月11日)
http://www.jmma-net.jp/katudou/23touhoku.html
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2012/01/21m1q100.htm

遠野市立博物館(2012年3月16日~3月28日)
http://www.jmma-net.jp/katudou/23touhoku4.html
- 元のメッセージを隠す -


本展覧会とあわせまして、下記の通り、2月26日に釜石「鵜住居虎舞」の披露、
3月4日に『対談「東日本大震災と文化復興」』を実施いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
 



「震災からよみがえった東北の文化財展」関連イベント


対談「東日本大震災と文化復興」開催のお知らせ


■オープニングセレモニー

◎日 時:平成24年2月26日(日)9:00~10:00
◎会 場:有栖川宮記念公園特設ステージ(都立中央図書館隣)
◎内 容:釜石市鵜住居(うのすまい)青年会による「鵜住居虎舞」の披露等

・詳細は下記URLをご覧下さい。
http://www.jmma-net.jp/katudou/23touhoku2.html

 
■対談「東日本大震災と文化復興」

◎日 時:平成24年3月4日(日)13:30~15:00
◎会 場:都立中央図書館研修室

 
◎対談者:
 ・赤坂憲雄(遠野文化研究センター所長、学習院大学教授)
 ・三浦佑之(立正大学教授)

 
◎定 員:100名 ※要申込
 
 
参加ご希望の方は、下記宛にメールで申込み下さい。 皆様のご参加をお待ちしております。
 
◎申込方法:
(記載事項)
 ・メールの件名に、対談「東日本大震災と文化復興」とご記入いただき、
  住所、氏名、電話番号 を明記の上、日本ミュージアム・マネージメント学会事務局までお申込下さい。

 

(申込先) 日本ミュージアム・マネージメント学会: 
kanri@jmma-net.jp  
 

・詳細は下記URLをご覧下さい。

☆震災からよみがえった東北の文化財展 対談「東日本大震災と文化復興」
http://www.jmma-net.jp/katudou/23touhoku3.html  
 
※1 こちらのページでは申込締切は2/17とございますが、締切りを過ぎてのお申込も受け付けております。
※2 こちらのページではお申込先・お申込方法が異なりますが、上記ご案内の通り、JMMA事務局までメールでお申込下さい。

 

☆震災からよみがえった東北の文化財展
http://www.jmma-net.jp/katudou/23touhoku.html  
 
 
*********************
 
日本ミュージアム・マネージメント学会事務局 
〒136-0082 東京都江東区新木場2-2-1 
電話・ファックス 03-3521-2932
URL/
http://www.jmma-net.jp/index.html  
e-mail/
kanri@jmma-net.jp  
 
*********************
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHKBSプレミアム「熱中スタジアム」 博物館ナイト
http://www.nhk.or.jp/n-stadium/index.html

ミュージアム屋のブログ

【前編】
2012年1月30日(月) 19:00~19:44
2012年2月2日(木) 深夜23:30~0:14 [再放送]

【後編】
2012年2月6日(月) 19:00~19:44
2012年2月9日(木) 深夜23:30~0:14 [再放送]

-----

昨年12月に収録を行っておりました博物館ナイト!
本日いよいよ放送されます。

前編は理科系。
後編は文科系。

わたくし前編でちょこっと多分喋っております。
どんなふうに映っているのかは、自分でもわかりませんが、楽しみです。
(ちょっと怖いですが)

ともあれ、ミュージアムについて特集されるのはうれしいです。
しかも全国のミュージアムファンの方が集まるというのはめったにないので、
どんなコアな方がいらっしゃるか、ぜひとも番組でご覧いただければ幸いです。


内容についてはネタバレ禁止なので、放送後に感想などアップしたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2011年は本当にいろいろあった一年でした。

3月の震災からsaveMLAKの活動へ。
ラジオ×2でミュージアムについてお話させていただき、
フリーマガジンにも記事を書かせていただきました。

どれもその時その時にしかできなかった事柄です。

2012年は、どんな一年になるのでしょう?

自分の目標としては、ブログをきっかけにラジオやマガジンに声掛けいただいて、
一歩一歩ではありますが、少しだけミュージアムの外の人へと発信することができた2011年。

その時感じた、もっと知ってもらいたい! ミュージアムについて伝えたい!
という熱を、何か形にしたいと思っています。

ミュージアムとの架け橋役にチャレンジですね。

そんなわけで、目下のところ以下の活動が予定済みです。

よろしければご参加、ご笑覧お待ちしております。

---

2012年1月25日(水)18時30分~20時30分
【赤坂コミュニティカレッジ】
1月度テーマ「ときめきのミュージアム活用術
~ミュージアムを三番目の場所(マイ・サード・プレース)にする方法~」
https://www.facebook.com/note.php?note_id=256208721110145


---

2012年1月30日、2月6日(月)午後7時~
NHK BS 「熱中スタジアム~博物館ナイト!~」
http://www.nhk.or.jp/n-stadium/
※30日の方でしゃべっていますよ。

---

それでは2012年もどうぞよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

過去2回しか一般公開されたことのないイタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)の肖像画が、同国北部トリノ(Turin)で公開されている。

老年期の自画像で、トリノ王室図書館に収蔵されており、これまで1929年と2006年の2回しか公開されたことがなかった。センサー付きの強化ガラスケースに入った状態で展示され、5000万ユーロ(約52億円)の保険がかけられている。

この自画像のほかデッサンや作品に関する直筆メモなど約30点が、17世紀の宮殿、ヴェナリア王宮(Reggia di Venaria)で開催されている展覧会「Leonardo: The Genius and the Myth(レオナルド、天才とその神話)」で1月29日まで公開される。

写真は史上3度目の公開となる老年期のダ・ヴィンチの自画像(2011年11月21日撮影)。(c)AFP/GIUSEPPE CACACE

------------

過去2回しか一般公開されていなかった作品。
でも、実は見たことある人も多いのではないでしょうか?

「知っている」のと「本物をリアルで見たことがある」のは、
似て非なる体験なんだなーとこういう記事を見て思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の「○○博物館」でしばらく頭を悩ませていたのですが、
どうも○にはいる言葉が市町村とか都道府県ではなくて、
例えば「野球博物館」とか「サッカー博物館」というような意味だったのか?
とようやく思い至りました(遅すぎる)

そしてそこに新たに登場する「B級博物館」なるものに、
またもや頭と首をひねっております。

B級博物館・・・ってなんだろう????


B級ってことはまずA級博物館があるはずだ。
ではA級博物館って何?

こんな時にいちいち定義を調べてしまうのがオタク気質と大学時代の先輩に言われましたが、
研究者なんてオタクですよ(と開き直る)

だが、ウィキを見ても「B級というのはA級ではないもの」というような押し問答になってしまう。

でも「A級とは、B級ではないもの」とは言い切れないのがまた面白いのですが、
ともあれ、B級映画とかB級グルメとかそいいうノリでB級博物館というものをいっているのでしょう。


さて。

○○博物館という中からさらにB級博物館を探せってことらしいのですが、
そんな視点で見たことがなかったので、改めていろいろ考えてみました。

が、うまいこと出てこない。

あえて「ラーメン博物館」とか言ってみたいですが、きっとそれでもいいんでしょうが、
なんか求められているのとは違うのかなぁーと思うわけです。

○○博物館だったらとりあえず浮かびます。

野球博物館
麻雀博物館
サッカー博物館
カメラ博物館
大統領博物館
織物博物館
噴火博物館
時計博物館
馬の博物館
牛の博物館
琥珀博物館
オルゴール博物館
寄生虫博物館
蝋人形博物館
化粧博物館
履物博物館
鳥の博物館
服飾博物館
コンピューター博物館
本の博物館
印刷博物館
偽物博物館
書道博物館(美術館)
鬼の博物館
子ども博物館
おもちゃ博物館
テディ・ベア博物館
車の博物館(ベンツの博物館はかっこいい)
鉄道博物館
川の博物館
山岳博物館
海の博物館
航空博物館
船舶博物館
恐竜博物館
くじらの博物館
淡水魚博物館
昆虫博物館
バンダイ博物館
アンパンマンミュージアム
ジブリ美術館(あ、美術館か)

・・・と、思いついた感じで上げてみましたが、どこかにウソが混じっているかもしれない・・・(博物館じゃなくてミュージアムとか、美術館だったとか・・・名称違い。でも内容的にはあったはずという感じです)

極め付けの一つはたぶん海外だったと記憶しているが、
奇形児の博物館があったり、医療系はえぐいのですが、
(避妊具の歴史展とか見たこともある)

あとは戦争系とかだと日本にもアウシュヴィッツ博物館があるし、
もちろん各地に戦争博物館もあります。
(沖縄のひめゆりの塔とか、広島の原爆ドームもそうですね)

とりあえず、誰かがコレクションを持っていて、それを博物館として公開はじめたら、それが博物館になるので、世界中を探せばきっと一つは自分の中でのどんぴしゃ博物館がある、と思っております。

むしろ、思いつかないものでもあったりするので、あなどれませんが、
それだけ博物館が含むのは何でもアリなのです。

で、この中でB級って・・・どこから線引きするんでしょうねぇ?

A級を正当派博物館といっても、正統派の博物館って何?

と考えているうちに、昔こんな話をしたのを思い出しました。

サブカルチャーと言い始めている世の中だが、サブはメインがあって初めてサブとして成り立つ。
だからメインカルチャーを粗末にするのはいけない。

で、サブカルの博物館もあるだろうけれど、とりあえずメインカルチャーを扱うというのが博物館だよな、というようなやり取りです。

むしろメインカルチャーがサブカル化している昨今で、
ある意味、博物館はそれを守る砦のような感じでもありますね。

だんだん話がまとまらなくなってきましたので、とりあえずB級博物館にもどると、
本人たちは至って真面目に専門博物館としてこなしているかと思いますが、
それでもやっぱりなんでこんなところにピンポイントで光を当てたのか?
世界で唯一という「寄生虫博物館」にとりあえず一票を投じてみたいと思います。

といっても、寄生虫博物館有名すぎて、知る人ぞ知るではないよなーと思ったり。
でも、この博物館のグッズはすごい面白いんです。寄生虫のデザインTシャツとか。
まして通販までできるという点に驚いた(あまり通販までできるMショップは少ないのです)

まだまだ知らない博物館だらけです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたブログ+ウェブ経由でお問い合わせをいただいております。

毎度お問い合わせをいただくたびに、実は聞いていることがあるのですが、
例えば「美術館についてお話しください」という場合は、
「私は美術(館)専門ではないのですがいいのでしょうか?」となります。

今回は「博物館について」といういわゆる待ってました! なお問い合わせなのですが、
さてここからが問題です。

お問い合わせいただいた方がどういったものを「博物館」といっているのか、
確認しないとなりません。

なぜならば、個人的に(そして業界的に)博物館といったら、
美術館も科学館も、歴史系も、考古学系や、資料館やら文学館やら
はては動物園、水族館、植物園まで含んだ
ひろ~~~~い意味での「博物館」だからです。

あくまで、
①何らかのコレクション(生きているのも可)を持っていて、(保存)
②コレクションを集める機能を有し、(収集)
③それを研究する専門家を雇っていて(研究)
④展示などにより広く一般に公開されていること(公開)

があるものを博物館と呼ぶので、言い換えるとこの4つの機能がないものは
博物館ではないという理解なのです。(ほかにもいくつか条件があるのですがとりあえず)

どういうことかといえば、コレクションはあるけど一般公開していないというと
それはコレクターさんのコレクションでしかありません。博物館じゃないのです。

逆に、展示はあるけどコレクションはないという場合はどうでしょう?
これも展示会場ではあるけれど、博物館とは呼べないことになります。

極端な話をすると、ビックサイトは博物館じゃないですよ、ということでしょうか。


で、だいたい毎度この話をします。
詳しくではないですが、ちょこっと確認をします。

すると、大体、みなさんの考えている(イメージしている)博物館像が浮かび上がってきます。

ここの博物館イメージを共有できないと、ご質問いただいていても、
お答えできなかったり、ズレまくった回答しかできないので、
実はとても重要な質問だったりします。


さて、今回は「○○博物館」という名称のものを対象にしたいというお話だったのですが、
これ、よくみなさん引っ掛かるところではないかなーと思うのです。

○○の中には恐らく市町村とか都道府県の名前が入ったりするのではないでしょうか?
もしくは、人の名前とか?

ですが、問題はこの○○のなかにはですよ?
「美術」とか「科学」とか、入ってくるわけです。


美術博物館って名前、古くは結構ありました。
そしていまだに現役の館名です。

そう、美術博物館は美術館のことです。
当然、科学博物館が科学館です。

なので、美術館とか科学館とか含まないで博物館でお願いします。
と言われてしまうと、非常に困ったことになります。

それは分野的に美術と科学は抜いてくださいということでしょうか?
と聞くべきか、しかし「総合博物館」では美術も含むし科学もある。

歴史に関する博物館ですと言われたらさらに大混乱です。
歴史がかかわらない博物館施設はほとんどないからです。

美術館も、美術の歴史は扱っています。

言い換えると、博物館というのは歴史を扱う施設と大枠でイメージしていただいた方がいいくらいです。
「時間」を扱う施設と言ってもいいかもしれません。

勝手なミュージアム屋のイメージでは、自然が水平で広がるイメージとすると、
ミュージアムは時という縦(垂直)の時間を取り扱うイメージだったりします。
(わかりにくいかな)


そんなわけで、いろいろ言葉の問題はむずかしいというお話。

ミュージアムと図書館は兄弟だよ、なーんて話し出すと、
ますます混乱しますかね?

*「本」というコレクションを持ったのが図書館の始まりですよ。
今は本がコピーありきなので、一点物を扱う博物館、とよく言われています。

アレキサンドリアの図書館は、博物館などの研究施設の一部だったとも言われています。


なんというか、みんなサッカーとか、野球とかをルールを知らずに楽しんでいるかんじなのが、
ミュージアムの現状、というような気が最近しています。
それでも楽しんでくださっているのであればもちろんそれはそれでいいのですが、もったいないかもとも思ったりする今日この頃・・・。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明後日10日に下記のイベントを行います!

すでに100名以上のお申し込みがありますが、

まだお席はご用意できると思いますので、

是非お時間のある方はご参加ください。


また、Uストリームでも中継をいたします。

遠隔地の方でも、行く時間のない方でも、

是非ご覧いただければと思います。


Twitterでのつぶやきもお待ちしております!

----

震災復興・将来に備えて私たちができること

~博物館・図書館・文書館・公民館の支援活動を通して~


第13回図書館総合展 にてsaveMLAKのフォーラムを開催いたします。


http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Event/20111110


  • 会場:パシフィコ横浜 アネックスホール203(第13回図書館総合展 第3会場)( アクセス
  • 日時:2011年11月10日(木)13:00~14:30
  • テーマ:震災復興・将来に備えて私たちができること~博物館・図書館・文書館・公民館の支援活動を通して~
  • 講師
江草由佳(国立教育政策研究所)
細川健裕(北海道開拓の村)
阿児雄之(東京工業大学博物館)
上田幸夫(日本体育大学)
  • 司会:丸山高弘(山中湖情報創造館)
  • 主催:saveMLAK
  • 協力:アカデミック・リソース・ガイド(株)
  • 問い合わせ先 saveMLAKプロジェクト http://savemlak.jp/

プログラム

12:30 受付開始

13:00 - 13:20 基調講演 「saveMLAK のこれまで」(仮)江草由佳(国立教育政策研究所)

13:20 - 14:15 パネルディスカッション

パネリスト:江草由佳(国立教育政策研究所)、細川健裕(北海道開拓の村)、阿児雄之(東京工業大学博物館)、上田幸夫(日本体育大学)
司会:丸山高弘(山中湖情報創造館)

14:15 - 14:30 まとめ

※プログラムは変更することがあります。

参加申し込みフォーム: http://bit.ly/lf13-savemlak

------------------

図書館総合展saveMLAKブース

*saveMLAKブース出展のご案内*
saveMLAKでは、図書館総合展の開催期間中、展示ホールDにてブース出展を行っております。
ブースでは、saveMLAKの活動紹介、公式グッズの販売等を行います。saveMLAKプロジェクトをより詳しく知りたい方、グッズを手にとって購入したい方など、お気軽にお立ち寄りください。
みなさまのお越しをお待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。