今回のテーマは、つら~い「腰痛」

日本人の8割が一度は経験するといわれています。

実は、ここに「国民的大誤解」があることがわかってきたんです。

それはなんと

「腰痛の85%が原因不明」という事実です。

さらに、主犯と考えられていた

椎間板ヘルニアさえ、犯人じゃない!?

取材を続けると、そんなナゾ多き痛みに、今50年に1度という大発見がありました。

それはなんと「脳」「腰痛」の意外な関係。

「犬」を飼ったら直った!という意外な治療法や、飛び出したヘルニアを、自分で治しちゃう驚きの方法も紹介します。

主犯 椎間板が無罪!?

腰痛を起こす主犯と言えば、あの「椎間板ヘルニア」

腰骨の間にある「椎間板」が飛び出して、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こす症状です。

町のみなさんに尋ねても、半分の人たちがこの椎間板に原因があって、ひどければ手術!と信じていました。

ところが、これが国民的大誤解!


例えば、
ヘルニアを切除して、神経の圧迫が無くなったのに、痛みが消えない人。さらに、ヘルニアがあるのに痛みがない人が続々とみつかりました。

つまり、
「ヘルニアがある=痛い」とは限らず、今までの「ヘルニア犯人説」は必ずしも当てはまらないことが、明らかになってきたんです。

さらに、ヘルニアは、白血球の一種「マクロファージ」が食べて、多くの場合消えてしまうことも判明。

「ヘルニア手術」をした場合と、「手術以外の治療」をした場合を比較しても、2~10年で患者の回復満足度に差がないことも明らかになってきました。
つまり、ヘルニアが起きると、痛みを引き起こし、消えないから、手術するべき、という常識がひっくり返ったのです。

ただし、すぐに手術が必要なケースもあり
  • しびれやマヒがひどくなってきている場合
  • 転びやすくなった場合
  • 排尿障害がある場合
は、整形外科受診をお勧めします。

この様にヘルニアに腰痛の原因があるのでは無く、その回りの筋肉の運動不足(廃用性の委縮)から

の腰痛が多いので、正しい運動療法が一番大切に成ります。



AD