1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-25 10:46:41

current.2. 東京

テーマ:ブログ
みなさん、こんにちわ。
いかがお過ごしでしょうか?

またまたご無沙汰しています。

この間、再び大地震があったり

東京でも11月に雪が降ったりと

なんだかこの地球の異変を感じずにはいられなかったのですが。。

そんななかわたしはと言えば

ささやかに穏やかな日常を過ごしています。

その幸せを日々噛み締めながら。

と言うのも

来年春にわたしお母さんになります。

リアルこのせかいにを今まさに体現しています。

入籍して早々にやってきたコウノトリに

周りや家族、そしてわたしたち夫婦自身が驚きつつも

その喜びと少しの不安を胸に様子を見ながら過ごしてきましたが

やっと安定期に入りましたのでお知らせしますね。

ミニアルバムの発売がありながら

ライブをすぐに実現できていなくてごめんなさい。

自分の人生の新たな幕開けの前触れというのを感じている日々で

未だかつてないほど心豊かです。

この実りある日々が

また歌うことや曲作り、それに限らず

新たな可能性に繋がることを自分自身が一番ワクワクしています。

みなさんどうか気長にお待ちくださいね。

そんな訳で話はそれましたが、

タイトルにあります

ミニアルバムcurrent 2曲目に収録の東京のライナーノーツを。


''東京”

この曲はわたしが22歳の頃、ひょんなことから音楽の道に入り、周りから詞曲を書いてみるよう勧められ、

一番最初に納得のいくものとして形になり、そしてシンガーソングライターとして歩んでいくひとつのきっかけになったような

そんな曲です。

この曲の前までは

なんとなくその辺にありがちな

惚れた腫れたの恋愛ソングと言いますか

まあ特に面白くも何ともない読むのが恥ずかしくなるような詞をいくつか書いてまして

ところが、作詞をするにあたっていくつかアドバイスをもらったんですね。

今はもう感覚的にやっているんではっきり覚えてないですが

現在、過去、感情、事実、、、

そういう要素を意識してみること

あとはわたしがいいなと思う詞に感じるリアリティやストーリーテリングの要素

それらを意識して、わたしの中に眠っていた黒ーい、黒ーい、重た〜い感情を

多分初めて吐き出した曲なんです。

曲自体は作詞作曲含め数時間でできた記憶があります。

やはり詞先なので、できた詞とにらめっこして

当時はまだ楽器も持っていなかったので

ただ思いつくメロディを忘れないように繰り返し歌うという方法で作曲しました。

案の定

Aメロとサビのレンジがまあ広い!

歌いにくい曲ナンバーワンになり

未だにわたしを苦しめます。笑。

東京

という場所、名前には、わたしのように地方出身の人間には

希望や華やかさだけでなく、想像を越える闇もあるのだと知り、絶望的な気持ちになったことがかつてありました。

そんな時の想いを夜な夜なだーっと書いたらこんな感じになりました。

今でもこの曲を歌うときは

あの日

あの夜

あの空気

すべて昨日のように思い出せるくらい

この歌は自分的によく書けた詞です。

許可なく勝手に登場させられた母はたまったもんじゃないなと

2番Bメロにある歌詞


信念は貫くものだと母が言った
汚れた世界に勇気 振り絞ることの意味を教えて


これ、ほんとにお母さんがそう言ったのかとよく聞かれますが、

はい、言いました。

わたしは今でも思うんですが

自分という人間がなんとかここまで歩んでこれたのも

この当時自暴自棄になりそうなわたしを母や姉が救ってくれたからなんですね。

彼女たちがいなかったらわたしはおそらく全く違う人生を歩んでいたか

歩みを止めていたか、だったと思います。

信念を貫く

いつしかこのことは、わたしがあらゆる場面で自分に突きつける言葉になりました。

どうするか迷ったら

信念のおもむくまま

これがわたしの正解。

お金持ちになれなくても

その選択の方がいばらの道でも

わたしの信念がそこにあるならそれが正解と

今も心に留めて生きています。

そんな決意表明とも言えるのがこの曲です。

当時デモとしてこの曲をレコーディングする際に素晴らしいアレンジをしてくださったのが

EXILEのLOVERS AGAINなど数々のヒット曲を生み出したJin Nakamuraでして

Jinさんのアレンジがとにかくいつ聞いても素晴らしい。

10年以上経ち、今回レコーディングするにあたり

どうしても当時のアレンジを活かしたいという相談を快く承諾してくださいました。

Jinさん、本当に本当にありがとうございました!

レコーディングはデモを参考にしつつも、素朴さを大切に、

ヴォーカルのレコーディングは収録曲で唯一都内のスタジオで録り

マイクも違うものを使用しました。

2サビ終わりのコーラスアレンジは今回エンジニアとして、また弦のアレンジとしても大変お世話になった米田浩徳さんが

山下達郎風多重録音をイメージして考えてくださり笑

歌うわたしも相当楽しかった箇所で

かなりお気に入りです。

そんな訳でやっとお届けできた

東京。

これを読んでからまた聞いてみると違う聞こえ方をするかもしれませんよ。

いやだ、わたしまだ買ってないわ!

という方。

こちらからどうぞ



長くなりましたが

次回更新までお楽しみにー。

わたしはただいまロマンスカー車内でもうすぐ姉に会いに行きます。

みなさん素敵な週末をお過ごしくださいませ!

kanna


















いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み