ピラティス/スポーツアロマ・コンディショニング☆村井千波のブログ

カラフルボディ研究所の所長、村井千波です。
元気で、楽しく、毎日笑える身体作りをしています。
スポーツ、リハビリ、ボディメイクも。
あなただけのこだわりの身体を目指しませんか?





ピラティスインストラクター
スポーツアロマ・コンディショニングトレーナー
Colorful Bodyの村井千波です。

お問い合わせ・ご予約は、上の画像をクリックしてくださいね☆


テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクター、スポーツアロマ・コンディショニングトレーナーの村井千波です。



今日は、地元の女子ラグビー選手にスポーツアロマ・コンディショニングをさせていただきました。

{888D5D02-23D5-4C31-ADB0-34FC4ADDE153}

写真は悶絶後のお茶タイムのもの。

さすがアスリートだけあって、まったく悶絶しませんでした!

けど、かなり痛かったみたいです。

「痛くないの?」と聞いたら「痛いのは慣れているから。」だって!

やっぱりラグビーって激しいのね…。



そうは言っても女の子ですから。

女子特有の悩みはたくさんあると思うのです。

日々のトレーニングと練習。

そして試合。

お仕事もしています。

オフはあるけど、ただ休むだけ。

疲れが取りきれないまま次のトレーニングと練習…

というように、練習量とケアが合っていないようです。



疲れが取りきれないとどうなるか、っていうと

怪我をしやすくなります。

怪我をすれば、心も元気がなくなります。

そして怪我をした部分は回復しても、100%元には戻らないんだよね。

だからいちばん必要なのは怪我をしない身体づくり!なのです!



女子には生理周期などで、ホルモンバランスの崩れも影響してきます。

そんなときひたすらトレーニングするのではなく、身体のリズムに合わせることも時には必要なのです。

リズムに合わせやすくするためにも、必要な力と要らない力を感じてスイッチを切り替えられるようにすること。

これは実はピラティスが得意なんです。

そしてアロマはホルモンに作用するものもあるので、タイミングと必要に応じてケアしていくと、トレーニングの効果もアップするはず。



{32A7CC50-4E20-4EB5-9D0E-4D29BC2332C0}

スポーツは、見ているわたしたちにも元気とパワーを与えてくれます。

そんなパワーを与えてくれる選手たちが、もっともっと力を発揮できるようにお手伝いができたらいいな♪

がんばれニッポン!!!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクターの村井千波です。



今日の強風、すごかったね〜!(韻を踏んでみました。)

本気の吹上を見せていただきましたヨ!!

そんな日もcolorfulbodyのスタジオは日当たりばっちり、ポカポカで気持ち良〜く動けます♪



ピラティスインストラクターのお仕事は、動くことと、動いてもらうことです。

なのでお客様にとっては能動的なこと。

スポーツアロマ・コンディショニングはアロマトリートメントなので、こちらはどちらかというと受動的。

どちらも必要なことだけど、最終的には自分の意思で動かせる身体を目指しています!



とはいえ…動かせる身体になるためには少し時間がかかることもあります。

というか、実際かかります。

でもいろいろな事情でなるべく早く最適な身体にしたいときがあるのも現実。

そんなときわたしは、信頼できる治療家の先生のもとへお客様を送り込むのです!

{AC0B8CA3-C7E2-4491-84FE-F27DE4CDFB40}

やまだ整骨院のサイモン先生と、毎度おなじみりえちゃん。

来月、初のフルマラソンを走るりえちゃん。

前十字靭帯損傷から2年、ピラティスとスポーツアロマ・コンディショニングで驚異的な回復を見せてくれているけど

フルマラソンを走るにはちょこっと不安があります。

そんなわけで先週「りえちゃん、サイモンのところに行って来なよ!」と言ったら、速攻で予約して行って来たみたいです。

さすが行動が速いね〜。



上の写真は、そのときのサイモンのFacebook投稿のもの。

そこへ書かれていたりえちゃんのコメントを読んで、「そうそう!」と思ったことがあるのでシェアしますね。

{DCD6F4C2-EC07-47B9-980B-CC31C876AFA0}

「動いてない関節があるなんて」

という部分です。



実はこれ、ピラティスで伝えていないわけではないんですよ。

でもなんでりえちゃんが、このときはじめて気づいたのかっていうと

ピラティスでは「〜ない」というようなネガティヴワードを使わないようにするんです。

わたしが見て「ここが動いてないな〜」と思ったとき

「ここを動かしてね」と伝えるんです。

これは上で書いたように、ピラティスインストラクターのお仕事は「動いてもらう」ことだから、です。

だから「動いてない」と思わせないようにしている部分もあるのです。

(場合によっては「〜ない」と使うときもありますが)



じゃあ全てネガティヴワードを使わないほうがいいのかっていうと、そういうわけではないんです。

サイモンのお仕事は治療家。

そう、治療をするのがお仕事なのです。

だから動かないことを教えてくれることも大切なんですよね。

そして患者さんも、インストラクターに「動いてない」と言われるより

治療家の先生に言われると「なるほど〜」と納得できるんじゃないかな、って思うの。



動いてないことを知って治療してもらうことと

動かないところを自分の意思で動くようにしていくことを

並行してやっていくと最強なんじゃないかと!

自分の状態をいろんな方向から見てもらうことが最速で良くなる近道です。



身体を扱うということでは同業に近いのかもしれません。

でも、その身体を見る方向がちょっとだけ違うんですよネ。

わたしにとって、こんなふうに信頼できる先生が友だちでいてくれることが本当に心強い!

そしてさらに、そのお客様にとっての最高のピラティスを提供できるようになるのです。



サイモンよろしくね。

そしてりえちゃん、あと3週間弱がんばろ〜!!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カラフルボディ研究所の所長、ピラティスインストラクターの村井千波です。



金〜日と福岡に行っていました。

{5C16B236-CF47-43C0-B8B0-BF9CA51A101F}

ピラティズジャパン初の、エデュケーターコースに参加しています。

わたしはピラティスインストラクターですが、そのインストラクターを養成するのがエデュケーターです。

この資格を取ると、colorfulbodyでピラティズジャパンのインストラクター養成コースが開催できるのです。



2007年からインストラクターの勉強をはじめました。

そして2017年の今年、エデュケーターになるための勉強がはじまりました。

あれからちょうど10年。

第1章をピラティスをはじめたときとすると、インストラクターになって第2章がスタートしました。

ピラティスをはじめて丸12年で、ついに第3章に突入することになりそうです!



{EDE7A3F3-1A5C-495B-8F90-3A0BD255C2CC}

真ん中が師匠のピラティズジャパン代表のカオリさん。

左は一緒にコースを受講しているミチコさん。

勉強なのでモチロン難しいこともたくさんあるけど、笑いっぱなしの三日間でした♪

いつも思うんだけど勉強も運動も、笑いながらのほうが身になる気がするんだよね〜。

記憶に残りやすい!



{CDA44359-62C2-4F1B-A191-2A146B5DC05D}

いい表情の後は、おきまりの変な顔(笑)

もう本当にカオリさんオモシロすぎだから!!!



はじめはただ、自分の身体のためにピラティスをやっていました。

それが次に、自分以外の誰かのためにもピラティスができるようになってきました。

そして今度は、自分以外の誰かのためにピラティスをしたい人のためのピラティスへと

動き続ける身体のためには、わたしたちの学びが止まることもないんですよね。

学びとトレーニングをやめたとき、それはインストラクターをやめるときだと思うのです。



そうはいってもまだまだ足りないことだらけ。

でも、足りないからこそ補う楽しみがあるんです。

足りないっていうとネガティヴなようだけど、新しいことを入れる容量があるということでもあるから。

{CECE24D5-87E6-466C-83F2-68323D0B5356}

こんな感じにギュギュッと。

カラフルなもので身体も心も埋めつくしたい!



来月と再来月も福岡へ行ってきます。

その後、4月の終わりにははじめて海外でもピラティスを学んでくる予定。

今よりもっともっと、カラフルに溢れた毎日へと進化していきますよ♪

ピラティス人生の第3章…はじまりはじまり〜!


いいね!した人  |  リブログ(0)