日記の転載、連絡先について

テーマ:
たくさんのコメント、メッセージありがとうございます。

記事は全て、転載OKです。

以前、ふーの記事を載せてくださった方々、その後の状況として載せてくださると幸いです。

その際、私のページへのリンクと、事後報告でかまいませんのでコメントかメッセージお願いいたします。

事件発生現場となった職場は、現在退職しています。

ふーのことに関しての情報、お問い合わせは

ippuda@tbz.t-com.ne.jp

trimmingslonいっぷだ

までお願いいたします。

現在、私が経営するお店です。

よろしくお願いいたします。
AD

1年

テーマ:
1月24日。

早いもので、ふーがいなくなって丸1年です。

1年たった今も、忘れずにいてくださる方がたくさんいること、感謝しております。

残念ながら、ふーは見つからぬまま、手がかりになる情報もなく、生死すらわかりません。

いつからか、ふーのことを自らは話さなくなりました。

決して諦めたわけではない。

だけど、ただ、悲しくなるから。


事件当初、周りからはふーじゃなくて私の命を心配されたっけ。

生きてれば、また会えるよ。って自分に言い聞かせて、なんとかやってきました。


1年たった今、ふーは私のことなんて忘れちゃったんじゃないかなって思います。

それは何故か。

ふーが我が家で暮らしていた期間は、1年未満だから。

あんなに、当たり前になってたふーとの生活。

だけど、改めて数えてみたら、累計8~9ヶ月しかなかった。

もし、連れ去った方がそのまま飼っていてくださるなら、私よりふーと長く暮らしていることになる。

ふーちゃん。

きちんとごはん食べれてますか?

お手入れやお散歩はしてもらってる?

トリミングや病院へはちゃんと連れてってもらってる?

2歳のお誕生日もお祝いできなかったね。

…今、幸せ?


再会した時、ふーにとって幸せな環境でなければ、どんな手を使っても、取り戻すつもりです。

でも、ふーは物じゃないから。

ちゃんと感情ある、動物だから。

今の環境が、ふーにとって幸せなら。

無理に帰ってきてとは言わないよ。

だって、また家族と離ればなれになる悲しみを、ふーは味わうことになってしまうから。


ふーが幸せなら、離ればなれでも姉ちゃんは幸せだよ!

今、ふーと暮らしている方。

あなたが連れ去った人なのか、それとも譲り受けたのかは分かりません。

ふーは、たった9ヶ月しか一緒にいなくても、私たちの家族でした。

今も、忘れる日はありません。

ふーのリードや、洋服、お気に入りのクッション。

成長の証に保存した、初めてカットした毛や乳歯。

大事にとってあります。

幻のようになってしまったふーとの生活を、忘れないように。

どうか、どうか。

ふーのことよろしくお願いします。

誰よりも、幸せな生活させてあげてください。


そして、いつか。

1度だけ。

再会させてください。

幸せそうなあの笑顔のふーに、また会えると信じています。


AD
先程、親戚を送っていく途中で迷い犬に遭遇しました。

踏切にひっかかり、停止すると後方からふらふらと表れ、線路の中へ。

ギリギリの所で電車のクラクションにおどろき線路を渡り、そのまま道路ぞいをふらふら。

路肩に止め、幾度となく呼んでみましたが、相当おびえていて逃げてしまいます。

道路を横切るようにいったりきたり、何度もひかれそうになるわんこをハザードをつけたまま徐行して後をつけました。

途中、警察に電話をして、場所の説明に手間取っていると…

『犬はとりあえずいいから、場所をはっきりさせて。そっちに向かいます。』


その間にわんこは路地の住宅街の中へ。

見失ってしまいました。


とりあえず、警察の方を待ち状況説明をしましたが、
僕たちが保護しても保健所にいくし、どうせ殺されちゃうよ。犬は帰巣本能があるからね。捕まえるのとどっちがいいか微妙だよね~…

もう言い返す気にもならず、御協力いただけないことはよくわかっています。捕まえることさえできれば、我が家で保護しますので必ず連絡してください。と伝えて、その場を去りました。

ふーのことで、警察が頼りにならないのはわかりきっていたのに、なんで連絡いれたんだろう。

あそこで電話しなきゃ、見失わなかったかもしれないのに。


とりあえず、わかる範囲の情報を掲載しますので、少しでも情報をお持ちの方がいましたらご連絡おねがいします。


場所・相模原市内 磯部付近、相模原から座間方面へぬける『座間道路』と呼ばれる相模線沿いの一本道です。(フレサとセブンが向かい合わせになってる場所の少し手前でフレサ側へ入っていきました。)

時間・8月18日深夜(19日午前0時頃)

犬・柴系の雑種で白または薄茶色に見えました。

チェーンまたは黒っぽい首輪をしているように見えました。

首輪回りの毛が黒ずんでいたので、外飼いの子ではないかと思います。

大きさ・中型でやせ形10キロ前後に見えました。


親戚を送ったあと、同じ道を通り、見失った付近の住宅街をハイビームにしたまま何度も回りましたが見つけられませんでした。


こちらは夕方、ものすごい雷雨でした。

もしその時に逃げ出したのだとしたら、すでに6時間以上。

あの様子だと絶えず移動をしているように思います。

雷はなくなりましたが、今だ強い雨がふっています。
どこかで雨宿りできてますように。

朝になり日が昇る前に保護されますように。

逃げ込んだ住宅街からでませんように。

AD