先日、言語交換をやっていた話を書きましたが、私の中国語、ほんとまだまだです。細かいニュアンスなんてわかってない事が多いです。特に今回台湾の人とだったので、ある台湾人には「こう言えばもっと台語っぽくなるよ」などと言われ、でもそんな違いも理解できてないし、大陸の言葉でも完璧じゃないのに台湾の言葉覚えてもいいの?なんて事も考えてしまいました。そしてまだ行ったことのない台湾にいつか行きたいという気持ちがどんどん募ってきました。来年、行くつもりでいるんですけどね~。

そして教えてるつもりで実はこちらが学ばせてもらってる事が多いです。例えば語学学校である文型を教わり、それを使って文章を作りなさいと課題を出されるように思うのですが、言語交換の相手の人に作った文の間違いを直して欲しいと言われてチェックしてみると、文法的には間違ってなくてもニュアンス的にちょっと、という文やこのシーンでは言えないかも、なんてのがあって、言葉はやはりシーンの中で覚えるのがよいと思ったのが1番の収穫でした。ドラマや映画はその言葉が使われている状況を一緒に見ることができるのでそういう意味ではよい教材だと思います。


さて、今日から《亲爱的翻译官》を見始めました。フランス語、全然わかりませんが今のところ面白く見てます。このドラマ、
“该剧于2016年5月24日在湖南卫视金鹰独播剧场首播” ということなので湖南衛視台でやってるのでしょうね。 それから《欢乐颂》ってドラマも面白そう、ぼちぼち見ていきたいです。



ところで、街中で英語のネイティブ同士がおしゃべりしてるのが聞き取れるか耳をすませてみたことがあるんですけど、見事にわかりませんでした。ニュースや公の場で話される英語は知らない単語はもちろん聞き取れませんが、知っている単語なら聞き取れます。でもネイティブ同士の会話ってそんな難しい話じゃない感じがするのに聞き取れません。それに特化した教材の存在をネット徘徊中に知りました。

モゴモゴバスター

イギリス英語の発音の癖は先生から教わったことがあって、それ以後はちょっと聞きとりやすくなった経験があります。でも私、cat,cut,caughtのような発音の厳密な区別をきちんと習得してないです。喉の奥で発音する「ア」とか「アとエの中間」みたいな「ア」とか、本当はそこからきちんとやらなくちゃいけないんですよねね。それが分かっている人がこのモゴモゴバスターをやればあのネイティブのモゴモゴが少しはわかるようになるんでしょうか?


なかなか英語の勉強に行けてないけど、とりあえず中国語続けます。
中国語もこのシリーズを終えたいのに実現してないし。

街なかの中国語〈Part3〉話し手の意図・主張の聞き取りにチャレンジ/東方書店
¥3,240
Amazon.co.jp



AD