Flower's Eden

花と庭の備忘録・・・

 

テーマ:

少しはきれいに見せたい。

そう思って、玄関先の門扉付近には花を飾ってある。

広々とした花壇があるわけでなく、タイル敷きになっているため、飾り方は寄せ植えが中心だ。

数種類の植物を1つの鉢に植えたものをいくつか置く。あるいは、ハンギングバスケットとして門扉に掛ける。時には、1~2種類の植物だけ植えた鉢を複数組み合わせて飾りつける。いわゆる寄せ鉢という手法である。

飾りつけると気分がいい。これで、通りがかった人たちにほめられでもしたら、一層派手に飾りだすかもしれない。それほど快感なのである。

反面、問題点もある。

いや、問題というほどのことでもないのだが、つい先日もこんな場面があった。

家族で出かけて戻って来た時のこと。

車を降りた子供たちが玄関に向かう途中、飾ってある花に来ていたミツバチが「ブンブン」音をたてながら寄ってきた。

「ぎゃー!」と言って、一目散に玄関内へ逃げ込む子供たち。

まあ、ミツバチは何もしないだろうし、たいしたことはないと思うのだが・・・。

そもそも、植物が花を咲かすのは、虫や鳥を呼ぶことが目的なのだ。

やってきた虫や鳥に様々な方法で花粉を運んでもらう。だから、きれいにしたいと言って花を飾り付けることは、植物からみれば迷惑なのかもしれない。

植物にとって、興味はあくまで虫や鳥なのだ。

さて、この寄せ植えについて、先ごろ読んだ本に「はっ」とすることが書かれていた。

『植物のあっぱれな生き方』という本である。著者は甲南大学理工学部教授の田中修さん。

驚いた内容(抜粋)はこうだ。

「寄せ植えにされた植物の仲が良さそうに見えるのは誤解である。」

「もし、作り手が仲良く見せようとしているのならば、それは偽装である。」

「植物同士は互いに虫たちを誘い込むために、競いあっているライバルなのである。」

冷静に考えてみればそのとおりだと納得できるが、いきなり「誤解」とか「偽装」といった思いもよらない言葉が並んでいるとひるんでしまう。

一方、こんなふうにも書かれていた。

「寄せ植えは、人間で言う婚活会場のようなものであり、たくさんの花があったほうが虫を集めるにはアピール度が高いかもしれない。虫が集まった後は、植物同士で競いあうことになる」と。

とにかく面白いことがたくさん書かれた本なのでおススメである。

ところで、植物同士が生きていくために競いあっているとしたら、花はよりきれいになっていかないのだろうか。より鮮やかに、目立つようにと。

もちろん、長いスパンで考えた場合になるだろうけれど。

そのためには、1年間寄せ植えを維持させるという試練があるかもしれないが、試してみるのも悪くないかも・・・。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 私たちが寄せ植えを作る場合、どの色をメインにするかによって、できあがった印象が大きく変わってくることと思います。

 しかし、どんな色を使う場合であっても、ほぼ含まれているのは緑色。

 なぜなら、植物のほとんどは緑色の葉が付いているからです。

 一方で、緑色には、昔から癒しの効果があると言われ、親しまれてきました。

 したがって、寄せ植え作る場合にも、積極的に緑色のことを頭に入れ、何色を使っていくか考えることが必要なのかもしれません。


 さて、それでは、なぜ植物の葉は緑色に見えるのでしょうか。

 今回は、このことについて記載します。


 まず、色を見るために必要な要素は3つあります。

 1つめの要素は、「光」。

 もし光がまったくなければどうなるでしょうか。

 きっと、「暗くて何も見えない~。」ってことになりますよね。

 光源は、太陽、蛍光灯、白熱灯、炎などがあります。

 

 2つめの要素は、「眼」。

 人間以外にも、犬や猫(動物)、蜂や蝶(昆虫)など、色を見るためには何かしらの眼(器官)が必要です。

 

 3つめの要素は、「物体」。

 これは、見ようとする被写体のことで、様々な物があてはまりますね。

 

 では、次に、色が見えるしくみです。

 まず、物体に光があたります。これは、直射でも間接でもかまいません。

 物体にあたった光は、一部が反射し、一部が吸収され、一部が透過していきます。

 眼で物体を見たとき、吸収された光の色は消えてしまい、反射された光の色だけが眼に届きます。

 また、物体を反対側から見ると、透過した光の色が眼に届きます。


 もっと具体的に説明しましょう。

 晴れた日に、私たちが外で植物の葉を見た場合です。

 

 まず、植物の葉(物体)に太陽(光)があたっています。

 太陽光には、赤、橙、黄、緑、青、藍、青紫という、波長のちがう7つの色が含まれていると言われています。これは、虹を思い浮かべるとわかり易いかもしれませんね。

 7色のうち、赤と橙を「赤色光」、青と藍、青紫を「青色光」、黄と緑を「緑色光」、として、ひとまとめにします。これが、いわゆる光の3原色(RGB)といわれるものです。

 

 植物の葉には、クロロフィルという成分が含まれていますが、光合成を行うために「赤色光」と「青色光」が必要になり、2つの色を積極的に吸収するそうです。

 私たちが葉を見た時、クロロフィルの含まれた葉の中に「赤色光」と「青色光」は吸収されてしまい、眼には届きません。

 一方、「緑色光」の一部は、葉にあたって反射された結果、私たちの眼に届きます。

 また、同じ「緑色光」の一部は葉を透過してゆき、その結果、葉の裏側から見た場合に、緑色が眼に届く(見える)ことになります。

 こういった理由で、私たちの眼には植物の葉が緑色に見えるのです。

 ご理解いただけたでしょうか。

 

 それにしても、私たちが癒されると親しんできた緑色は、葉の成分にとって最も必要のない色だったとは、なんだか少し複雑な気持ちになりますね。

 いや、生命にとって最も大切な光合成を行いつつ、不要な色を使って私たちを癒してくれるとしたら、やっぱり植物って、効率的なとてつもなくすごいヤツと言うべきなのでしょうか。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、あるコンテナガーデンコンテストに出展しました。
40cmの口径及び高さの鉢に植えつけることも、作成後1ヶ月近くの間、気を使いながら大切に管理することも初めての経験でした。
また、高さが127cmくらいになってしまい、自家用車に載せられる高さを3cm程オーバーしたため、先端を少し曲げて持ち運びするなど、考えさせられることの多い、貴重な経験となりました。

さて、この「コンテナガーデンコンテスト」ですが、決められたスペースサイズ内であれば背景等設置が可能であるものの、基本的には、「寄せ植え」のコンテストということになります。
英語では「コンテナガーデニング」。日本語では「寄せ植え」だと思います。
前置きが長くなりましたが、今回は、この「寄せ植え」について、自分なりの定義を書いてみようと思います。

私が考える「寄せ植え」とは・・・。
「1つの容器に複数の植物を植えつけるもの」
です。

「当たり前のことじゃないか」、と思われるかもしれませんが、もし私が寄せ植えの指導をするとしたら、必ず最初に話をすると思います。

では、なぜこの定義をそれ程重要と考えているのか説明していきます。

まず「1つの容器」。
これは、植物を入れる器のことですね。
寄せ植えに使用できる容器は、様々なものがあります。
通常植木鉢と呼ばれる土を焼いて作った素焼き鉢や駄温鉢。あるいは海外製のテラコッタなど。また、プラスチック製、陶器製、木製、石製のものからFRPを素材としてテラコッタにそっくりな鉢まであります。
土が保有でき、排水が可能なら、どんなものでも容器として利用できることでしょう。
これらの中から選択した「1つの容器」は、同じ土を入れ、どこかに置かれることになります。
したがって、植えられる植物にすれば、排水や保水の状況、養分の量や保たれ方など、同じ条件になってきます。また、日光や風の当たり具合なども、ほぼ同じとなります。
つまり、「1つの容器」というのは、「同じ環境」と言い換えることができると思います。

次に、「複数の植物」
植物にも様々な種類のものがありますよね。
咲いた花が美しいものや、葉の色が美しいもの。
背が高くて上に伸びるものやつる性のものなど。
また、原産地の違いなどもあり、日当たりを好むものやそうでないもの。
同じく、水分を好むものやそうでないものなど。
数多くある植物にとって、その特性は様々だと思います。
つまり、「複数の植物」というのは、「異なる性質の植物」と言い換えることができると思います。

以上のことをまとめると、下記のとおりとなります。
寄せ植えとは、「同じ環境に異なる性質の植物を植えつけるもの」

もう少し具体的に言うと、
寄せ植えとは、「同じ環境で異なる植物を植えつけるもの」であるのだから、「性質の似ている植物を使うことが重要である!」

寄せ植えには、作る楽しみだけでなく、飾る、(観察しながら)育てるといった楽しみ方もあります。
このことについては、後日、記載したいと思いますが、出来上がった時だけの美しさを求めるのでなければ、この定義は覚えておいて損はないと思います。

みなさんも、自分なりの定義を作って、少し違った寄せ植えを楽しんではいかがでしょうか!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
久々のブログですが・・・ ^^;

日比谷公園ガーデニングショウ2014を見てきました!

先週の土・日と昨日は、仕事で休日出勤となったため行くことができませんでした。
なので、最終日となる本日、やっと見に行くこととなりました。

気合を入れすぎて朝8時に現地到着したものの、コンテナとハンギング会場は、まだclose状態。
1時間30分以上待つことに・・・。

以下、撮影してきた写真を何枚か掲載します。

なお、写真がうまく撮れたものだけ掲載することとしたもので、これ以外にも素晴らしい作品がたくさんありました。
また、掲載順序にもまったく意味はないのであしからず・・・。

まず、コンテナガーデン部門













次に、ハンギングバスケット部門








↓都知事賞の作品はひときわ目立ってました。








コンテストを見るのは、やっぱり楽しいですね~。

刺激を受けると同時に、ほっとするひと時でした!








いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。