liverpoolfc.comより。

 

ダニー・イングスは、FCポルト戦の後半に途中出場した時、子供の頃の夢を叶えました。

 

リヴァプールがポルトガルのチームを壊滅させるような戦いの中で、このストライカーはチャンピオンズ・リーグ・デビューを果たしました。

 

イングスは2月初めにヨーロッパを戦うレッズのスカッドに加わり、決勝トーナメント1回戦の1stレグで最初の出場機会を得ました。

 

そうして、25歳のイングスは、彼のバケツリストの1番目にある項目にチェックを付けました。

 

「そこは子供の頃に観ていて、そのコンペティションでプレイすることを夢見た舞台の1つだったんだ。」

 

「だから、あのデビューは僕にとって大きな瞬間だったね。とても、とてもハッピーだったよ。だけど、何より重要だったのは5-0での勝利さ-アウェイのポルトでだ。デカイ結果だね。」

 

「こんな競争の激しいグループの一員になるってことは、僕が長年にわたってやって来たレベルからしたら、大きなことさ。」

 

「あれは大きな瞬間だったけど、僕が築きたいと思っていたものでもあったんだ。仲間たちと共にこの周りにいたいと思っているし、できるだけ多くの試合に勝ちたいし、このコンペティションでどこまで行けるのか見てみたいんだ。」

 

ヨーロッパ最大の舞台でのプレイは、2015年にリヴァプールに加入して以来、2度にわたる膝の大怪我から復帰してきたイングスにとって大きな復活の証でした。

 

28番は、今シーズンはU23チームでは、長時間のプレイもこなしており、ゴールも決めていますが、ファースト・チームでのチャンスは貴重なものでした。

 

このエネルギッシュな英国人にとって、フラストレーションを感じることはごく自然なことでした。しかし、待つことはやがて巡ってくる報酬をより甘いものとするだけでした。

 

「僕はフィットしていたけど、これだけクオリティのある連中のグループだからね。僕は忍耐強くなければならなかったんだ。監督も僕がシーズンの早い段階で準備ができているなんて思っていなかったんだ。」

 

「でも、今はもうその一員になっているし、ピッチで時間をもらえて、チャンピオンズ・リーグみたいなコンペティションでプレイしているんだ。これはデカイね。だから、ハッピーだよ。」

 

「数ヵ月前には、自分には多分起きることのないことかもしれないなって思っていたことさ。だから、チャンピオンズ・リーグのスカッドに入って、出場機会を得て、サディオのハットトリックとなる5ゴール目の手助けができたなんて、とてもナイスだね。」

 

長く怪我に苦しんできたイングスにとっては特別な日になったかもしれませんね。
とは言え、プレイしたのはおよそ10分程度。夢が叶ったと喜ぶのはほどほどにしておいて、今後も貪欲に出場機会を得る為にアピールしていってもらいたいですね。

 

なお、記事にあるバケツリストとは何ぞや?という方は“bucket list”でググってみてください。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら

AD

 

liverpoolfc.comより。

 

サディオ・マネは、水曜日に5-0で勝利したFCポルト戦において見せた彼のパフォーマンスが自身のベストが戻っている証となることを期待しています-そして、自身の3ゴールが大きな自信になると考えています。

 

このセネガル代表フォワードは、エスタディオ・ド・ドラゴンで行われたチャンピオンズ・リーグの1stレグでハットトリックを決め、リヴァプールを勝利に導きました。

 

マネは、最近の自分自身のパフォーマンスに満足していないことを認めつつも、自分の運勢はこの3ゴールで次第に良くなっていくと楽観的です。

 

マルベーリャで行っているレッズのトレーニング・キャンプで、再び自身のピークが近づいていると感じているか聞かれたマネは次のように答えました。

 

「そう思うね!ゴールを決めるというのはいつだって重要なんだ-特にストライカーにとってはね。」

 

「ゴールは自信を与えてくれるし、僕は自信を感じている。今は自分のベストを出し続けていくのを楽しみにしているよ。自分のベストを出せていない時だって、ずっとやり続けてきたんだからね。」

 

マネはポルト戦でのパフォーマンスによって、オンライン投票の結果、UEFAチャンピオンズ・リーグの週間最優秀選手に選ばれました。

 

「そういう賞をもらえたことはとても嬉しいけど、一番大事なことは勝ち点3を獲れたってことさ。」

 

「3ゴールを決められたことには満足しているけど、もっと多くのゴールを決めて、次のラウンドへ進んでいきたいね。」

 

「ハットトリックを決めたことはとても名誉なことだけど、チームメイトがいなければ何も得られなかったさ。あの夜のチーム全体のパフォーマンスは素晴らしいものだった。僕たちは良い形で試合に入れたし、最後までたくさんのチャンスを作って、5ゴールを決めたんだ。」

 

今シーズンでマネが決めたゴールは12-2016-17シーズンを通して彼が決めたゴール数よりわずかに1つ少ないだけです。

 

「そのことは僕の頭の中にはないけど、昨シーズンよりも多くのゴールを決められたら、僕にとっては素晴らしいことだろうね。今シーズンの方がコンペティションが多いけれども、一番大切なのはゴールを決めて、チームを助けることなんだ。」

 

昨シーズンとのゴールの比較がご紹介した記事の中で出ていましたが、昨シーズンは29試合で13ゴール、今シーズンはここまで28試合で12ゴール。

昨シーズンは、アフリカ・カップ・オブ・ネイションズがあって、シーズン終盤は怪我で欠場していました。今シーズンも怪我やサスペンションでチームを離れてはいましたが、チャンピオンズ・リーグがある分試合数も多い訳で、こういう数字になっているのでしょう。
今シーズンはあまり調子が上がらないな~という印象はありますが、実は数字上はあまり違いがないんですね。

 

今シーズンはまだ沢山の試合が残っていますから、不測の事態でもない限りは、昨シーズン以上の数字を残すことになると思います。
ハットトリックで自信を深めたマネの今後に期待ですね。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら

AD

 

liverpoolfc.comより。

 

モハメド・サラーは、水曜日のFCポルト戦でリヴァプールでの30ゴール目を記録して“素晴らしい気分”だと語りました-しかし、彼はまだ満足はしていません。

 

サラーは、わずか36試合出場で30ゴールを達成しました。しかし、このような印象的なスタッツにもかかわらず、この11番はまだ改善の余地があると考えています。

 

マルベーリャで行っているレッズのトレーニング・キャンプで彼は次のように語りました。

 

「リヴァプールのようなクラブでの最初のシーズンで30ゴールを決められるだなんて素晴らしい気分だね。」

 

「これはとてつもないことさ。だから、そのことにはとても満足しているよ-だけど、これを続けていかなければならないし、これからもっと多くのゴールを決めていくことを楽しみにしているよ。」

 

「心の中では、いつも改善しようと思っているし、毎日それをやっている。日々自分自身を見つめて、いつも自分自身を改善しようとしているんだ。」

 

「現時点では満足しているし、気分も良い。これが一番大事なことだね-でも、100%、まだまだ決めていくつもりさ。」

 

サラーは、ピッチの内外どちらにおいても、リヴァプールの周囲の人々の強力が無ければ、30ゴールという数字を達成することはできなかったと語ります。

 

「前にも言ったことだけど、選手やコーチの皆の存在がより楽にさせてくれるんだ。僕はとても良い選手たちと一緒にプレイしている。それぞれが異なるクオリティの持ち主で、それが僕にとってより楽にさせてくれるんだ。」

 

「彼らと一緒にプレイすることができてとてもハッピーさ。彼ら皆が、僕がゴールを決めるにあたって沢山手助けをしてくれた。このグループと一緒にいることができてとてもハッピーだよ。」

 

また、サラーは、ポルトの地で彼への敬意を表す巨大なバナーを掲げてくれたサポーターにも感謝しました。

 

火曜日の夕方、彼がトレーニングを終えて、ポルトでチームが滞在していたホテルに戻った際、サポーターは巨大なフラッグを掲げました-それには“The Egyptian King(エジプトの王)”と記されていました。

 

「それを見てとても嬉しかったよ。試合の前夜に見たんだ。とても嬉しかったね。」

 

「ファンに感謝したいね。特別なものだったし、良かったよ。あれを見て良い気分になれたし、ファンが僕のことを愛してくれているんだって感じることができた。だからハッピーな気分になれたんだ。」

 

1シーズンで公式戦30ゴールというのは2013-14シーズンのスアレス以来のことで、36試合で30ゴール達成というのはリヴァプールにおけるここ100年で最も早い記録だそうです。
サラーの尋常ならざる活躍を裏付ける数字ですね。
私はサラーを獲得した際にこれほどの大活躍を見せるとは思っていませんでしたし、多分多くの方も同様だと思います。
今後この数字をどこまで伸ばせるのか楽しみですね。

 

さて、ポルト戦を終えたリヴァプールご一行はそのままスペインはマルベーリャへ移動して4日間のミニキャンプを行っています。
その様子はこちらこちらこちらこちらで伺い知ることができますが、暖かな地で良い感じでリフレッシュできているようですね。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら

AD