ミシン 鹿 見えない。。。

益田ミシン商会は奈良公園から徒歩5分の
ミシン店で鹿が遊びに来てくれます。


テーマ:

ベビーロック 糸取物語 ウェーブ機構の操作

普通のロックから何を操作するかを説明します。

① 針は右のみ使用 糸は3本で使用

② ③ 糸は通常左端の糸は不要だが右から2番目の糸を空間にして
    ②③の糸を一つ左に移動する

④ オーバーロックの位置からウエーブ(WAVE)にレバーを上げる

⑤ 普通のウエーブの場合B
  巻きロックの場合 C

⑥ 普通ロック 巻きロックをダイヤルで選択


お問い合わせは <a href="http://www.msd-m.com/" target="_blank">益田ミシン商会</a> まで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ポルトガルの人々は親切でした。観光客にも心からの情を尽くしてくれ情が厚いこと。「人間みな兄弟」世界観が背景にあります。一回でも袖振り合えば最後のさいごまで面倒を見る、そういう人情にの深さです。
司馬遼太郎著書「街道をゆく南蛮のみち」では大航海時代。「植民地にポルトガルはそこに人を残し現地人と『愛』を土台に混交し植民地とした」とありました。ポルトガルは南蛮渡来の貿易品だけでなく実に様々なものを日本に伝えました。
16世紀末、豊臣秀吉はきらびやかな刺繍を施した深紅のビロードのマントやカッパなどの南蛮ファッションを好んで着用し京都ではポルトガル人が着ていた袴(カルサン)や下着(じゅばん)などが庶民の間で大流行し当時の日本人が初めて見聞きする品物にはポルトガル語がそのまま使われ徐々に日本人の暮らしになじんでいきました。
今でも日常的に使われるボタン(botão)パン(pão)タバコ(tabaco)てんぷら(tempero)こんぺいとう(confeito)などはポルトガル語が転じて日本語になったものです。
また行きたい国とは多々ございませんが?ポルトガルまだまだ見たい国です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドン・ルイス1世橋で持っているのは、Vinho de Porto ドウロ川上流で栽培された葡萄からつくり、Porto ポルトで熟成されます。
その途中でブランデーを加え(酒精強化)、熟成を止めるため、葡萄の甘みの
残ったポルトガルの誇るポートワインです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。