ダシヨブログ

お笑い芸人


テーマ:
「チャラララララ~ン♪チャラララララ~ンララ~ン♪チャラララララ~、、」

マジックでお馴染みのあの曲が、ウィーン少年合唱団の生歌で響き渡る。
その間マジシャンは、黒のマジックペンを延々客達に見せつけている。
これがホントのマジックショー、なんて手ぬるい幕切れにならないことを切に願う。
そんなことよりも、ショーの始まりで「お客さんのハンカチお借りしてよろしいですか?」の感じで、尻子玉をもがれていた客は大丈夫だろうか?
不謹慎にも尻子玉を使ったジャグリングは見事であったが。
それから。
様々な所から飛び出して我々を驚かせてくれる鳩達に、もれなく虐待の跡があるのも気掛かりだ。
そもそも気掛かりで言えば、このマジックショーの会場が風俗店の待合室だということ。
イベントタイトルは「引田天功v.s.プレデター」。
もちろん引田天功もプレデターもいやしない。

刑事の俺が、なぜこんなB級感溢れる地下イベントに参加しているかというと。
怪盗おっちょこちょいから犯行予告が届いたのだ。
予告状の裏面にはしっかり自宅住所が書いてあったので、逮捕は確実なのだが一応足を運んでみたという次第である。
「今宵、引田天功v.s.プレデターにてなんか盗すみます」と、盗むの送り仮名を間違えているあたりから彼のおっちょこちょいは始まっている。
今まで彼は、犯行後ちゃんと家に帰れるように丁寧にもお菓子を置いておいてくれたり。
盗みに成功しても、帰りの電車でキセルしてそのまま御用になったり。
毎度立ち去る際に使う睡眠薬で自らが眠ったり。
流石はおっちょこちょい学園を首席で卒業しただけはある。(イスラエル校)

「あのすいません、ちょっと迷っちゃったんですけど、引田天功v.s.プレデターの会場ってここですか?」

一人の青年が俺に話し掛けてきたのだが、彼こそが怪盗おっちょこちょい本人だ。
その証拠に彼のトレードマークである、うっかりまだ切っていない母と繋がったヘソの緒がシャツの下から延びている。
俺に話し掛けてしまうというある意味での引きの強さには呆れてしまう。
逮捕確定に安堵しながら、なんとなく彼のへその緒をたどって見ると、年の割には艶っぽい彼の母親が立っていた。
マジックショーの妖しげな照明が、エキゾチックな彼女の魅力を一層引き立たせている。
訳のわからないショーではあるが、嫌な顔せず、目を輝かせ好奇心旺盛に舞台を見上げる姿にも好感が持てた。
正直言ってタイプだな、俺は久しぶりに恋をした。(敬礼)


ダシヨ


P.S.
あ!

すいません!

完全に言い忘れました!

毎度のことですがホントすいません!

気を取り直しまして♪

こんばんはなんて言っておりますダシヨですこんばんは♪

最近こんなものを書き上げましたのでZEHIとも読んで下さいませ♪


「屁」だけで綴った恋愛小説

前のブログをまとめただけですけど、
読書が嫌いな男子高校生と、正体不明の「綺麗な字のあの子」が織り成す青春ラブストーリーです♪

おならが苦手だよって人は、18ページから日本語文になってますのでそちらからお楽しみ下さい♪

ありがとうございました♪

あとスーパー面白いやつを添えて♪→「笑いろは」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。