民主党の輿石東参院議員会長は6日、山梨県都留市で記者団に対し、16日までの今国会会期の延長の可能性について「党役員人事、組閣が終わった時点で、新しいメンバーの中で最終的には菅直人新首相が判断する」と述べ、菅氏の判断を尊重する考えを示した。
 与党内には、郵政改革法案を成立させるため、2週間程度の会期延長を求める意見が出ているが、参院選の日程に影響することから、参院民主党内には延長反対論もある。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足
郵政法案「徹底審議を」=自民・谷垣氏

貨物検査特別措置法が成立…公海上で検査可能に(読売新聞)
雲仙・普賢岳 大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
民主衝撃、比例投票先は自民下回る14%(読売新聞)
AD