横浜市の予算執行で、発注した物品の差し替えや翌年度納入など不適正な経理処理が行われていたことが26日、市の内部調査で分かった。

 業者に公金をプールする「預け」もあったが、職員による私的流用は確認されていないという。総額は昨年末発覚した神奈川県の約14億5000万円を下回る見通し。市は2月中の結果公表を目指して内部調査を進めている。

 07~08年度を中心に調べた結果によると、市の取引業者約20社が差し替えや翌年度納入について08年度に「あった」と回答、市職員の聞き取りで裏付けられた。不適正経理の大半は翌年度納入や前年度納入という。預けが「過去にあった」との回答もあったが、経理書類との突き合わせで、発注ミスに伴う事務手続きが滞るなどして結果的に「預け」になったケースで、ほぼ解消されている。

 相手業者には、県の不適正経理に関与した業者も含まれ、市は不適正取引が多い3社を集中的に調べている。

 横浜市では昨年3月、市大付属市民総合医療センター(同市南区)の元院長が架空発注などで約4650万円をプールするなどの預け金問題が発覚。市は昨年10月から、請求書など経理書類が残る07~08年度分を中心に、職員に聞き取りをしたり業者に取引状況の申告を求めたりして内部調査を進めている。【山衛守剛、木村健二】

【関連ニュース】
<神奈川県では>不適正経理14億円 5年間で5073件
<千葉県では>5600万円、回収不能 6業者は返還確約せず
<岩手でも>いわてNPOセンター不正経理:経緯・再発防止策、県に報告書提出
<和歌山では>県立医大学長選に知事が異論、不正経理関与で
会計検査院って、どんな組織?

東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
名護市長選「間違いなく新たな要因」…国務次官補(読売新聞)
AD