日本弁護士連合会は13日、2月5日投開票の会長選について、ともに東京弁護士会所属で▽多重債務問題への取り組みで知られる宇都宮健児氏(63)▽前日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)=届け出順=の2人の立候補が確定したと発表した。6日に公示し、12日まで立候補を受け付けていた。

 前回選挙まで5回連続で立候補した東京弁護士会所属の高山俊吉氏(69)は、09年10月に懲戒処分を受け、12日付で日弁連に処分取り消しの審査請求も棄却されたため、立候補できなかった。日弁連の規定で、懲戒処分を受けると会長選に3年間立候補できない。【銭場裕司】

【関連ニュース】
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
弁護士:日弁連の戒告処分めぐり不当と提訴 会長選背景に
日弁連:会長選に宇都宮、山本の2氏 投開票2月5日
訃報:堂野達也さん105歳=元日本弁護士連合会会長
日弁連:会長選、2氏が立候補

<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
小沢氏、幹事長続投へ 「戦いに専念」、職務は輿石氏が代行(産経新聞)
皇太子ご夫妻、神戸入り 震災15周年追悼式典(産経新聞)
桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
AD