政府は13日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関して、首相官邸と沖縄県の各自治体との連絡を緊密化するため、内閣官房の分室を同県内に設置する方向で検討に入った。政府高官が明らかにした。
 平野博文官房長官は先の沖縄訪問で、仲井真弘多県知事に、首相官邸と地元自治体との情報連絡を強化する意向を伝えている。同長官は13日午前の記者会見でも「(沖縄の)情報がもっと首相官邸に上がってくる仕組みを考えたい」と述べた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕日米外相会談を評価=鳩山首相
鳩山政権の立場に懸念=沖縄県知事と会談
日米外相会談のポイント
「非常に有意義」=日米外相会談を評価
日米外相会談の要旨

移送トキ、繁殖ケージに放鳥=40年ぶり「里帰り」-石川(時事通信)
日航株がストップ安売り気配=上場廃止、100%減資濃厚で(時事通信)
<共産>参院秋田、佐賀選挙区に新人候補擁立(毎日新聞)
11月機械受注、11.3%減=2カ月連続で縮小(時事通信)
天皇、皇后両陛下 恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
AD