2017/02/18

テーマ:
 
 
 
ここ数日、全く食べなかったぱふぇご飯を用意してみました。
・・が?
ペロペロと舐める程度で食べようとしませんでした。
 
image
これ・・全部食べないとダメですか?
食べないと、母さん・・怒りますか?
 
もう、母さんは怒ったりしないよ‼
食べたくなかったら、残していいよ。
無理に薬を飲ませたりもしないよ。
それで、つくねも母さんも笑っていられるなら・・笑顔でいられるのなら
それが、一番と思うからね。
そのまんまのつくねを受け入れて行くと決めたから。
 
image
 
以前にも書きましたが、経口摂取が出来なくなった90歳近い利用者さんが
主治医から胃ろうの造設をとの話があり、娘さんは「もう、いいです。胃ろうは
お断りします」と伝えた所、その主治医からは
「胃ろうを断るという事は、このまま餓死させると言う事ですよ。そうであれば、病院に
居る必要がないので、直ぐに出て下さい」と。
泣く泣く娘さんは、胃ろうの造設を承諾しました。
餓死・・って、食べたくても食べる物がないって事じゃないかと私は思う。
食べさせる手段があるのに、それを選ばない事が餓死させるって事になるのだろうか・・。
いつも、自分と重ねてしまう・・。
 
image
 
image
左からぽっぷん、おんじ、ミル
おんじが私の元から旅立って、来月でもう4年・・。
おんじも、ぽっぷんもミルもそろそろ、土に返してあげなければいけないね。
ずっと、一緒に傍に置いておきたいとこれまで思って来たけど
区切りとして、やはり・・このままじゃ・・。
これまで、一緒に入れる樹木葬とか見て来たけれど
決心が付かず。
どうしても、離れることが出来ない。
父さんと話し合って、庭に埋葬しようかと考えている。
自宅の庭に埋める事に色々と言う人もいるけれど
この地で一緒に居られるのなら、それが最高の選択じゃないかなと。
その場所には、好きなクリスマスローズを植えて
毎年、綺麗な花を咲かせてやりたい。
 
image
 
 
 
 
 
 
AD