みんなの党の渡辺喜美代表は22日午後、自民党に離党届を提出した舛添要一前厚生労働相らが結成する新党について「平沼赳夫元経済産業相らの新党が第2自民党とすれば、舛添新党は第3自民党だ。自民党の補完勢力の位置付けになるが、結果として民主党が喜ぶ。平沼新党と同じパターンだ」と指摘した。国会内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

岡部まり氏 民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
<サマランチ前会長>商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)
山崎さん搭乗シャトルが帰還態勢に 周回軌道を離脱(産経新聞)
AD