【モーターファン・イラストレーテッド 公式ブログ】

“テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い”
クルマのテクノロジーを美しいイラストと写真で図解する自動車雑誌
「モーターファン・イラストレーテッド」のブログです。
ホームページだけでは載せきれないMFiの充実の内容を紹介していきます。


テーマ:

こんにちは、MZWです。毎日暑いですな。

 

9月5日、日産セレナの試乗会にいってきました。

ご存じ、自動ステアリング制御が導入された

「やっちゃえ、日産」がいちばん進んでいるクルマ。

果たしてProPILOTなるその技術がどうなのか、

好奇心半分猜疑心半分でお邪魔してみました。

 

自動運転。ドライバーがなんの操作を加えなくとも

アクセルと、ブレーキと、ステアリングを

自律的にクルマが制御して走り続けます。

これらはいわゆる手足。路面判断には目が必要で、

それがカメラとセンサの数々です。脳はECUですね。

そしてこれらは、これまでのクルマにも実装済み。

その使い方を「もうあと少し」だけ進めると

ProPILOTとして機能させられるというわけです。

 

 自律的なアクセル=クルーズコントロール

 自律的なブレーキ=ABS/ESC

 自律的なステアリング=EPS

 

閑話休題。試乗拠点が日産の横浜本社でして、

そこから自由に走ってみてくださいと預かります。

もちろんねらうのは高速道路と渋滞(笑)。

いつも血を吐くくらいに苦しめられている3号線上り!

と思ったのですが時間がなさそうで却下……。

ということで首都高大黒PAあたりを目的に

神奈川線、湾岸線、1号羽田線あたりを走ります。

 

最初に運転していたのは編集長スズキ。

ぼくは3列目で運転する様子を眺めています。

「すばらしい!」とか「これはいい!」などと

感動しているのが見て取れます。へえ、そうなのか。

勝手にくるくる回るハンドル。ついに市販車実装。

それには敬意を払いますが……。

 

なんて冷ややかな目で見ているうちに運転交代。

なーにこんなもの……どうせそんな……!?

な、なんですと……!ここここれは!

 

運良く(笑)1号羽田線は混雑渋滞。

その状態でProPILOTを発動させると、

夢のような運転状態が広がっていました……。

 

すみません、正直最初は心底バカにしていました。

こんなもの、という具合に。しかしですね、

コレは本物です。すばらしい装置でした。

 

自動運転=運転する喜びが喪失する、なんて

論調がありますね。全然、まったく違います。

だってACCを常時ONにして走る人、いないですよね。

必要なときにだけ、クルーズコントロールさせますよね。

 

自動運転、自律運転も一緒です。使いたいときに用いる。

その使いたいときが、自分が心底運転に疲れているとき、

自分の運転操作欲求が環境により通らないとき(渋滞とか)、

これらのシステムはたいへんな意義があります。

皆さんもぜひ、体験してみてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、MZWです。毎日暑いですな。

 

8月25日、袖ヶ浦フォレストレースウェイに行きました。

サーキットなんてまったく縁遠いMZWですが、

トヨタの試乗会にお招きいただいたのです。

 

サーキットと言えば猛烈に速いクルマか、

もしくは標識交付していないクルマか。

今回は後者です。プリウスPHV。おお。

福野礼一郎さんとお邪魔してきました。

 

ただ……サーキットというと気が重い。

走行環境があまりに普段とかけ離れていて

インプレッションもへったくれもないのです。

鏡のようにきれいな路面、開ける視界。

対向車も歩行者もなく、どうしても速度は高め。

ゴー&ストップもないし、交差点もない。
時間も限られるなかで、新型車を読み取らないといけません。

 

しかしさすがのトヨタ。特設テントの中には

プリウスPHVの要素技術の数々を部品とともに

展示してくれていました。もちろんご担当者も。

ふたりでずっとここに貼り付きっ放しでお話をうかがい、

新型車の特質をつかむことができました。

 

詳細はぜひ次号の「ニューカー 二番搾り」をご覧ください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、MZWです。毎日暑いですな。

 

120号の連載「博士のエンジン手帖」は

BMWのB47型ディーゼルエンジンです。

ディーゼル大好き畑村博士という印象ですが、

ここ最近は何やら思う所多々のご様子でして、

新しいエンジン搭載車をお持ちしても浮かない。

 

前号のジャガー・インジニウムDのページを

お読みの方もいらっしゃるかと思いますが、

どうにもこうにもブランドを超えて皆どこも

エンジンの仕立て方が同じで仕方ないと。

ということでTHSやSKYACTIVのような

突然変異を強く求めていらっしゃるのが

ここ最近の畑村さんのご意見というわけです。

 

今回のB47はBMWの共通設計シリーズのひとつで、

 

 B:新世代エンジンシリーズ

 4:4気筒。3気筒は3で6気筒は5。

 7:ディーゼル。ガソリンは8。

 

という読み方をするようです。この間ウィーンシンポジウムで

新型12気筒の発表がありましてこれはどうなる!?

なんて期待したら、残念ながらこれは先代N74型の刷新でした。

 

 

さてB47×3シリーズ。博士と世良耕太さんと3人で

毎度の試乗コースで散々走らせてきました。

果たして博士のご感想はいかがでしょうか。

ぜひ次回の「博士のエンジン手帖」にご期待ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、MZWです。毎日暑いですな。

 

今日は記念すべきMFi120号の発売日です。

なんて言うんでしたっけ、今週末からの

秋の大型連休はぜひ120号をご堪能ください。

 

今回の特集はお伝えのとおり「10年1冊」です。

お察しのように十年一日から造語したテーマでして、

10年間の変遷を一丁追ってみるか!という内容です。

 

発案してまず大変なのが何を取り上げるか。

事典みたいなのが作りたいなあと考えると

項目出しに際限がなくなるのです。

執筆者数名でつかみ合いの大げんかを経て、

どうにかまとまったのがこのコンテンツです。

 

次。ページを作ります。いつものMFi特集とは異なり、

すべてのページに同じ印象を与えないといけません。

あの写真はどこだMZW。あの図版ちょうだいMZW。

●●号の○○ページの画像手配してMZW。

うわああこの画像は違うよここじゃないよ!

──なんて怒号と罵声が飛び交う状況が続きます。

 

そして執筆と校正。書いても書いても終わらんと

牧野さんとフランク三浦は悲鳴をあげていました。

そして編集部サイドも。読んでも読んでも終わらんと

みんなで泣きそうになります。たいへんなボリューム。

そこでここ1年ばかりの特集ページ数を勘定すると、

 

 112号:62

 113号:38

 114号:38

 115号:56

 116号:44

 117号:48

 118号:54

 119号:55

 120号:68

 

厳しいわけです。112号も多いですな。なんだっけ。

というわけで読んでも読んでも情報がたくさんの120号、

ぜひ書店でお手に取ったらレジにお持ちください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、MZWです。毎日暑いですな。

 

先週末、120号のすべてのページを校了しました。

数字からもおわかりかと思いますが

120冊目ということで10年を迎えたMFiです。

長かったようで短かったような……という

お定まりの感想でまったく恐縮です。

 

編集長スズキは創刊からのメンバーでして、

ほか、牧野茂雄さん、世良耕太さん、

椎橋俊之さん、デザイナーの直井忠英さんが

毎号欠かさずお世話になってきた方々です。

MZWは16号から。まだまだヒヨッコですな。

 

ということで10年らしい号を作ろうと思いました。

2006年から2016年。その10年間を比較して

自動車技術がどのように変遷してきたのか。

それを自動車用語辞典みたいにして解説しようと

考えた次第です。辞書ではなくて図鑑というか。

もし変わっていないのならそれも含めて「変化なし」と

その旨をきちんと記載すると楽しいだろうと思いました。

 

どうせならドドーンとやっちまおうと欲張りまして、

スズキに「ページが欲しいです」とねだりましたら

スムースにOK。16ページ増の128ページです。

特集は久しぶりの70ページ強というボリューム。

名付けて「10年1冊」です。

 

画像なしの白地というのも初めての表紙。

特色印刷でいつもより多く回しております。

 

じつはクルマの技術を丸ごと一冊やるのは

MFi史上初めての試みでして、こちらも緊張。

始めてみたら……終わる気がしないのです(笑)。

読んでも読んでも、赤字を入れても入れても

次から次へと刷り出される校正紙。果てしない。

赤から青を経て白、そして黒い顔になりすべてを校了したとき、

外でスズメがチュンチュンさえずっていました。

 

というわけで(どういうわけだ)たっぷりの内容、

読み応えバッチリは保証します!

10周年記念号、ぜひお手に取ってご覧ください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。